Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo Messenger 10, YMステータスラインに今自分が聴いている曲を表示する方法

2009.11.14

category : コンピュータ

tags : YM YahooMessenger chat チャット IM FoxyTunes plugin プラグイン HyperIM

comment(0) trackback(0)

Yahoo! Messenger

Image via Wikipedia

 

 

ちょっと前まで正式版はバージョン9だったYahoo Messenger(本家、日本のYahoo!のサーバには接続不可)が、ベータテストを経てようやく正式にバージョン10になった。

 

QS_20091114-090726

 

Yahoo!によると今回のバージョン10では従来バージョンよりビデオカムチャットでの画像がより鮮明になったらしい。(自分はあんまり関係ないが)

 

その他にももちろんこれまであったバグの解消、多言語インタフェースのサポート(米国英語、英国英語、ドイツ語、インドネシア語、各国のスペイン語、イタリア語、フランスとカナダのフランス語、ブラジルのポルトガル語、ハングル、タイ語、ベトナム語、香港と台湾の中国語。日本語サポートはなし)がなされた。

 

さらに今回のバージョン10(9から既にあった?)からは、Yahoo!がサービスしているプロフィールやブログ、マイクロブログ、そしてFlickrなどでの「自分のYahoo! IDで行った」各種更新、YMでの「友達追加」、プロフィールページでの他者からのコメントの有無、更新、またYMでの自分の「ステータス」変更などがYahoo! Profileページ上で他の「友達」と共有できるようになった。

 

QS_20091114-091637

 

もしYMで「彼女」とか奥さんとチャットしている場合、相手のYM上の「友達」リストのあなたのところには、上に挙げたようなあなたの「最近の活動、行動」が表示されるので、「あんた、その女誰よ?」ということになる可能性もある。それが嫌な人、困る人は、上のスクリーンショットのページ、にアクセスして自分のそれを「共有しない」にセットしておくこと。ブラウザでページにアクセス、自分のYahoo! IDとパスワードを入れてログインし設定を行うか、あるいはYahoo Messengerからであれば、”Messenger”メニューから”Manage Updates I Broadcast”を選択するとデフォルトブラウザでそのページにログインした状態でアクセスすることができる。

 

もうひとつの今回のバージョンアップでの目玉。これまでYahoo Messengerで自分のステータスラインに今自分が聴いている音楽を追加表示するためには、Yahoo! Music上で音楽を聴いているか、あるいはWinAmpその他ローカルのPCで音楽を聴いていてそれを表示するにはサードパーティのユーティリティ(例えば有名なこれとか)を使うしか方法がなかったのが、今回Yahoo!がYM用に新たなプラグインを用意、それを利用するとFirefox用プラグインのひとつであるFoxy Tunesを経由し、Foxy Tunesがサポートしている音楽プレーヤーソフトなどを使って聴いている「ローカルPC上の楽曲」をYMの自分のステータスラインに表示できるようになった。

 

QS_20091114-092826

 

相手のYM上ではこんな感じで表示される。ちなみに上ではFirefox用Foxy Tunesをインストールしておいたり、あるいはそのFirefoxを起動していないと使えない印象を与えたかもしれないが、どうもそれは関係ないようで、Yahoo Messenger側にFoxy Tunesプラグインをインストールしてあればこの機能は利用できるようだ。(いいかげんですまそ)

 

QS_20091114-093103

 

お互い音楽好きとかなら、何を今聴いているかが分かるとまたそのことでも話ができたりはずんだりする。(のかも)

 

ちなみに自分がこれを書いている今聴いているのがこれ。

 

QS_20091114-093919

 

懐かしいっす。CSI(ラスベガス)の「主任」が若いころ主演し、CSIとは違って若く突っ走りまくるシークレットサービスの捜査官を演じた(悪役はウィレム・デフォーだった)映画の主題曲である。

 

ともあれ、米国というか本家版Yahoo Messengerをお使いの方、あるいはこれから使ってみようという方は楽しんでください。

 

それと訂正、更新情報。

 

本家版Yahoo Messengerでは比国の大手携帯電話キャリア2社(GlobeとSmart)の携帯電話との間でSMS/textのやりとりができる。が、YMから同一携帯電話番号にSMSを一度送ると、相手からそれに対しての返信が最低一度はないと、2回目以降のSMS送信ができなくなる。

 

だもんで相手にはそれを伝え、YMからの最初のSMSには必ず返信するようにしてもらうこと。でないと送りっ放し、かつ一度しかYMから(その番号、相手には)SMSができなくなる。

スポンサーサイト

しこしこ、もんもん

2009.11.10

category : 日記

tags : Linux フィリピン人 フィリピン チャット amarok openoffice.org meadow emacs

comment(0) trackback(0)

しこしこといっても下半身をいじっているわけではない。(爆)

もんもんといっても下半身方面のことで悶えているわけでもない。

 

しこしこというはしこしこ仕事してるなあオレ珍しく、ということである。そしてもんもんというのは、「ああまた渡比したいなあ」と思っているということであーる。

 

在マカティ某社にもぐりこもうとしている、というのもまだ続いているし(そう、まだ結論は出ていない)、仕事依頼もけっこう順調に入ってきている。まだ収入化はできてないが。(苦笑) 収入化ができたとしても、そのときはきっと渡比する暇や時間がない、たぶん。貧乏暇なしアゲイン、だ。

 

そして今日も今日とてMeadowでお仕事。自分がWindowsでMeadowを使うのは、別にEmacsenとかEmacsマニアだからではなく。マウスに手を伸ばすことなく、つまりキーですべての操作ができるのが気に入っているし、それに長いこと慣れてきたからであって、いまさらカーソルを左右上下に動かすのにマウスなんか使ってられない、というだけだったりする。MS WordやExcelのドキュメントをこちらに渡してくるような不埒な(でもないか)連中には、こっちはOpenOffice.orgで対抗ぢゃ。え、Excelのマクロが完全に互換ではない? 知るかそんなこと。(笑)

 

最近メインで使っている「母艦」と自分が呼ぶラップトップのサウンド関係もようやく安定してきて、仕事している間好きな音楽をようやく聴きながらできるようになった。うんうん、よしよし。しかしiTunesださいよねえ。好きになれんわ、これ。早よメイン環境をLinux + KDEに戻してAmarokを使いたい。

 

そんなしこしこもんもんな毎日を送りながら、やっぱりチャットはしているわけで。加えて復帰したいつくかのSNSでの、えーなんだ、なんていうか女子たちとのお話。(笑)

 

しかし最近どーもアタリが悪い。アタリが悪いといっても別に付き合う女や女房候補を探しているわけではないのだけれども、やっぱりいい女かつ話していて楽しい相手のほうがいいじゃないですかあ。男だしね。

 

