Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び外国人介護士について

2008.07.31

category : 日記

tags : 外国人看護師 外国人介護士 インドネシア フィリピン

comment(0) trackback(0)

昨晩のニュース番組中で、また外国人看護師/介護士に関することが放送されていた。

今回のその放送ではフィリピンのフの字も出ない。つまり来週だかにでも第一陣がやってくるというインドネシア人介護士たちの話であり、どういう経緯で彼らが日本で就労することになったかという説明の中で、「インドネシアと同様にEPA締結を日本が目指している国」の一つとして名前があがったのみであった。

番組中やはりキーとなるのは「彼らの日本語能力」であったのだが、外国人看護師介護士の一例として、既に日本で活躍している外国人看護師である某ベトナム人看護師を取り上げていた。

彼女は25歳、来日5年目、看護師になってから2年。元々本国ベトナムで医師を目指し医科大学を受験したが、1点差で合格できなかった。そして日本語が医療現場で外国人をという話を知る。来日してから1年半だか2年日本語学校で日本語を勉強、そして看護学校へ。そこを卒業して看護師資格を得て某病院で働いている。

取材ビデオを見ている限りでは、彼女の日本語はかなりのレベルに達している。他の日本人看護師たちや患者たちとのコミュニケーションにも問題や足りないところがあるようにはみえなかった。ただ、看護日誌だか他の看護師への申し送りメモだかもちゃんと漢字かなを使った日本語で書いているのも立派だったが、先輩からは「可能性」と書いているところについて「可能性あり」にするよう注意されていた。つまりそういう高いレベル。知る限りホームヘルパー2級資格で介護の仕事をしている在日フィリピン人妻/元妻たちの多くよりはるかに日本語は堪能と感じた。

現行法では彼女は7年しか在留就労できないそうで、彼女をみているとそれも変だなあというのが実感。

それと同時に、やってくるインドネシア人介護士たち、そしてもしかしたらそれに続くかもしれないフィリピン人看護師や介護士たちの日本語能力はやはり心配だとも感じた。

番組中インドネシアで行われた募集に応募した者たちへの面接で、「患者さんたちとのコミュニケーションを大事にしています」と答えるのはよろしいがそれをインドネシア語で日本人面接官に答えている(もちろん通訳が横にいるのだが)のは、やはりどうかと思ったりもした。他にも「日本語はどうですか」と番組が聞くと「おはようございます、ありがとうございます」って…フィリピンだとこれらに加えて「もしもし」だの「ばっきゃろ」だのが加わる者も少なくないのかもしれないし(爆)、ほんと大丈夫け???と。


フィリピンその他では、海外に職を求める看護師や介護士が多いわけだが、基本的にはあくまでも「出稼ぎとして」だったりするわけだし、あるいは「3年就労したらほとんど無条件に永住権を付与する」という国への就労を希望するたちがほとんどだろう。

自分もチャットで看護師介護士などという医療分野に限らず様々な職種での日本での就労を希望する多くのフィリピン人たちと話したが、「(可能なら)日本に永住もしたい」なんて話は誰からも聞いたことがない。欧米と比較すればフィリピンから近い日本、若い連中だとアニメやマンガ、ハイテク製品の宝庫の日本、などという点が彼らにとっては魅力なのであって、骨を埋めたいとか思うフィリピン人はまずいないんだと思う。

中には、特にピノイだが、「日本人の彼女がほしい」なんていうのを日本での就労希望の一番の理由にあげていたのもけっこういた。(笑) 日本人の女の子は可愛いんだそうだ。(ふーん)(笑)

就労どうのこうのは別としてこの点でもっと言うと、フィリピンの女性でチャットなどで自分と結婚してくれる外国人男性を探している子もかなりの数に上るが、日本人は「外国人」の中の一種であって「日本人がいい」というのもどうも少ないようだ。ただし、ホステスとして日本で働いた経験がある連中、あるいはそれでの来日経験がなくともその予備軍などはまた別かもしれないが、口に出すかどうかは別にしてやはり総体的には彼の国での日本人の評判はけっしてよろしくはないのが現実だろう。

インドネシア人介護士君たちの奮闘を祈る。「やっぱり(日本語もできない外国人は)だめだねえ」なんてことになると後はもうないぞ。
スポンサーサイト

外国人介護士

2008.07.25

category : 日記

tags : 外国人介護士 フィリピン人 インドネシア人

comment(2) trackback(0)

