Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱIMAPでしょう

2010.10.11

category : コンピュータ

tags : メール IMAP Yahoo GMX Google Gmail ph WindowsLive AIM AOL

comment(0) trackback(0)

そっか、条件を満たしていれば、Yahoo! (Japan)メールでもウェブメール以外、ThunderbirdやOutlook(いわゆるMUA)からもアクセスできたんだねー。しかし、


メールソフトで送受信することを「POPアクセス」と言います。Yahoo!メールアドレス(@yahoo.co.jp)でPOPアクセス機能を利用するには、以下の


って... いまどき? 複数のPCやらモバイル端末を利用することが当たり前になりつつある日本でさえ、POPですか...

「条件」というのはYahoo!デリバリーに登録している、とかいうことらしい。自分もこれに以前は登録していたけど、市場調査会社からのアンケートのメールががんがん入ってくるのがウザくてウザくてしょーがない(フィルタでそれだけ用のフォルダに放り込んではいたけど)上に、充分な回答者が得られない場合調査会社が「再送」だの「至急」だのとタイトルに加えてまた同じアンケート協力要請を送ってくる。ウザイ。それにお願いする立場なのに再送だの至急だのって、まともな日本語も使えない会社ってか。(爆) 1円でもいいから回答者全員に回答の謝礼を払う気もなく、「抽選で回答者200名に」って、どれだけケチなんだよ。市場調査依頼者/社側には1サンプル数あたりいくら、と請求していることを知らんとでも思っているのか。まともな調査会社はこんなことしねーぞ、オレの知る限りでは。あの楽天でさえ1円とか3円とか回答したら必ず払うのに。(笑)

と、自分はアンケート回答したことがないんだけど(笑)、ウザイのでYahoo!デリバリー登録を消した。だからどっちにしてもYahoo! Japanメールで「メールソフトで送受信」とかってのはできないんだけどさ。

やりとりする相手が海外の連中、あるいは利用するサービスが海外のもので、「オラ、日本人(あるいは日本から)だべさ」と明示的に匂わせたい場合はこうした.jpドメインのアドレスは有効なので、そうした用途のみに自分もYahoo! Japanのアドレスを使っている。でもPOPじゃねえ。

本家(米国版)Yahoo! Mailは日常的に使っているけど、こっちは容量無制限とか他サービスを利用してデカいサイズのファイル添付ができたりとか便利なところもあるけど無料版ではウェブメール限定。(ただし受信についてだけはメールソフトでも利用できるようにするハックがある。でもやっぱりPOP)

以前、GMXでもgmx.ph、みたいな.phドメインアドレスが無料で取得して使えると書いたけど、Yahoo!も比国版があるのでウェブメールでよければxxx@yahoo.com.phというアドレスが取れる。GMXは当然IMAPアクセスも可。おまけにファイルストレージとしてもほぼGoogle Gmail的に使えるだけの容量を貰える。

でも.phドメインのメールアドレスが欲しい人なんてそうはいないか。(笑)

そういえば今はMicrosoftのWindows Live Mail(hotmailともいう)もIMAPアクセスできるらしい。けど自分はWindows Liveのメールは使ってない。

追記
13年前に取得して当時は毎日のようにチャットしていたAIMのサービス企業AOLがやっているAIM MailもIMAPをサポート。まだログインできるかと試したらちゃんとアカウントが残っていてAIM Mailも使えた。

追記2
日本語WikipediaではAIM Mailについて、

メールボックス容量2GB
送受信メールサイズ最大16MB
GUI・ヘルプなどは日本語に対応しておらず表記は全て英語

とされているが、現在はメールボックス容量無制限、最大25MBまでのファイル添付可能、となっている。日本語に対応してないはそのままだが、メニューやヘルプに日本語が用意されていないだけで日本語メール送受信は可能。(ただしウェブメールでは問題が出るかも)
スポンサーサイト

Google日本語入力試用中

2009.12.05

category : コンピュータ

tags : フィリピン Google 日本語入力

comment(0) trackback(0)

ボラカイ島ミンドロ島プエルトアズールプエルトガレラセブ島アンヘレスピナツボスービックオロンガポビガンバギオケソン市ケソンシティマカティ市パサイ市クバオパナイネグロス島レイテサマール島ボホール島シキホール島パラワン島タイタイカビテタガイタイバタンガスビコールミンダナオ島ダヴァオダバオサンボアンガカガヤンアウロラアロヨエラップパッキャオイメルダ夫人マルコスバロットカレカレバコロドドゥマゲッティマクタン島サンミゲルビールスールーアドボシニガン

 

なんだべさ?