各種SNSでそのサイトにいる理由として、「友達探し」その他いろいろあって、そうした理由や目的を自身のプロフィールページに書いておくことができるところが多いが、「真剣なお付き合い希望」としている女性、ま、ほとんど比人しか知らんけど(笑)も、な場合、自分の経験ではその多くはシングルマザーである。

 

別にシングルマザーだろうとなんだろうといいんだけれども、話してみると直接言ってはこないにしても、とにかく今すぐにでも面倒みてくれる誰かいい男性が必要なんですー、と言いたげなのがモロ伝わってくる女子が多くてそれはやっぱり辟易してしまうし、その手の人たちは話しても面白いことはほとんどない。(自分には)

 

メールやサイト内のメッセージ交換、あるいはYMその他のチャットででも、いきなりこちらへの身上調査から始まり、自分で聞いてきたくせにいまだに独身だと言おうものなら、「なんで、どーして、bakit naman」と来る。そんな歳まで独身なのか何か欠点があるか(爆)、女は好きでも結婚は嫌、なのか(笑)、はたまた独身てのは嘘で実際は女房子供がいるのか、どれかでしょう。あるいはいい相手にめぐり合うチャンスがなかった、運がなかった、とか。

 

しまいにゃ、「ここ比国は(生活してゆく、生きてゆくのは)大変だ」とか、「子供の学校にお金が掛かって」だの、中には「明日赤ん坊に飲ませるミルクが(ない)」とか言うあんたたち、自分自身のことについての詳細は言わなかったり隠したり嘘つくのにこちらへは身上調査(笑)、へてから「助けてくれません?」って......

 

中には、「仕事ない、見つからない。どうする私」 どうする私って言われてもねえ。「死んだほうがいいかな、と毎日考える」って、そう言われてオレにどーしろと???

 

あなたの「フレンドリスト」にはけっこうな数のニホンジン男性たち(ふはははは)がいるじゃあーりませんか。知ってますよ、そのことアコ。(笑) その中の誰かでも全員にでも、助けてでも彼女にしてでも結婚してくださいでも頼んでみれ、ほれほれ。(笑)

 

え、嫌だって? 恥ずかしい? ほー。オレには恥ずかしくないってわけか...なんでやねん! てか、嘘だべ? 今までも他のニホンジンその他に頼んでみたことあるんでしょ? ないダウ。あーさよか。

 

ちなみに。特に比人たちだけというところではないけれども、カムチャット専門のサイトで、CamFrogというところがある。専門ではないけれども比人多数、らしい。かつ知り合いのピノイいわく、「エロい子がけっこういます、はは」とか。そちら方面ご希望の諸兄はお試しになるよろし。(笑) もちろんまじめにチャット相手を探す、チャットを楽しむでもよし。

 

さて、オレは「しこしこ」に戻りますか......

今日のチャット(ほんとはもう昨日)

2009.11.02

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人 YM Yahoo チャット

comment(0) trackback(0)

ym

そう、もう昨夜なんだな。最近また戻りだした各種SNSサイト。どこでもほとんどコンタクトやらフレンドリストにいるのは比人な自分であるのは以前と変わらない。(爆)

土曜の夜は一睡もしていなくて、日曜の午後3時ぐらいからこりゃ少しは寝なきゃと思ってベッドで横になったが、1時間で目が覚めてしまった。

しょーがないのでそのままずっと起きてて仕事したりネットをいつものようにウロウロ。(どっちのほうが時間が長いかは言わない 笑)

そして昨夜はその中のひとつ某サイトでアドした一人が、こちらがオンラインであることを知ってYMで話したというので、これから夕食なんで悪いけどちょっとアウェイになるごめん、戻ったときいたら話そうといってほんとに飯を食った。

PCに戻るとまだその女はオンラインだったので話してみた。

20うん才、カロオカン在住、あんどカロオカン市内で小さいが複数のパソコンショップ兼ネットカフェを経営。ほう。チャットもその自分の店からだとかで、カムを動かして店内を見せてくれた。すごいねえ、若いのに。儲けてるねえ、ビジネスウーマンじゃん、なんて。なんでもカロオカン市ではもっとも若くしてビジネスライセンスを取得した一人なんだとか。(よくわからん)

なんでも以前日本に農作業の出稼ぎに来たことがあるとか(研修生というアレだろう、たぶん)で、そのときとかのお金を貯めておいて始めた商売なんだそうだ。

ほうほう、んじゃ日本にいる間に日本人の彼氏いたんじゃないの?がははは。

「日本人男性は誰も私のことを好きじゃないよ」

あらま、そうですか。うーん、なんていったらいいか。(苦笑)

でも、あなたのリストには日本人男性けっこういるよね、日本人が好きなの?(笑) それともその中の誰かが今の彼氏だったりして?

「みんなただこのサイトでアドしてるだけ。誰とも会ったことない。誰も(フィリピンまで)会いに来たことはない」

あー、そうですか......

「私は一生独身でいる覚悟はできてる。家族のために頑張るし、家族がいればそれでいい」

うーむ、そういわれてなんと返したらいいのか。(苦笑)

「あなたのリストはみんなフィリピーナね」

え、う、うん、まあそうかな。はははははははははははは。

「誰がラッキーな女なの?」

ラッキーって。誰もいないって。誰とも実際に会ったことないし(このサイトの連中では 笑)

「ほんと? それでも誰かがラッキーな一人にいずれはなるのよね」

って、なんだよそれ。オレと会ったらラッキーなんてことないし。(爆)

てか、今回はオレの顔がばればれなんだな、この女には。しまった、YMのアバター写真変えておくんだった。(笑) (てか、常に5つのIDで同時にYMにログインしてオンラインな自分)

「奥さんは今どこ? フィリピン人?」

え、いやいや、独身ですから。フィリピン人もなにも。(爆)

「ふーん。一応信じるけど」

(そろそろチャットを終了したい気分 笑)

「先月マニラにいたって言ってたけど、次はいつくるの?」

いやあ、それがさっぱりわかりましぇん。次がいつになるのかは。^^;

「今度来たら会いたいです」

え、そーですか。困ったな。(笑) そうね、チャンスがあればね。

「私まだ男に人と付き合ったことないよ。こわい」

はあ...