今夜少し前、NHKでまた外国人介護士問題についての番組があったので観ていた。実は昨夜は教育テレビの福祉関係の番組でも同様の内容があった。昨晩の3チャンネルでの放送で使ったインドネシア現地取材の映像に加え、日本での現状、つまり在日フィリピン人ホームヘルパーについての取材が元になっている。

インドネシア人介護士たちの来日は来月初めにも始まるが、今日初めて知って驚いたのは以下の点。

彼らインドネシア人介護士たちを雇用する側である老人ホーム等施設側は、彼らに住居も提供しなくてはならない。

えええ? 月20万弱という日本人スタッフと同等かそれ以上の給与を保証せよと厚生労働省が条件をつけるのは納得できるが、日本人と同じ給与を払いながら住居も提供、日本語研修と資格(介護福祉士国家試験受験)のための支援に掛かるコストも雇用者側に負担しろというのはちょっとおかしいのではないか。まるでフィリピン人ホステス招聘と同じだ。

給与を日本人と同等にせよというのは、実質的には組合と同じであろう介護福祉士会からの強い要望だったそうで、確かにこの条件をつけないとただただ安価な労働力として雇用するところ、そしてそれをビジネスとしてとらえるブローカの乱立なども懸念されるだろう。(既にあるようだし)

しかし日本人スタッフたちだって毎月の給料で生活しており、家賃だなんだとそこから捻出しているわけだ。つまり実際には彼らインドネシア人介護士たち(と、おそらく近い将来続くフィリピン人介護士たちも)は、「日本人より高給あるいは好待遇」で雇用されるということになる。なんかおかしくないだろうか、これ。(連中は安く使えと言っているのではもちろんない)

来日してから仕事を始める前に受講が義務付けられている「日本語研修」は6か月間だが、これをちゃんと受講し受講者本人が講義を理解習得できて「日本人なら小学生3、4年生」レベルの日本語、なんだという。

このレベル(の日本語能力)で介護の現場に出る、出ろということなわけだ。うーむ。

ただしこの話関係の報道で必ず言われる、「国家試験である介護福祉士試験は日本人でも合格率はおよそ50%」というのはちょっと変である。なぜなら、日本人だなに人だに関係なく専門知識が問われ必要であるその職種職場であるのなら、資格制度が設けられているからにはナニ人であろうとできる人にしかできないだろうしまかせることもできないだろう。それを「日本人でも50%程度の合格率の試験は可哀想だ、酷だ」というニュアンスの物言いは間違っていると思う。


さて、番組中で紹介された在日比人女性ホームヘルパーたち。知り合いの友人(まさにその比人女性)がやはりわざわざホームヘルパー2級資格を取得しながら結局介護施設を辞めたのと同じことが広がっていて、辞めるスタッフが増えているんだという。いわく、きつい、つらい。いつもおむつの交換ばかり、などなど。フィリピン人はホスピタリティが云々なんて話とはまた別なのだ。そもそもきつい仕事なのである。

比人女性ヘルパー専門で派遣している会社が自分のところの比人女性スタッフが働く施設に出向き、そのスタッフと面談し不満などを聞き、それを雇用者である施設側に伝える。

「夜勤が多く、アシスタント的な仕事しかまかせてもらえない。もっと自分のスキルを活かせるようにしてほしいがなかなかそう言えない」

それを聞いた施設側は、

「老人たちとのコミュニケーションは良くとれているが、日本人スタッフたちとはそこまでいっていない」

つまり、何年か日本で生活してきているフィリピン人妻(ないし元妻)たちでさえ(この「さえ」はちょっと違うかもしれないが)、日常会話はそこそこできても間違いなく何かを伝達するという serious communication は難しい、ということだ。

番組内ではその派遣業者が比人女性スタッフたちに自社でも独自に日本語レッスンを開始していると伝え、ある比人スタッフに教えている場面も紹介された。

誰かが頭をぶつけたとかで、「頭に血が滲んでいる」という言い方は知らないだろうし聞いても意味も理解できていなかった。「血が滲む」という表現を正しく理解し使える比人妻がいるとしたら、その人は相当日本語を勉強しただろう、と言わざるを得ない。おそらく99%は聞いたことがあっても聞き流すだけで今まで通してきただろう。「頭から血をながしている」と「滲んでいる」なんて同じじゃないかと弁護擁護する人もいるのかもしれないが、勝手に言ってろ、である。(笑)