 

Google日本語入力を試用中なのである。上の比国に関連する単語はそのまま変換候補(あるいはサジェスト)に出てきたもの。さすがにウェブから単語を集めているだけあるね、という感じ。

 

しかし、「ばたーん」と入力した場合のサジェストでは「バターン死の行進」、「バターン半島」とか出てきて、これはカタカナ表記するならやっぱりバタアン(アにアクセントがあるのでバターンはやはりおかしい)とするのが正しい気がする。

 

すでにさんざんネットで言われているように、サジェストには「ええ?」というようなものが出てくることが少なくないけれども、それでもMS-IMEよりははるかに使い勝手はいいと感じる。動作も軽い。

 

今までユーザ辞書に登録した単語もインポートできるし、試用というより本格的にこっちに乗り換えるかも。

 

ダウンロードはここから。無料。(Windows 7、Vista SP1 以降、XP SP2)(Mac版もあるってさ)

http://www.google.com/intl/ja/ime/

Google Translateを比日翻訳あるいは辞書として使う

2009.11.23

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン フィリピン人 Google 翻訳 辞書

comment(0) trackback(0)

QS_20091123-141649

 

どの他言語からでも対日本語へ(あるいはその逆も?)はほとんど使い物に(たぶん、まだ)ならないGoogle TranslateやYahoo!の同種サービスだが、最近Google Translateはリニューアルした。

 

上のスクリーンショットでは画面右側にTranslateというボタンが見えるが、新しくなったGoogle Translateでは例によってAjaxを駆使してそのボタンを押さずとも単語の場合なら入力するだけで下に指定言語訳が表示されるようになった。

 

単語や文章を手入力する以外にも、上の画面にあるようにどこかのウェブページのURLを指定したり、ローカルのPCにあるテキストファイルをアップロードしてそれに対して翻訳を試みることも可能。(自分は利用したことないけど)

 

結構な数の言語がサポートされているようだが、比国の言語(language)あるいは方言(dialect)としてはFilipinoだけがサポートされていて、その他の比国内の言葉のサポートはまだなされていない。

 

GoogleはGoogle Talk上でもこれを利用した「ボット」を用意していて、つまりGoogle Talk上でそのボットを追加しそれに翻訳したい単語なり文章をそのボットめがけて送ると、翻訳を返してくれる。ただしボットは言語Aから言語Bという具合にそれぞれ分かれており、すべての言語組み合わせが用意されているのかどうかは不明。さすがに日英、英日それぞれのボットはあったが、やっぱり使い物にはならない。(笑)

 

チャットで「オレ、タガログわかんないから」と言っているにもかかわらず、タガログで話しかけてくる連中との会話ではまま重宝している。てか、基本的には「え、なんだって? 英語でお願い」と相手に聞きなおすことにはしているのだが、英語が不便な比人が少なくないので仕方なく最近Google Translateをまた使い始めた。

 

つくづく階層社会、社会階層というか、それがある国、社会なんだなあと改めて思う。もちろん世界どこだってそうなんだろうが、日本なんかと比較したら比国はよりはっきりしているというか。知り合いのピノイの多くは月額にしてP35,000とかP40,000とか、あるいはそれ以上の収入がある連中だが、自分がチャットで話す少なくない比人の女の子たちはその額を聞くと、「ええ? ウソでしょ」とか良く言う。

 

そのピノイ連中に言わせれば、そうした月額収入は「金持ちとか優雅な生活ができる額でもない、でも貧乏とも言えない、中間? 独身者だったらまあけっこういい生活できるだろうレベル」だそうだが、何が優雅なのかは人によるよねえ、やっぱり。