次はモロッコの若い男子。日本文化に興味があるそうで、武道と日本語を勉強中。ふむ、パレスチナ支持派は当たり前か。いやオレもそうっすよ。うーむ、礼儀正しいやつ。日本の武道を習ってるからだろうか。チャット内容は省略。(笑)

バギオの昔からの知り合いともチャット。彼はまだ30ちょっと過ぎだが、まだそんなに若いのにHIVだという。は? HIV?と聞くと、Hair Is Vanishing、禿げかかってきた、ということ。(笑) だもんで今は頭はスキンヘッドにしてるんだとか。スキンまではいかないけどオレとおんなじようなもんだな。(苦笑) でもまだ若いのにねえ。

彼もそうだし自分が知る、付き合いがあるピノイの多くはIT関連の仕事をしている奴らが多く、ストレスからなのかみんなでないにしてもまだ若いのに髪が薄くなってきているやつが少なくない。彼とはいつものようにビジネスアイディアの話から始まって下ネタ話で締めた。(笑)

彼いわく、比国でも「接待」はもちろんあり、食事や酒はもちろん、「女」を顧客社の人間にあてがう、なんてこともあるんだそうだ。どこでも同じなんだねえ、そういうのは。って、お前会社員時代経験したんだな?(笑)と聞くと、「うん、PLDTの仕事してたころ、こっちが本当だったら接待する立場なんだけど連中とセブ行ったときにごちそうになりました、食事も酒もなんもかも、だははは」 奥さんに言うぞお前......(笑)

彼またいわく、「ピナイが怒ったらとにかく謝る、下手な言い訳は一切しない。それがベスト」なんだそうだ。そーですか、ふーん。(笑)

さらには、「別れ話が出たとしても、それを切り出したのが女(ピナイ)側だったらそれは終わりじゃない、99%。とにかくしばらく言いたいことを言わせておくなり無視させるなりしておく。男側は口ごたえもしない、とにかく黙る。と、女のほうが何もなかったかのように普通に戻る。だいたいこうだよ、ピナイは」 はー、さよか。いやいや、その分野で君に異論を唱えるなんてことはわたしゃできませんて。(笑)

と、ここまで書いたところでYMで別な一人から声がかかった。

この彼女、写真を掲載できないのがとーーーーっても残念というぐらい美人、しかも才女なんだが、もちろん彼女のプライバシーもあるのでやっぱり写真はなし。

28歳になったばかりのシングルマザーの彼女の娘がかなりの高熱を出しているんだそうだ。だからといって書いたような連中と違って金を送ってほしいだとか助けてとかいう女じゃないので、余計自分は気に入っている。(あっちはチャット相手としてしかこっちには興味はない。残念 笑)

自分にはそうした安易なヘルプを請てくることはしない彼女も、やっぱり苦しい生活から抜け出したい、自分をそこから引っ張り上げてくれるちょっぴりお金持ち(比国の基準や平均からして、という意味だが)の外国人男性がプリンスのように自分の目の前にいつか現れることを期待している。まあ、そういう点ではもちろん彼女も女というか女の子というか。

ちなみに比国の某地方在住の彼女、日本人にはリアルライフでまだ一度も会ったことがない、見たこともないそうだ。

一人目になっていいっすか、じゃオレ。(笑) 住所さえもらえればオレ一人でどこでも行くし。(笑)

娘さん、お大事にね。

カムバックしようかしまいか

2009.07.10

category : 日記

tags : チャット IRC 反日外国人 洗脳 歴史認識

comment(0) trackback(0)

その子とjabber(あちらはGoogle Talk、こちらはEmacsのjabber.el)でチャットできた。奨学金での留学の話をよく聞いたら、どうやら日本の文部科学省の奨学金らしい。彼女の国からは二人が日本の大学の修士課程に、もう二人が博士過程に留学できるらしい。

他の話でも盛り上がったが、以前自分が常駐していて彼女も今でも毎日顔を出しているIRCの某チャンネルが別なIRCネットワークに引越し、それを期に自分はそこから離れていたのだけれど、戻ってきてよ、と。離れた理由は単純、気にくわない連中がいたからなので、まだそいつらがいるのか聞いてみるとまだいるらしい。くそう。(爆)

もちろんIRCではignoreコマンドもあるわけで、特定の相手が言うことを一切無視したりはできるのだけれど、その特定、具体的にいうと二人が言うことはいちいちむかつくのでおもしろくないのだった。第一こいつらの相手で他の連中とのたわいもないが楽しいチャットができん。(怒) まあ、興奮し後に引かない自分も悪いのはわかってるが。

二人共欧米人男性(って、そこのチャットの常駐メンバーは自分以外全員欧米人なんだが)。一人は妻が日本人。よくあるパターンだがその男が日本に英語教師として来日していた当時に知り合ったのが今の奥さん。結婚後しばらくは某県のその奥さんの実家近辺に住んでいたが、今は夫婦と子供で自国で生活。また日本で住みたいとか言っているそいつなのだが、東京の住民になんかなったことないくせに「石原都知事は最低だ」と言う。お前に言われたくないわ、なのである。以前の「赤い都知事」たちがどれだけ東京都の赤字を拡大させたか分かってて言ってんのか。分かって言ってたにしたってお前が言ってるのはお前んとこの州知事とかをオレが「ありゃだめだ」って言ってんのと同じだぞ?

こいつは何年日本で英語教師していたか、結婚後何年日本に住んでいたか知らないけれども、日本という国、我々の日本の文化と習慣についてわかりきったようなことを常に言う。ちなみにこいつの年齢は30代半ばで、ぢぢいのオレから言わせればガキもいいとこであって、そのガキでしかも日本人でもなく、さらには偉そうに言ってることが実際自分で理解できたり正しいことを知るはずもないぐらいの在留経験しかないくせに、といらつく。しかし偉そうなことを言うわりに日本語はさっぱり(笑)で、日本語についてはさすがに偉そうなことは言わない。こいつは。

で、その子に、オレはあいつ好かんのだよ、いらいらすんだよいつもえらそうに分かったふーな口ききやがってと。すると、「みんな誰も相手してないよ、彼。いまでも偉そうなこと言ってるから」(爆笑) そーかそーか。まあ、そいつと同じことを日本人カミさんが言うならまだいい。んが、お前には言われたくないわ!的なことがあまりに多すぎ、こいつ。(爆)

もうひとりは北欧の某国の大学生。こいつも専攻は違うが日本関係のことに興味関心が以前からあって、日本語自体は(といってもチャットはローマ字でだが)上の男よりはるかにできる。はるかにできるといってもデーブ・スペクターやボビー・オロゴンなんかの足元にも及ばない。そんなレベル。ま、うまいけどやっぱりまだまだ。

こいつのほうの何がいらつくって、日本関係に興味関心があって勉強したり本を読んだりしてるのはまああれなんだが、同時東洋全体、特に中国へも同じ情熱を持っているらしい。それは別にいいんだけれど、こと歴史的な話になるとまるでこいつは中国人。あるいは中国共産党に洗脳されたかのように中国人、いや中国共産党目線での歴史観をこちらの前で延々披露する。披露するってか、まーこちらが日本人と知った上で日本、日本人批判が始まるわけだ。やっぱり共産党員化しているわけね。

自分はこんな性分なので、いちいちそいつのそれが始まる度に、待てこら、待てってんだよ、あのなあ……となってしまう。

この偉そうなことを言う坊やは実は一度も日本に来たことさえない。中国には行ったことがあるって言ってたかな? まー、どーでもいいが、とにかく中共万歳、日本は歴史認識を改め謝罪と反省をしろ、な北欧人。ところが反日中国人と同じく、彼も日本製品や日本のポップ、アニメやマンガが大好物、ときた。お前らなあ……