上で書いたような不満の主な理由であるきつい仕事ばかりさせられるというのは、こうした彼女らの日本語能力の低さから日本人スタッフたちとの連絡や申し送りが十分にできないということからなのだ。


実は最近、チャットで看護士介護士として日本に行きたいというフィリピン人数人とたまたま話した。一人はまだ19才のビサヤ地方某所に住む女の子である。「ナースとして日本で働く仕事にもうアプライした(申し込んだ)」という。この子がこちらにもし本当のことを語っているとするならば、19才のこの子にはありえない話なわけで。つまり、そうやって嘘八百を並べ立てる派遣業者だかブローカがごちゃまんといるということだ。

もう一人はやはりビサヤ方面某地区で大学で看護学を先行しているゲイの坊や。日本語も勉強しているというが、残念ながら日本で看護士や介護士ができる、あるいはそれに必要となってくる資格を取得できるレベルには達していない。彼も上の子も、そしてこれまで話したことがある似たような希望をこちらに話してきたフィリピン人の100%、「どうしてそこまで日本語(具体的には漢字とかなの読み書きと彼らは思っているようだが)が必要なのか」と納得できないらしい。

彼らには、

「例えばTanaka-sanという施設入居者がいるとする。しかし他にもTanaka-sanがいた。さらにはもうひとり別なTanaka-sanがいた。読み方は同じTanakaだが、日本では読み方が同じでも使う漢字、またそのコンビネーションが違うTanakaさんたちがたくさんいる。漢字の読み書きができないでどうやって区別する?」

「君の国の病院やその他医療施設で同じことも良くあると思う。同じ名前の人が数人。ある人には薬品Aを自分のシフト終了後投薬してあげなければならない。だが、間違って別な同じ名前の人にその薬品Aをあとのシフトの人間が投薬してしまった。こうしたことは医療現場で許されると思うか? 日本ではその名前が言ったように漢字の読み書きができないとさらに区別認識することは不可能に近い」

自分がこう話して本気で答えたかどうか、「なるほど」と言ったのは後にも先にもこれまで上のゲイ坊やだけだった。

彼には英語圏への看護士としての出稼ぎを考えたほうがいいよ、と話しておいたが……

もちろんこれはフィリピン人以外、例えばもうすぐ来日が始まるインドネシア人介護士にも当てはまる。

思うに、日本側としては少子高齢化社会への懸念もあって、とにかく外国から労働力を、なんだろう。そして相手国側では「高給が望める日本という出稼ぎ先」でしかない、というのが大体の現実なんだろう。お互いが望むことを合わせてみて合致するなら合致するでいいのだろうが、それならちゃんと時間的にも余裕をもって準備し考慮し計画すべきだろう。