 

一方「ウソでしょ?」とか言う女の子たちの大半は、それこそ以前はエンタテイナー(=ホステス)として日本に出稼ぎに来ていたことがあるが、それも今はできなくなって生活に困窮している子、あるいはじゃぱゆき経験はなくとも仕事や収入がほとんど常になくてやはり生活に困っている子たち、だ。

 

自分が好きになれないのは、確かにあちらでは仕事を得るためには熾烈な競争もあるだろうけれども、彼女たちが他人(特に我々外国人)に言うほど仕事がほんとにないわけではなく、多くの場合彼女らが怠け者だったりあれはいやだそれはできない、そんな安い給料なんかで働きたくないとかいう我侭から無職状態を続けていること。

 

例えば知る元エンタテイナーだったある子は、マニラ某所で毎朝早くから野菜を売って家族を助け自分の生活もしているし、別な子は同じく元エンタテイナーで以前は日本に来ていた子だが、今は某所のコーヒースタンドでウェイトレスと掃除婦をしている。

 

そんな子らもいるけどねえ、そういう子たちも知ってるけどねえと「仕事ない仕事ない」ばかり言う子たちに話すと、「just lucky sila(彼女たちはラッキー)」とか言う。がんばってる子達のことはただ「ラッキーなんだよ」と言い、自分たちは「ラッキーでもない、カワイそうでしょ、アタシ」と。

 

んで、彼女らが精を出すのは、「自分をこの国の過酷な生活から引っ張りだしてくれそうな外国人男性を見つけて捕まえる」ことなわけだ。ま、カラスの勝手でしょ、ではある。

 

いつものように話がズレたが、Google Translate、単語レベルではまま使えるので必要な方はお試しあれ。

clive 0.4.14

2008.05.27

category : コンピュータ

tags : Google Linux Kubuntu Ubuntu clive YouTube Guba Metacafe Dailymoton flash

comment(0) trackback(0)

cliveについて書いたと思ったら、今チェックすると新バージョンがリリースされていた。

今回のバージョンアップでは、

・サポート動画サイトにsevenloadを追加
・ブログなどに埋め込まれた動画をスキャンしてダウンロードできるものにGoogle Videoを追加
・Python 2.4との互換性向上
Google Videoで低画質動画の場合ダウンロードを失敗することがあったのを修正
MetacafeGubaで高画質動画のファイル名拡張子がおかしかったのを修正
・その他コードクリーンナップ

などがなされている。

ちなみにcliveはインストール後、

$ clive -u

または

$ clive --check-update

とすることで、インストールしてあるものより新しいバージョンがあるかどうかチェックすることができる。新しいバージョンがある場合、ソースをダウンロードするか?と聞いてくる(デフォルトはNo)のでY(Yes)と答えればソースをダウンロード。その後前と同じ要領で解凍してビルド/インストすればよい。

clive - 動画をバッチダウンロード

2008.05.26

category : コンピュータ

tags : Linux Ubuntu Kubuntu clive CLI YouTube Dailymotion Google Metacafe GUBA

comment(0) trackback(0)


clive --version


YouTubeなどでは比較的新しい動画はflashより画質の高いmp4形式で見ることもできる。オンラインでそのまま動画を観るのもよし、そしてモノによってはローカルのハードディスクに保存して後々も簡単に観たいという場合もあるだろう。いや、モノや人によっては。

Firefoxその他ではそうした欲求に応える各種動画ダウンロード拡張などがいくつもあるけれど、最近自分はこの用途にcliveというものを利用している。頻繁にそうしたオンライン動画サイトから動画をダウンロードする人にはお勧め。

cliveはCLI、つまり端末上で操作して動かすプログラムだが、インストールも操作も簡単。現在サポートされている動画サイトは以下。しかしサイト自体がダウンロードをサポートしていないところでリクエストがあれば増えるかも、とのこと。