ぢぢい、ロートル(って言葉がもう若い世代には理解不能? 爆)だと思って舐めていやがると…… 今にみてろよお。(笑) 後先考えずにご乱行に及ぶのは若い連中だけじゃないぞ!とか言ったりして。人生おい先短い老人だったら冷静に「もう(自分の)この先はいいか」と達観して暴れるかもしれんぞ。うひひ。(笑)

Japan (and I) Welcome you! Yokoso! JAPAN

2009.07.10

category : 日記

tags : 東欧 留学生 チャット チャット仲間

comment(0) trackback(0)

ちょっと前からチャットで知り合って仲がいい某東欧の女子大生からメール。(彼女の国の)政府の国外留学奨学金にチャンレンジ中で、試験に受かれば来年にも日本に留学に来るとのこと。チャット仲間の海外の野郎どもで留学や仕事で来日しているのは数人いるが、女の子は数が少ない。この子は以前から日本や日本文化に興味がある子だったので、片言の日本語は少々分かるが留学のためとなるとまだ全然足りたいだろう。本人もそのことは分かっていて今猛勉強中だというが。

日本に留学にといったって日本もそう狭くはないし、日本のどこに留学に来れるかもまだ分からない。というか、その奨学金試験に受かるのがまず最初の難関だあ。同じ国の若い男とも自分はチャット仲間なのだけれど、彼が彼女にモーションをかけても彼女は相手にしなかった。どうも男より今はおもしろいことがあって、男なんて面倒くさいというタイプらしい。実はこの子、容姿からしてまさにそういうタイプで、チョー美人なわけではないけれど身長なんざゆうに180cmは越えてるし、じゃあデブかというとそうでもなく、おまけに美術とファッションを大学で専攻しているのでいわば「かっこいいねーちゃん」系。

失礼ながら東欧でも小国のひとつである彼女らの国でも日本文化ブームはしばらく前から始まっているらしいのだが、日本研究や日本語学習の教材となるような書籍類にはまだ乏しいらしい。

ということで、今度チャンスがあるときに日本語学習の助けとなるような書籍、辞書などを探してみることにする。良さそうなものが見つかれば送ってあげよう。

個人的にはもうちょっと背が低くて(といっても170以上らしいが)肉感的な彼女のお姉さん(写真を見せてもらった)を紹介してほしいところだが、妹のその子によればお姉さんはアジア人の男には興味はないらしい。(笑)

ともあれ、できれば関東圏の大学に来てくれればなあと(勝手に)思う。

働いていることを自慢されても...

2007.11.13

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン人 チャット

comment(4) trackback(0)

現実逃避なアノ子とは今でもたまにチャットで話しており、最近はメールのやりとりもしている。

結局彼女は某サポセンでの面接をパスし、今は研修の毎日だそうだ。まだ実際の仕事はさせてもらえないらしく、日本にもあって最近アヤしくなってきた某駅前留学などとは違ってカリキュラムには定評もあり、企業の社員英語研修などにも利用されている某外資系英語学校にも行かされているとのこと。そのわりに彼女の英語の変さは以前と同じようだが...

彼女と出会い今でも話すチャットルームでは、日本語を学習したい覚えたいという連中(当然非日本人)たちがいつもたくさんいるわけだが、共通して話す相手の一人について「日本人の彼女がいるんだってよ。だから日本語勉強したいんじゃん、彼」という言い草の彼女に意見したくてたまらなくなった。黙っていられないのがいつのもことだが悪いクセなのだ。

自分の考えでは、何が理由/目的で日本語学習しようといいじゃないかと思うわけで。日本人女をコマそうと思ってそのために日本語を覚えようとしているにしても、日本人男と結婚したいあるいは彼氏が欲しいからという理由であっても、日本の漫画やアニメをもっと理解したいからという目的であるにしても、どの理由や目的が上でどれで下かなんてことは誰も言えないじゃないか、と。

では「女が理由」らしいその彼(その日本人彼女とは結婚する予定だということを自分は知っているのだが)を卑下するような言い草をするその彼女(ビサヤ出身25歳シングルマザー)には、キミはいったいどんな理由で日本語を覚えようとしてるんだい?と問うてみたいわけです。そしてキミのその理由か目的は他の連中のものより崇高だとでも思っているんですか、と。

そして、そのチャットルームに集まる連中が日本人男女を目当てにしているにしたとしても、それだってマナーを持ってチャットするなら他人がどうこう言えることではないだろうと。


と、メールでこう書いたはずなのだが、その自分のメールへの返信では「フィリピーナがみんな日本人男性と結婚したいと思ってると思うなら間違いだ」と来た。そんなこと誰がいつ書いたのよ。(苦笑) そして彼女は続けて、「ラクしていい生活をしたいと思っているそういう女たちには反吐が出る。私は働いている」と偉そうなことを言う。自分の英語がそこまで誤解させるほど文章が間違っているのかと一瞬でも思わせられるとアセるじゃないか。(爆)

いい生活を望んでリッチな相手をも結婚相手に望むのは別に不思議でもなんでもなく、逆に言えば世界中でそんなの普通にあることでそれだって誰もいけないとかだめだとか言えんでしょうに。

しかも生まれて初めて就職し、今はまだ実際の仕事なんてしてもいない彼女が「私は働いている」とか威張る。なんだ、こりゃ。(爆)


以前この娘とは捕鯨と鯨肉を食することについての話をしたこともあって、その時周り(同じチャットルーム)にはヨーロッパの連中だけでアメリカ人はいなかったのだが、捕鯨と鯨肉食は文化であって、日本その他そうした文化を元々持っていた国の何倍もオイルを採るためだけに捕鯨していたアメリカなどが偉そうな理由をつけて批判を繰り返すのはおかしいし、米国が捕鯨について日本を批判する本当の理由と目的は別にあると自分や欧州人が言うと、彼女はやはりフィリピン人、アメリカに洗脳されているかのように米国側とまったく同じ主張しかしない。

では、これはどうだ。世界ではフィリピン人は「犬食い」としても知られているわけだが、それに英国の動物愛護団体が批判しようが何しようが、それはフィリピン人の食文化の一面であって、他国からわけわからん屁理屈で言われたくもないことだろ?と。

すると彼女は「私は犬なんて食べない。食べたこともない。フィリピン人みんなが食べるわけじゃない」と言う。いやいや、キミが食べなくても「フィリピン人は犬を食う」と言われ思われていることは事実なんだよ、と。「私は食べない」とかいう言い訳をここでしても話にならないでしょう?みたいな。


後日、その「女が理由で日本語学習」と彼女に思われている北欧の男とメールでやりとりしている中で、今度はIMででもチャットしようかという話になったのだが、「Yahoo Messengerはフィリピン人だらけなんでもう使うの止めようかと思ってる」と。(笑)