自分にはどうも、

「いやーどーもどーもどーも。あのね、こういうお土産持参したですよ」

「おお、それはまたどうも。ありがたくちょーだいしますね。代わりと言ってはなんですが、ではこちらからは……」

てな、両国政治家連中の「私は在任中にこれをやりました/緒をつけました」みたいな自己満足に終わっているように思えてならない。いーかげんすぎだって。
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
SNS(#7)マリリン(#1)真田広之(#1)光る爪(#1)ノイノイ(#1)Wiki(#1)Bayanihan(#1)ゴーヤ(#1)music(#1)駆落ち(#1)サンバレス(#1)Ringo(#1)オーバーステイ(#1).ph(#1)K1(#1)add-on(#1)BitTorrent(#1)ギネス(#1)伊原剛志(#1)被差別意識(#1)CopyTrans(#1)メイド(#1)日教組(#1)evernote(#1)半島情勢(#1)フィリピン人との結婚(#1)スマイル(#1)国籍問題(#1)テレビ朝日(#1)DivX(#2)dvd-drive(#1)SMART(#1)テロ(#1)imap(#2)携帯電話(#2)マニラ(#4)規制(#2)エルミタ(#4)Twitter(#3)Stage6(#1)mplayer(#2)sisqo(#1)IM(#1)中村獅童(#1)マンゴー(#1)うんざり(#1)Vigan(#1)MediaMonkey(#1)FLAC(#2)ブログ用ツール(#1)WWII(#1)黒宮ニイナ(#1)日本語入力(#1)コストコ(#1)アマゾン(#1)洗脳(#1)anti-virus(#1)OFW(#4)同期(#1)動画(#2)クーデター(#1)flixster(#1)音楽(#4)stage6(#1)PAL(#1)フィリピン料理(#2)AOL(#1)うるるん滞在記(#1)esta(#1)Googleリーダ(#1)mp3(#2)詐欺(#1)TV(#3)ドアーズ(#1)チャット(#8)漫画(#2)Dailymotion(#1)DigiKam(#1)渡比(#8)SkyDriveExplorer(#1)バコロッド(#1)ハイジャック(#1)AOR(#1)ソルソゴン(#1)貧困(#2)SpecOpsLabs(#1)戦争(#3)adware(#1)ポータルサイト(#1)ビコール(#2)オキアミ(#1)援助(#1)デスクトップ(#1)誕生日(#1)婉曲表現(#1)マクタン(#1)AIM(#1)サリサリ(#1)期間限定(#1)フリーウェア(#1)尖閣(#1)大統領(#1)コタバト(#1)Vista(#7)旅行(#8)ルータ(#1)TinyURL(#1)wikipilipinas(#1)利用規約(#1)FC2(#2)不具合(#1)民主党(#1)東欧(#1)Friendster(#3)SmartBro(#1)console(#1)バカセレブ(#1)ノートPC(#2)mail(#1)Thunderbird(#2)regioncode(#1)辞書(#1)海外で土地購入(#1)反日(#1)VirtualBox(#2)amarok(#1)海外出稼ぎ(#4)パラワン(#2)三沢光晴(#1)PAF(#1)ハートに灯をつけて(#1)戦史(#3)歴史認識(#1)オロンガポ(#1)化粧(#1)lifehacker(#1)中国(#1)窃盗(#1)Kubuntu(#25)フェリー(#1)PNoy(#1)google(#3)IRC(#1)gpg(#1)tor(#2)ピグモン(#1)Ajax(#1)SkyDrive(#1)パーティ(#1)Ubuntu(#18)領土問題(#1)images2mpg(#1)ミンダナオ(#4)MP3(#1)BonkEnc(#1)joke(#1)フィリピン空軍(#1)Jamaica(#1)mp3プレーヤ(#1)windows(#4)男娼(#1)ImageMagick(#1)太平洋戦争(#1)nerd(#1)韓国人(#2)GMA(#1)ambrosia(#1)ピープルパワー(#1)WiFi(#1)ツナ缶(#1)外交(#2)Dailymoton(#1)楽天主義(#1)墜落(#1)反日外国人(#1)留学生(#1)日記(#16)投稿動画(#1)看護師(#1)MILF(#2)スキャンダル(#1)フィリピン(#114)売春防止法(#1)在日外国人(#1)ネグロス(#2)ポルノ(#1)multiply(#1)KNOPPIX(#1)Killing(#1)倒産(#1)入管(#1)中国語(#1)diigo(#2)TNT(#2)本(#2)Feedback(#1)fences(#1)Freshmeat(#1)howto(#1)thunderbird(#3)openoffice.org(#1)経済危機(#1)日本マニア(#1)Tor(#1)ClamWin(#1)刑罰(#1)JPEPA(#1)ph(#1)フィリピン大学(#3)硫黄島(#3)ミスコン(#1)thumbnails(#1)privoxy(#1)テレビ(#2)IMAP(#2)電話(#1)イゴロット(#1)価値観(#1)EMS(#2)スカボロー礁(#1)覚書(#1)コスプレ(#1)ミスコンテスト(#1)中国人(#1)steganography(#1)遠い国からの殺人者(#1)M.A.X.