YouTube
Google Video
Metacafe
Dailymotion
GUBA


まずは以下のリンクからcliveのソースをダウンロード。

clive公式サイト

freshmeat.net内のcliveプロジェクトページからもダウンロードでき、こちらではDebianパッケージへのリンクもあるが、debパッケージは最新版からは常にちょっとだけ古い。まあこうしたタイムラグは致し方ない。cliveのビルドとインストは簡単なので、ソースからがお勧め。


ソースのtarballをダウンロードした場合はもちろん解凍、そして解凍したディレクトリで ./configure; sudo make install するだけ。

はじめて起動するときは

$ clive -w

もしくは

$ clive --write-conf

としてホームディレクトリ下の ~/.clive に設定ファイルを書き込む。起動時に設定を指定しない場合のデフォルト設定はこのファイルに書かれているので、テキストエディタでこれを編集する。普通に使うならその必要もないかも。

ちなみに clive では YouTube や DailyMotion などへの「ログイン」もできるが、その場合はコマンドラインでユーザ名とパスワードを指定してもよし、あるいは設定ファイル内にそれらをあらかじめ記述しておいてもOK。ログインしないと閲覧できないような動画もこれで clive でもゲットできる。

YouTube、DailyMotion、Google Videoなどではデフォルトでより高画質の mp4 形式を自動的にダウンロードするようになっており、低画質の flash/flv しかない場合はこれまた自動的にそれを取得するという仕様。

なお、ダウンロード完了後に指定した動画プレーヤですぐ再生させたり、ffmpeg を使って取得後にトランスコードしたり、あるいはトランスコード後に再生、といったこともできる。そういえば ffmpeg は Ubuntu/Kubuntu 用パッケージ版ではできないことがあるらしく、別個に ffmpeg は取得してインストールしたほうがいいらしい。


ダウンロードする動画の指定はその URL で行うが、コマンドラインの引数としてその URL を指定、が通常のやり方。しかしこれでは別にシェルスクリプトなどを書かない限り、一度のひとつの動画のダウンロードしかできない。複数動画を一度にダウンロードするなら、URL を一行に一つずつ記したテキストファイルを用意し、clive 起動時にコマンドラインで以下のようにする。

$ cat url.lst | clive

clive - url.lst



ここで url.lst はその URL を記述したテキストファイル。こうすることで複数動画を一度のダウンロードすることができる。

clive - running


また clive は RSS をトレースしてその中から動画の URL を検知することもできたり、ブログなどに動画が張り付けてある場合それをスキャンしてダウンロードしたりもできる。

ただしこうした「おまけ」的機能はまだ対応できている動画サイトが少なく、やはり YouTube が最初にサポートされるらしい。

ローカルにダウンロード・保存したい動画のページでURLをコピー、それを記したメモファイルでも作っておけば、あとはcliveで一気にダウンロード。しかも高画質版があるなら自動でそれをゲット。うん、便利便利。

サイドバーにGoogle News Searchを追加

2007.12.09

category : ブログ

tags : Google Ajax Search Javascript コード Googleコード

comment(0) trackback(0)

Google Code logo


Google codeにあったやつをサイドバーに置いてみた。

キーワードはシンプルに3つだけ、Philippine、Filipino、Filipinaだけ。

しばらく使って問題ないようであればこのままにしよう。

Gmail/IMAP + Thunderbird

2007.11.20

category : コンピュータ

tags : Google Gmail Thunderbird GPG Enigmail IMAP

comment(0) trackback(0)

もう利用している人もたくさんいるんだろうが、最近GoogleのGmailがIMAPをサポートし始めたので、これまでインストールはしてあったもののほとんど使っていなかったThunderbirdを自分もまた使い出した。

Gmailは新しいウェブ・インタフェースもより良くなっていて、早速Better Gmailの対応版をFirefoxに入れたところだったのだが、使ってみるとこのThunderbird + Gmail/IMAPも使い勝手が良いことに気が付いた。

まずIMAPとは関係なしに、Gmailで複数アカウントを利用している自分にとってはFirefoxでいちいちログインし直したりする必要なく(Gmail Managerも使ってはいるんだけど)一つのメールクライアントで問題なく素早く各アカウント中のメールをチェックできてマル。