まったく別なメキシコの大学生君は、「チャットにはフィリピン人多すぎ。くだらないことしか話さないし相手してらんない」とか。


実際、多くのチャットでフィリピン人は疎まれていたりして、それを理解あるいは認知していないヤツが多いというのもこれまたイタい。(爆) 疎まれるその理由は会話・チャット内容に実がない、マナーが悪い、英語が通じないなどなどなのだけれども、30前のフィリピン人の場合男も女も事実この傾向は高い。生意気なことを言う割りには「井の中の蛙」であったりして、フィリピンの常識が決して世界の常識なんかじゃないんだということが判っていない。自分に言わせれば、「アメリカの常識」だって世界の常識とはかけ離れていることも多いのに、それをまた「アメリカは常に正しい」式に思っている連中がまあ多いこと多いこと。


最近今まで話したことがないフィリピン人と話すことが減ってきているのは、こうしたことからなのである。自分の場合。

現実逃避なアノ子

2007.09.29

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン人 チャット

comment(0) trackback(0)

チャットで知り合ったビサヤ地方のある町に住む子。彼女は本人申告によれば現在25歳。彼の国では珍しくもないシングル・マザーで、どんな理由でそうしているのか聞いたことはないがまだ幼い子供と一緒に祖父母の家で暮らしている。

彼女は以前からその祖父母宅にやはり住む叔母だかを嫌っていて、祖父母の家を出て子供と二人だけで生活、自活したいんだと常々言っていた。なんでもネチネチと嫌味を毎日言われるらしい。こういうのは性格もあるし、加えて彼女の場合両親ではなく祖父母の家、さらには無職ということで、嫌味を言われる理由はどうもたくさんあるらしい。

フィリピン人には珍しく、フィリピン人だけが集まっているチャットルームには参加せず、世界各国から人間が集まってきて話しているチャットルームにばかりいる彼女だが、当然そうしたところでは共通語となる英語はあまり得意ではない。大したことない私から見てもそうだし、彼女本人もそれは自覚しているんだという。

友人の中には米国その他に出稼ぎや移住した者も少なくないとかで、連中からも英語はもっと勉強したほうがいいと言われてるの、と私に言う彼女、「コンピュータについてももっと勉強したい」とも以前言っていた。確か彼女はコンピュータ専門学校(今はカレッジらしい)であるAMAを卒業しているということをプロフィールに書いていたなあと覚えていたので、卒業してもまだその分野の勉強をしたいとは偉い子じゃんか、と思ったのだった。

その後自分はしばらくそのチャットルームから離れていたが、彼女とはメールのやりとりが続いた。やりとりといってもほとんど彼女が毎回同じ愚痴を書き、それに対して私がまあまあと返事を書くパターンだった。住む家でのことというのは毎日のことなんだろうし、その捌け口としてチャットというのもまあ分かる。ただ、収入もなく家に生活費も当然入れていないであろう彼女が、いくら安いといってもネット接続料金その他毎月平然と使って(彼女によればその家でPCやネットを使うのは彼女だけである)いたのでは、嫌味を言われてもしょうがないところもあるだろうに、とは思ってしまう。


そうしたメールのやりとりを続けてしばらくした数週間前のこと、彼女はとうとう動いた。子供の将来のために今私がやらないでどうする!と一念発起した彼女は、就職を決意した。地元ではいい求人がないとのことで、より大きな市までこれまた祖父母だかに交通費と宿泊費などの金を出してもらい出発。おお、がんばれよと返事をしたすぐあと、今某市に来ていると早速現地のネットカフェからメールを寄こしてきた。

明日もインタビュウがあるの、となんだか楽しそうな彼女。既にいくつか面接を受け終わったらしいのだが、どんな仕事、会社の面接を受けたの?と聞くと、なんとすべてコールセンターだという。え、それはちょっとキミには無理なんじゃないかあ?と正直思ったが、もちろんそうは本人には言えなかった。しかし彼女本人は、「ほとんどの面接は5分も掛からないですぐ終わったから、たぶん大丈夫」などとのんきなことを言っている。面接官が早々に終了させてしまう求職者の場合、そこに就職できる可能性は低いんだということなど知らないらしい。自分に問題がない、あるいは適性があると面接官が判断したからこそ早く終わったと思っているようだ。まあ、今まで一度も就職したことがないらしい彼女ではそう誤解してもしょうがないのかもしれない。


次に彼女から来たメールは実家というか祖父母の家に戻ってからだった。愚痴はまだ出るものの、10社近く受けた面接のうちいくつかは本人としては感触が良かったらしく、今度は面接のために数日離れていた子供がぐずっていて、やはりこの子を置いては行けない気もする、などと言っている。どっちを取るかでしょう、子供の将来のために自活できるよう、そして嫌味を聞かないですむ生活がしたいのなら、と話したが、どうも面接のいくつかには合格して、就職できることは間違いないと思って余裕が出てきて別な余計な心配をしているらしい。

そして彼女は、「そうだね。そして就職したら今までのようにチャットとかネットでの友達づきあいとかしてる場合じゃなくなるんだね。もっと現実をみないといけないんだね」とか言うので、おお、分かってきたじゃないの、そもそも一度会えば友達、三度会えば親友とかすぐいうフィリピン人、しかもネットでの付き合いなんてほとんど友人の意味はないぞ、と言おうとも思ったがやめ(笑)、そだね、とだけ言っておいた。


で、ここから2週間ほどがまた経過、自分も久しぶりに彼女と会ったチャットルームに行ってみると、あれまあ、なんと彼女がいつものようにいるじゃないの。てか、あんたナニしてんの、またこんなところで?

どうもやはり面接はすべて失敗したらしい。そして結局彼女のそうした「事情」を知らない連中とバカ話に花を咲かせて現実逃避中のようだった。彼女がチャットしているいつもの相手たちは欧米の連中で、ガキでもなく阿呆は少ないのだが、連中はともかく彼女はそうしてまた現実逃避に要らん金を使って何してんのよ、である。


2,3日前、そこのチャットルームで北欧のヤツ(プログラマー)と彼女、私の三人で話していたとき、なにかのきっかけでコンピュータ関係の話になった。それはWindowsでもApple Macの話でもなかったのだが、AMAを出ているなら当然知っているだろうコンピュータ用語について彼女が「え、それなに?」と聞いた。北欧男がナニナニのことだよと説明してもそれも理解できないというか知らないらしい。白けた空気がチャットルームに一瞬充満した。ちなみにプログラマーとの会話なのでプログラミング技法とか言語とかについての用語で、その言語などを知らない人は知らなくて当然、というものではない。

AMAのカリキュラムについては自分は何も知らないが、彼女自身が言うAMA卒業というのはウソなんじゃないかと思い始めてしまった。


ネット、特にチャットやブログではウソで固めた自慢をする者がいるのは世界共通なんだろうが、個人的にはフィリピン人にはまたそれが特に多いと感じられる。別にいいじゃないかと言う人もいるだろう。うん、いいかもしれない。しかしナニが楽しいんだろか、そんなウソで自慢して。