(#1)オンラインブックマーク(#1)Binibining(#1)stardock(#1)PGMA(#1)windows7(#2)台風(#1)政治(#2)AVG(#1)文化(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)Jiro(#1)Amarok(#2)セブ(#1)アドウェア(#1)blogging(#1)tubely(#1)メモ(#1)埼玉(#1)Mindanao(#1)xoom(#1)ブログ用アドオン(#1)YM(#4)チキン(#2)WinAmp(#1)チャリティ(#1)マイケル・ジャクソン(#1)Search(#1)DSL(#1)tips(#1)Unix(#3)bookmark(#2)サムネイル(#2)delicious(#2)書籍(#1)売春(#1)Bayantel(#1)FoxyTunes(#2)rpc1(#1)オーバーヒート(#1)FHM(#1)Globe(#1)送金(#1)列島線(#1)タガログ語(#2)カンボジア(#1)訃報(#3)日本人(#2)KDE-Apps(#1)仕事(#1)比空軍(#2)笹倉明(#1)ABS-CBN(#1)iTunes(#1)食文化(#1)爆弾テロ(#1)avast(#1)海賊(#1)Jazz(#1)Gmail(#2)成田(#1)南北問題(#1)支援(#1)ピノイロック(#1)NAIA(#2)emacs(#3)GMX(#1)渡辺謙(#1)Klipper(#1)eBay(#2)プラグイン(#1)Windows(#7)リノ・ブロッカ(#1)vi(#1)pinay(#1)ネット(#1)おかま(#1)ACPI(#1)Utility(#1)田中邦衛(#1)ユーティリティ(#2)Metacafe(#2)エビ(#1)vista(#2)栗林忠道(#1)タガログ映画(#3)xmarks(#1)spyware(#1)タワーレコード(#1)EPA(#1)日比(#1)ネットブック(#1)reader(#1)zorpia(#1)メール(#1)newsgroups(#1)メイリオフォント(#1)婚約者ビザ(#1)EasyTag(#1)深夜(#1)トロピカーナ(#1)比人妻(#1)DivXPro(#1)sns(#1)マクドナルド(#1)外国人(#1)パッキャオ(#1)KDE(#1)スパイウェア(#1)フィリピン人妻(#1)アドボ(#1)地下河川(#1)towerrecord(#1)大東亜戦争(#1)xp(#1)ケソン(#1)ペニンシュラホテル(#1)FON(#1)Javascript(#1)MySQL(#2)国軍(#1)del.icio.us(#1)朝鮮半島(#1)食(#1)アキノ(#2)京都迷宮案内(#1)検索(#2)Winamp(#2)TorButton(#1)twittering-mode.el(#1)不法滞在(#1)microsoft(#1)黄岩島(#1)議員(#1)尖閣諸島(#1)ライステラス(#2)yahoo(#1)NORAD(#1)アニメ(#1)革命(#1)HeartRails(#1)Googleリーダー(#1)エディタ(#1)バーガー(#1)ネットワーク(#1)マルコス(#1)Mendoza(#1)ブラウザ(#1)クリスアキノ(#1)翻訳(#1)konqueror(#1)gmx(#1)ネット接続(#1)キリングフィールド(#1)オーストラリア(#1)日本軍(#1)TBS(#2)ブログ(#4)ワールドレコード(#1)ポストマン(#1)YahooMessenger(#2)衣笠幸雄(#1)無料(#2)laptop(#1)湾岸諸国(#1)フランス人(#1)チャット仲間(#1)万聖節(#1)チンチングチャレス(#1)プロレス(#1)ジュース(#1)ヒモパン(#1)chat(#1)Calderon(#4)アメリカ人(#1)不倫(#1)divx(#1)trojanhorse(#1)メルギブソン(#1)マクド(#1)カウンセラー(#1)addons(#1)facebook(#2)snap(#1)法務省(#1)ダウンロード(#2)日本文化批判(#1)商売(#1)猥褻(#1)カルデロン(#4)Tirador(#1)マリクリス事件(#1)無料メール(#1)欺瞞(#1)援交(#1)mozilla(#2)2ちゃんねる(#1)w32codecs(#1)二宮和也(#1)旅行者(#1)旅(#7)閉鎖(#1)核攻撃(#1)addon(#3)Santana(#1)DAVID(#1)熱暴走(#1)laing(#1)Avast!(#1)synctoy(#1)小説(#1)smtp(#1)Dolphin(#1)friendster(#3)privacy(#1)サポート(#1)CUEsplitter(#1)クレーム対応(#1)キーボード(#2)中東(#1)ミャンマー(#1)firefox(#1)食べ方(#1)イフガオ(#1)Guba(#1)AbuSayyaf(#1)違法入国(#1)Yahoo(#2)Olongapo(#1)戦闘機(#1)7-zip(#1)プエルトリコ(#1)危険な年(#1)世界遺産(#2)email(#2)dolphin(#1)Opera(#2)ネグロス電工(#1)MoonProject(#1)動画サイト(#1)フリー・ジャズ(#1)独立記念日(#1)VIVA(#1)windroplr(#1)HyperIM(#1)米国(#1)ライン(#1)共有(#1)ssh(#1)sexy(#3)外国人問題(#1)冷戦(#1)Linux(#28)snapshots(#1)GPG(#1)フィリピン人(#81)海上保安庁(#1)バックアップ(#3)meadow(#2)Google(#11)国家(#1)SMS(#1)違法コピー(#1)4GB(#1)正義(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)理想論(#1)Adrian(#1)ミンス(#2)Amazon(#3)negros(#1)キーボード交換(#1)Game(#1)ドメイン(#1)ブログテンプレート(#1)アロヨ(#3)wav(#1)KDE-Look(#1)デビッドハッセルホフ(#1)WindowsLiveWriter(#1)毎日新聞(#1)CD(#1)アレック・ボールドウィン(#1)女性(#1)サムネール(#1)ジンベエザメ(#1)ビサヤ(#1)Manila(#1)Gurvitz(#1)コンピュータ(#5)マカティビジネスクラブ(#1)缶詰(#1)WindowsLive(#2)DVD(#2)Mplayer(#1)Diliman(#1)Legacy(#1)インドネシア(#1)トランスフォーマー(#1)Switcher(#1)買い物(#1)ジョーク(#1)外国人看護師(#1)video(#1)マルウェア(#1)政治家(#2)比陸軍(#1)棚田(#2)ホテル(#4)Konqueror(#2)ネットラジオ(#1)アニート(#1)ブックマーク(#1)YouTube(#16)SP1(#1)フィリピンが登場する小説(#1)クリスマス(#3)yakuake(#1)クワイ川(#1)WINE(#1)COSTCO(#1)Palawan(#1)Emacs(#3)マイクロソフト(#1)CUE(#1)zumodrive(#1)共産党(#1)Pilipinas(#1)iPod(#1)Sisqo(#1)イメルダ(#1)マニラ市街戦(#1)お悩み相談(#1)フィリピンのネット環境(#1)あせった時(#1)出生届(#1)Ultimate(#1)動画再生(#1)Transmission(#1)バゴオン・アラマン(#1)UP(#3)ウイルス(#2)カルト(#1)ソマリア(#1)geek(#1)ピアノ(#1)otaku(#1)ノア(#1)Field(#1)教会(#1)flash(#2)Trailer(#1)インドネシア人(#1)ファラ・フォーセット(#1)バナウェ(#1)コラソンアキノ(#1)pc(#1)映画(#17)Firefox(#12)中国産食品問題(#1)緊急呼出し(#1)曳航ソナー(#1)モーテル(#1)clive(#3)filipino(#1)ベニグノアキノ(#1)入管法(#1)Transformers(#1)Hotbabe(#1)LiveCD(#1)TwittyTunes(#1)ibuffer(#1)水着(#1)LAN(#1)Manio(#1)C-130(#1)SQlite(#1)国家機密(#1)philippine(#2)ビガン(#1)米軍(#1)PV(#1)dropbox(#1)米国産牛肉(#1)ナイナイサイズ(#1)不正(#1)空母(#1)公務員(#1)国際結婚(#1)感情論(#1)PAGASA(#1)MetaCafe(#1)Pachanga(#1)強制退去(#1)コード(#1)海軍(#1)ffmpeg(#1)ケソン市(#1)東京都(#1)アンパラヤ(#1)virus(#2)スライドショー(#1)売国(#2)米西戦争(#1)ジェネラルサントス(#1)ドラマ(#1)jejemon(#1)plugin(#2)CLI(#2)クリント・イーストウッド(#1)shoutcast(#1)gmail(#1)セシル・テイラー(#1)オンラインストレージ(#1)Googleコード(#1)第二次世界大戦(#1)Prism(#1)フィリピン航空(#1)ジャズ(#1)mp4(#1)太田靖之(#1)マカティ(#1)ライトニング(#1)マカロニサラダ(#1)Brillante(#1)Thong(#1)WWW(#1)text(#1)riplock(#1)入国管理局(#1)買春(#1)フィリピン映画(#5)守秘義務(#1)殺人事件(#2)アナーキズム(#1)バナウエ(#1)GUBA(#1)ヴィクトリアコート(#1)ASTI(#1)PLDT(#1)トゥバタハ(#1)Debian(#1)国籍(#1)zoho(#1)外国人介護士(#2)チェンバース(#1)料理(#3)hdd(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。