ついでにFirefox + FireGPGアドオンよりはThunderbird + EnigmailアドオンのほうがGPGで暗号化メールは利用し易い。

てことで、POPアクセスに設定してあったアカウントもすべてIMAPに変更、しばらくはThunderbirdでGmailを利用することにする。

あ、Livedoorのメールは今はもうGmailなわけだけど、まだこれらGoogle AppsのGmailはウェブ版インタフェースも旧版でIMAPもサポートされていない。Gmail Official Blogによればこれらでも同じ変更と対応を準備が出来次第するそうな。

自分はアカウントはあるもののLivedoorのメールはほとんど使ってないんだけどさ。

Better GmailとBetter GReader

2007.07.12

category : コンピュータ

tags : Google Firefox

comment(0) trackback(0)

プライバシーがどうのと言われているけれど、GmailとGoogle Readerなしにはもうやってゆけない。宛先の人間以外誰にも本当に読まれたくないならGPGなりなんなり使えばいいわけだし。ついでに言うとFirefoxなしというのも辛い。

Firefox用エクステンションのBetter Gmailのバージョンがまた上がり、またまた使いやすくなった。そして今回初めて気がついたのが、任意のラベルにショートカットキーで移動できる機能でContactsにも移動できたんだということ。メールアドレス自体を見るためにContactsに行くということはめったにないけれど、住所や電話番号をちょっと確認したいときなどは自分の環境ではconとタイプするだけでContactsに移動してくれる。

そして今回のバージョンアップでおそらく自動的に一緒にインストールされたらしい(おいおい)もうひとつ、Better GReaderエクステンション。RSSリーダにGoogle Reader、メールはGmailという自分にとってはこれも便利で今後のバージョンアップが楽しみ。

テクノラティ・タグ:, , , , ,

FirefoxアドオンでGoogle Reader未読数が合わない件

2007.06.23

category : コンピュータ

tags : Firefox Google Googleリーダー

comment(0) trackback(0)

なーんでだろ。FirefoxのステータスバーでGoogle Readerの未読数を表示するアドオン、Google Reader WatcherもGoogle Reader Notifierも未読数が実際の数と合わない。

Google Readerですべて既読にして未読ゼロにしてみても、どちらのアドオンでも未読数がノン・ゼロになってまう。これではこれらアドオンの価値半減。あ、どちらもって、アクティブにしてるのはどちらか一つだけですが。(それぞれ交互に一つだけアクティブにして試したつーこと)

Google Reader自体には満足できてるので、いっそのことどちらもはずしてしまおうか...


テクノラティ・タグ:, , , ,

Google Reader、快適快適

2007.06.20

category : ネット

tags : Google Googleリーダ

comment(0) trackback(0)

Google Reader


以前は興味がなく、使ったこともなかったRSSリーダ(またはアグリゲータ)。最近はGoogle Readerにすっかりはまってしまっている。あ、Livedoorのやつはちょっとだけ利用していたこともあったが、元々Livedoor嫌い(別に株で損したわけでもないんだけど)なので、RSSリーダで何がいいのかなあとウロウロしていて結局落ち着いたのがGoogle Readerだった。


上の画像はダイレクトにGoogle Readerのページにアクセスしているところだが、普段はGmailの中から利用している。いつものようにGoogleのサービスはすべて英語インタフェースで使っているけれど、もちろん日本語の内容でもまったく問題はない。

ウロウロしていたといってもそれほど多くのリーダサービスやアプリを試してきたわけでもないんだが、他に使っているGoogleの他サービス、Gmail、Google Notebook、Blogger、Google Calendarなどなどと連携が簡単にしかもうまくできるので気に入っている。

で今回は常用ブラウザであるFirefoxのステータスバーにGoogle Readerでの未読数を表示できるアドオンも導入(お前は日本IBMか...)した。下が動作しているの図。


Google Reader Watcher


43という数字とRSSフィードアイコンがあるのがそれで、このアイコンにマウスオーバーすると未読数だけでなく実際のフィード名とそれぞれについて未読記事がいくつあるのかポップアップして確認できる。便利。同じくアイコン上で右クリックすると、このアドオンの設定、未読チェックの即時実行、そしてGoogle Readerのページを開くことができる。便利。