Friendsterをはじめとする各種SNSで「友人」の多さを自慢するフィリピン人も多いけれども、そうした「友人」やらYahoo Messengerのコンタクトリストには数百人いるのよ、みたいな自慢をされても、あんた、それ全員ほんとに友達なのかい、と笑ってしまう。


彼女は自分にとっては特別な相手でもなんでもないし、これ以上何かを言うのも余計なお世話というものだろう。今のように現実逃避を続けたいのならそうすればいい。自分には話を聞いてやったりする以上のことは何もできないしするつもりもない。願わくば今まで数え切れないほどいた連中のように、金銭的な援助や何かを日本で買って送ってほしいなどと言い出さないことをただ祈る。それがなければチャット相手としては彼女とは付き合っていけるから。

久しぶりのチャット

2007.09.25

category : 日記

tags : チャット

comment(0) trackback(0)

IRC.png


てことで、久しぶりに古巣のチャットに顔を出してみた。テキストチャットはつまらないという人もいるかもしれないが、キーボードの打鍵が遅くない人ならこちらのほうが楽しいと昔から思っている。なぜなら打ちながらでも考えをまとめることができるからで、声で喋っていたのではそれより頭の回転を早くしなければいけなく、自分にはそれは難しい。もちろんそんなことは一切考えず、思ったことをそのままクチにして他人を逆撫でするようなことを言ったり、そんなこと言っていることさえ気づかない人もいるにはいるが。(笑)

ここのチャットでは各国の人間が集まってくるので、同国人ばかりが集まるチャットルーム以外ではやはり英語が標準言語である。だから日本人ユーザは極端に少なく、たまにいても帰国子女やら海外在住の日本人だったりする。

こんな状況なので、オレは日本人だと言っても信用されないことも多々あり、しまいにゃ日本語のことで「それは間違いだ」などと外国人に指摘されたりすることあり、ぶん殴ってやろうかこの野郎と思うこともあるので、本来このチャットではhostmaskは隠すことができるようになっているのに意図的に*.jpという自分のhostmaskを見れるようにしている。

ところがIPアドレスなどで日本からだということがはっきりしても、それが日本人であるということはまた別なわけで、まだ疑ってくる連中もいたりしていらいらする。同じ日本人同士だと、相手の日本語で100%ああ、こいつも日本人だなとやはり分かるのだけれども、相手が日本語が多少できたとしてもやはり我々とは違うわけで、いくら言っても「日本人じゃないだろ?」とかいうアホもいて疲れる。

実はこのチャットにはフィリピン人も多い。だがはっきり言ってフィリピン人チャッターたちが他の連中に好かれているかというとそうではない。なぜなら、これはもちろんフィリピン人だけに限ったことではないのだけれど、子供じみたマネをしたりマナーを守らない連中がフィリピン人たちに多いからだ。

ほぼフィリピン人たちだけが集まっているチャットルームもここには数十あり、そこでフィリピン人同士では当たり前のことであっても、他国の人間からしたら「なんだよそれ、失礼じゃんか」ということが理解できないのが多いのだ。

実は以前このチャットでは同じ理由でマレーシアからのアクセスがbanされ、現在は半解除にはなっているものの結局マレーシア人たちはこのチャットからは駆逐されてしまった。こう書くと人種偏見だなんだと騒ぐ(事実、当時マレーシアでは新聞ネタにもなった)人もいるだろうが、そうではない。あまりにマレーシア人チャッターたちが他のチャットをしている連中に迷惑をかけ続け、度重なる警告にも態度を変えなかったために、運営者たちは仕方なく彼らのアクセスを禁止したのだった。


さて、フィリピン人たちのチャットルーム。彼らが集まるチャットルームは出身地などや趣味興味などで分かれており、特に出身地別チャットルームでは揉め事も多い。例えばイロカーノが集まるチャットルームでヒリガイノンでチャットしているのがいたとする。すると性格が悪いのが必ずいて、「ここはイロカーノの部屋だ。そんなわけわからん言葉話すんじゃねー」となったりする。(笑)

同じフィリピン人同士でさえこれなわけで、外国人がフィリピン人のチャットルームに入ってくる場合多くは男でフィリピーナを探してやってくるのがほとんどであり、やはり良くは思われない。10数年このチャットにいて見ている限りでは、この手にはシンガポール、パキスタン、その他中東の連中が多い。

中にはからかうのを面白がって相手するフィリピーナもいたりして、この手の女たちはアメリカ人たちが集まるところにわざと入り、フィリピン人を見下して性奴隷ぐらいにしか思っていないやつらをせせら笑うことを楽しんだりしている。ま、あまり精神的に健康とはいえないが。(笑)


自分のような日本人がフィリピン人ばかりのそうしたチャットルームに入るとどういうことが起きるか。最近の若い連中は日本文化に興味津々なのも多いため、話しかけてくるやつも少なくない。が、

 「なんで日本人はフィリピン人女性をabuseするんだ」

 「戦争のときたくさんの罪もない人間をこの国で殺した日本人がここになんのようだ」

なんて言われることもある。また、

 「日本に行きたい。助けて」

 「日本人男性と結婚したい。誰か紹介して」

 「日本人の彼女がほしい。紹介してくれ」

 「困っている。話きいて。そして助けて」

などももちろん多く、当然これらには辟易しているので当該相手からのメッセージを一切無視できるようignore listに入れてしまう。相手してられませんて、いやほんとに。



中にはちゃんとチャットを楽しめる相手となるフィリピン人ももちろんいるわけで、数は多くはないけれど中には大人のフィリピン人チャッターもいる。ま、大人だからといってその人間性が保証されるわけではないけれども(爆)、少なくともチャット上では相手するに値する連中もいる、ということ。


実際今回の収穫は、セブに住む自分と同年代のピノイ、そしてやはり同年代でネグロスからだというピノイと話せたことだった。特に後者は趣味も合うことも分かって、メールアドレスやYahoo MessengerのIDも交換した。

え、女? 若い女との話はぜんぜん面白くないのだよ。そうした若い女を吊り上げる目的で来てるならそれでもいいのかもしれないし、実際このチャットにもそれくさい日本からの日本人ユーザがいることは知っている(自分は一度も話したことはないけど)が、勝手にやってくれ、という感じ。話合いそうにないからね。(笑)

ということで、自分は今晩も出没する予定。
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
privoxy(#1)SQlite(#1)不正(#1)ピアノ(#1)hdd(#1)ケソン(#1)Palawan(#1)墜落(#1)Googleリーダー(#1)Calderon(#4)キーボード(#2)KNOPPIX(#1)反日外国人(#1)iTunes(#1)覚書(#1)マイケル・ジャクソン(#1)ハイジャック(#1)virus(#2)地下河川(#1)add-on(#1)ambrosia(#1)革命(#1)同期(#1)マカティ(#1)TwittyTunes(#1)Jazz(#1)GUBA(#1)日本語入力(#1)日教組(#1)VirtualBox(#2)diigo(#2)imap(#2)EMS(#2)Vista(#7)検索(#2)laing(#1)硫黄島(#3)成田(#1)被差別意識(#1)チェンバース(#1)ssh(#1)日本軍(#1)wikipilipinas(#1)経済危機(#1)モーテル(#1)お悩み相談(#1)バックアップ(#3)DivX(#2)水着(#1)7-zip(#1)おかま(#1)Pilipinas(#1)VIVA(#1)SMART(#1)DivXPro(#1)売春防止法(#1)誕生日(#1)マニラ(#4)クリント・イーストウッド(#1)gmx(#1)stardock(#1)ブックマーク(#1)Dailymoton(#1)WindowsLive(#2)コラソンアキノ(#1)国軍(#1)thumbnails(#1)アキノ(#2)フィリピン(#114)トゥバタハ(#1)twittering-mode.el(#1)reader(#1)日本マニア(#1)カルト(#1)フェリー(#1)冷戦(#1)中国(#1)国籍(#1)console(#1)FON(#1)入管(#1)遠い国からの殺人者(#1)video(#1)韓国人(#2)Switcher(#1)大東亜戦争(#1)トランスフォーマー(#1)SkyDrive(#1)BitTorrent(#1)music(#1)国家(#1)アニート(#1)ミンス(#2)伊原剛志(#1)Killing(#1)Linux(#28)CUEsplitter(#1)google(#3)買い物(#1)洗脳(#1)HeartRails(#1)NAIA(#2)ファラ・フォーセット(#1)ハートに灯をつけて(#1)pinay(#1)AIM(#1)ヴィクトリアコート(#1)ノア(#1)映画(#17)TorButton(#1)LAN(#1)留学生(#1)政治(#2)ABS-CBN(#1)zorpia(#1)DAVID(#1)PAL(#1)IM(#1)ミンダナオ(#4)joke(#1)イフガオ(#1)アドボ(#1)パッキャオ(#1)音楽(#4)laptop(#1)出生届(#1)チャリティ(#1)黒宮ニイナ(#1)スカボロー礁(#1)ミスコン(#1)Windows(#7)サンバレス(#1)インドネシア(#1)婚約者ビザ(#1)KDE(#1)ジャズ(#1)フィリピン映画(#5)geek(#1)光る爪(#1)オーバーステイ(#1)zumodrive(#1)半島情勢(#1)Mendoza(#1)EasyTag(#1)ブログ用アドオン(#1)尖閣諸島(#1)CopyTrans(#1)Twitter(#3)男娼(#1)ノートPC(#2)守秘義務(#1)WiFi(#1)ライトニング(#1)ギネス(#1)国籍問題(#1)yakuake(#1)windows7(#2)正義(#1)zoho(#1)毎日新聞(#1)philippine(#2)フィリピン人との結婚(#1)デビッドハッセルホフ(#1)eBay(#2)sisqo(#1)amarok(#1)BonkEnc(#1)動画サイト(#1)文化(#1)ピグモン(#1)マクド(#1)比陸軍(#1)Yahoo(#2)ダウンロード(#2)プエルトリコ(#1)Adrian(#1)thunderbird(#3)dropbox(#1)JPEPA(#1)渡辺謙(#1)爆弾テロ(#1)dvd-drive(#1)大統領(#1)xoom(#1)イメルダ(#1)FoxyTunes(#2)LiveCD(#1)欺瞞(#1)チキン(#2)AVG(#1)太田靖之(#1)ルータ(#1)独立記念日(#1)iPod(#1)Dolphin(#1)ライステラス(#2)タガログ映画(#3)evernote(#1)GPG(#1)Bayantel(#1)ACPI(#1)パーティ(#1)otaku(#1)anti-virus(#1)コスプレ(#1)バナウェ(#1)電話(#1)テレビ朝日(#1)MySQL(#2)オキアミ(#1)ジェネラルサントス(#1)addon(#3)Santana(#1)書籍(#1)日本人(#2)南北問題(#1)オーストラリア(#1)synctoy(#1)ネットワーク(#1)日本文化批判(#1)スパイウェア(#1)Brillante(#1)YouTube(#16)smtp(#1)Diliman(#1)マカロニサラダ(#1)フィリピンのネット環境(#1)SpecOpsLabs(#1)サムネール(#1)漫画(#2)gmail(#1)猥褻(#1)spyware(#1)firefox(#1)mozilla(#2)閉鎖(#1)ブログテンプレート(#1)共産党(#1)MP3(#1)Globe(#1)ソルソゴン(#1)ホテル(#4)食べ方(#1)売国(#2)TNT(#2)email(#2)マクタン(#1)divx(#1)デスクトップ(#1)Friendster(#3)Manio(#1)プロレス(#1)二宮和也(#1)オーバーヒート(#1)クーデター(#1)スライドショー(#1)バコロッド(#1)Googleコード(#1)真田広之(#1)海外で土地購入(#1)Jamaica(#1)カルデロン(#4)セブ(#1)Manila(#1)埼玉(#1)Avast!(#1)女性(#1)中国語(#1)YahooMessenger(#2)エディタ(#1)friendster(#3)強制退去(#1)ブログ(#4)ヒモパン(#1)avast(#1)ポルノ(#1)snapshots(#1)plugin(#2)howto(#1)Search(#1)multiply(#1)食(#1)旅行者(#1)入国管理局(#1)text(#1)Ringo(#1)ネット(#1)ベニグノアキノ(#1)addons(#1)朝鮮半島(#1)マイクロソフト(#1)買春(#1)bookmark(#2)MediaMonkey(#1)blogging(#1)SP1(#1)shoutcast(#1)中村獅童(#1)lifehacker(#1)コタバト(#1)メール(#1)yahoo(#1)SNS(#7)ソマリア(#1)WindowsLiveWriter(#1)mp3プレーヤ(#1)在日外国人(#1)太平洋戦争(#1)ibuffer(#1)del.icio.us(#1)newsgroups(#1)Winamp(#2)テロ(#1)Javascript(#1)駆落ち(#1)UP(#3)外国人(#1)仕事(#1)笹倉明(#1)ASTI(#1)メモ(#1)stage6(#1)理想論(#1)反日(#1)images2mpg(#1)動画(#2)アマゾン(#1)セシル・テイラー(#1)フィリピン大学(#3)Tor(#1)倒産(#1)戦闘機(#1)ナイナイサイズ(#1)Emacs(#3)マカティビジネスクラブ(#1)Google(#11)steganography(#1)DSL(#1)小説(#1)議員(#1)K1(#1)IMAP(#2)クリスアキノ(#1)第二次世界大戦(#1)バナウエ(#1)CUE(#1)田中邦衛(#1)訃報(#3)pc(#1)サリサリ(#1)FC2(#2)ネット接続(#1)アニメ(#1)ビコール(#2)ジュース(#1)Prism(#1)ミャンマー(#1)openoffice.org(#1)メルギブソン(#1)比空軍(#2)中国産食品問題(#1)不法滞在(#1)パラワン(#2)海軍(#1)nerd(#1)エルミタ(#4)esta(#1)towerrecord(#1)mp4(#1)delicious(#2)gpg(#1)携帯電話(#2)本(#2)辞書(#1)マクドナルド(#1)フィリピン人(#81)棚田(#2)ペニンシュラホテル(#1)日比(#1)タワーレコード(#1)タガログ語(#2)xp(#1)DVD(#2)MoonProject(#1)オンラインストレージ(#1)ffmpeg(#1)WINE(#1)尖閣(#1)COSTCO(#1)列島線(#1)うんざり(#1)flixster(#1)渡比(#8)援交(#1)WWW(#1)深夜(#1)MILF(#2)料理(#3)刑罰(#1)ツナ缶(#1)バゴオン・アラマン(#1)インドネシア人(#1)C-130(#1)空母(#1)サポート(#1)Sisqo(#1)戦争(#3)アロヨ(#3)ポストマン(#1)衣笠幸雄(#1)EPA(#1)支援(#1)ClamWin(#1)マニラ市街戦(#1)緊急呼出し(#1)mp3(#2)援助(#1)マンゴー(#1)OFW(#4)クレーム対応(#1)ノイノイ(#1)バーガー(#1)ネグロス電工(#1)外国人介護士(#2)ドアーズ(#1)Olongapo(#1)Googleリーダ(#1)windroplr(#1)CD(#1)中国人(#1)無料メール(#1)チャット(#8)フィリピン料理(#2)Transformers(#1)Binibining(#1)アナーキズム(#1)ワールドレコード(#1)法務省(#1)Freshmeat(#1)jejemon(#1)ph(#1)不具合(#1)konqueror(#1)tor(#2)ポータルサイト(#1)fences(#1)送金(#1)栗林忠道(#1)米西戦争(#1)privacy(#1)SMS(#1)adware(#1)マルコス(#1)filipino(#1)NORAD(#1).ph(#1)Debian(#1)フリーウェア(#1)利用規約(#1)外国人看護師(#1)dolphin(#1)Amazon(#3)Gmail(#2)殺人事件(#2)ネグロス(#2)フリー・ジャズ(#1)DigiKam(#1)4GB(#1)マリクリス事件(#1)不倫(#1)facebook(#2)東欧(#1)Feedback(#1)2ちゃんねる(#1)スマイル(#1)看護師(#1)Legacy(#1)sns(#1)meadow(#2)旅行(#8)Trailer(#1)万聖節(#1)カウンセラー(#1)米軍(#1)Game(#1)sexy(#3)クワイ川(#1)PNoy(#1)Mindanao(#1)バカセレブ(#1)売春(#1)Tirador(#1)外交(#2)Amarok(#2)アレック・ボールドウィン(#1)キーボード交換(#1)Stage6(#1)民主党(#1)海外出稼ぎ(#4)共有(#1)Pachanga(#1)イゴロット(#1)Ubuntu(#18)リノ・ブロッカ(#1)アメリカ人(#1)chat(#1)Metacafe(#2)フィリピン航空(#1)M.A.X.(#1)無料(#2)サムネイル(#2)ブログ用ツール(#1)コンピュータ(#5)オロンガポ(#1)領土問題(#1)チャット仲間(#1)FHM(#1)Firefox(#12)PAF(#1)Vigan(#1)翻訳(#1)ミスコンテスト(#1)政治家(#2)ユーティリティ(#2)戦史(#3)ネットブック(#1)日記(#16)emacs(#3)コード(#1)ライン(#1)IRC(#1)Unix(#3)snap(#1)Utility(#1)Bayanihan(#1)Thong(#1)trojanhorse(#1)GMA(#1)投稿動画(#1)熱暴走(#1)xmarks(#1)オンラインブックマーク(#1)アンパラヤ(#1)w32codecs(#1)ジンベエザメ(#1)ケソン市(#1)中東(#1)Field(#1)Wiki(#1)riplock(#1)mail(#1)YM(#4)核攻撃(#1)PAGASA(#1)rpc1(#1)tubely(#1)HyperIM(#1)WWII(#1)negros(#1)windows(#4)KDE-Apps(#1)台風(#1)窃盗(#1)フィリピン人妻(#1)カンボジア(#1)比人妻(#1)エビ(#1)海上保安庁(#1)アドウェア(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)スキャンダル(#1)AbuSayyaf(#1)商売(#1)メイリオフォント(#1)Mplayer(#1)SkyDriveExplorer(#1)動画再生(#1)トロピカーナ(#1)FLAC(#2)Jiro(#1)TBS(#2)婉曲表現(#1)CLI(#2)PGMA(#1)SmartBro(#1)海賊(#1)ビガン(#1)規制(#2)Opera(#2)AOR(#1)食文化(#1)Gurvitz(#1)コストコ(#1)flash(#2)湾岸諸国(#1)clive(#3)AOL(#1)違法コピー(#1)mplayer(#2)チンチングチャレス(#1)京都迷宮案内(#1)米国産牛肉(#1)Thunderbird(#2)期間限定(#1)フィリピン空軍(#1)国際結婚(#1)Klipper(#1)プラグイン(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)テレビ(#2)ImageMagick(#1)PV(#1)KDE-Look(#1)曳航ソナー(#1)詐欺(#1)MetaCafe(#1)マルウェア(#1)缶詰(#1)Hotbabe(#1)ネットラジオ(#1)教会(#1)ゴーヤ(#1)東京都(#1)黄岩島(#1)ジョーク(#1)Konqueror(#2)vista(#2)Ultimate(#1)TV(#3)旅(#7)ウイルス(#2)Transmission(#1)ピープルパワー(#1)ブラウザ(#1)TinyURL(#1)ビサヤ(#1)感情論(#1)ピノイロック(#1)vi(#1)ドラマ(#1)危険な年(#1)歴史認識(#1)Kubuntu(#25)公務員(#1)PLDT(#1)Dailymotion(#1)入管法(#1)フィリピンが登場する小説(#1)三沢光晴(#1)regioncode(#1)貧困(#2)クリスマス(#3)外国人問題(#1)楽天主義(#1)世界遺産(#2)米国(#1)WinAmp(#1)wav(#1)あせった時(#1)国家機密(#1)マリリン(#1)価値観(#1)メイド(#1)違法入国(#1)GMX(#1)microsoft(#1)化粧(#1)うるるん滞在記(#1)ドメイン(#1)フランス人(#1)Ajax(#1)Guba(#1)キリングフィールド(#1)tips(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。