そういえばフィリピンねた系ブログ(by 日本人)の多くは読むのを止めてしまった。他人の夫婦ののろけ話はハナから興味もないし、Pパブ含め夜遊び情報もつまらない、ピナイのエロ写真や動画を中心としたものはもし見たけりゃ無修正のが海外サイトでいくらでもあるし、と。ダイバーさんたちのフィリピンねた記事もあるけど、これは自分がダイビングをしないのでやっぱり興味薄。

日本人でフィリピン料理に挑戦してる人とかのブログがあれば読んでみたいっすね。

とかいって、「お前のブログもつまらんぞ」と言われたら身もふたもないわけですけど。(自爆)



Google Reader
Google Reader Watcher addon for Firefox
 

Old |  to Blog Top
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
privoxy(#1)SQlite(#1)不正(#1)ピアノ(#1)hdd(#1)ケソン(#1)Palawan(#1)墜落(#1)Googleリーダー(#1)Calderon(#4)キーボード(#2)KNOPPIX(#1)反日外国人(#1)iTunes(#1)覚書(#1)マイケル・ジャクソン(#1)ハイジャック(#1)virus(#2)地下河川(#1)add-on(#1)ambrosia(#1)革命(#1)同期(#1)マカティ(#1)TwittyTunes(#1)Jazz(#1)GUBA(#1)日本語入力(#1)日教組(#1)VirtualBox(#2)diigo(#2)imap(#2)EMS(#2)Vista(#7)検索(#2)laing(#1)硫黄島(#3)成田(#1)被差別意識(#1)チェンバース(#1)ssh(#1)日本軍(#1)wikipilipinas(#1)経済危機(#1)モーテル(#1)お悩み相談(#1)バックアップ(#3)DivX(#2)水着(#1)7-zip(#1)おかま(#1)Pilipinas(#1)VIVA(#1)SMART(#1)DivXPro(#1)売春防止法(#1)誕生日(#1)マニラ(#4)クリント・イーストウッド(#1)gmx(#1)stardock(#1)ブックマーク(#1)Dailymoton(#1)WindowsLive(#2)コラソンアキノ(#1)国軍(#1)thumbnails(#1)アキノ(#2)フィリピン(#114)トゥバタハ(#1)twittering-mode.el(#1)reader(#1)日本マニア(#1)カルト(#1)フェリー(#1)冷戦(#1)中国(#1)国籍(#1)console(#1)FON(#1)入管(#1)遠い国からの殺人者(#1)video(#1)韓国人(#2)Switcher(#1)大東亜戦争(#1)トランスフォーマー(#1)SkyDrive(#1)BitTorrent(#1)music(#1)国家(#1)アニート(#1)ミンス(#2)伊原剛志(#1)Killing(#1)Linux(#28)CUEsplitter(#1)google(#3)買い物(#1)洗脳(#1)HeartRails(#1)NAIA(#2)ファラ・フォーセット(#1)ハートに灯をつけて(#1)pinay(#1)AIM(#1)ヴィクトリアコート(#1)ノア(#1)映画(#17)TorButton(#1)LAN(#1)留学生(#1)政治(#2)ABS-CBN(#1)zorpia(#1)DAVID(#1)PAL(#1)IM(#1)ミンダナオ(#4)joke(#1)イフガオ(#1)アドボ(#1)パッキャオ(#1)音楽(#4)laptop(#1)出生届(#1)チャリティ(#1)黒宮ニイナ(#1)スカボロー礁(#1)ミスコン(#1)Windows(#7)サンバレス(#1)インドネシア(#1)婚約者ビザ(#1)KDE(#1)ジャズ(#1)フィリピン映画(#5)geek(#1)光る爪(#1)オーバーステイ(#1)zumodrive(#1)半島情勢(#1)Mendoza(#1)EasyTag(#1)ブログ用アドオン(#1)尖閣諸島(#1)CopyTrans(#1)Twitter(#3)男娼(#1)ノートPC(#2)守秘義務(#1)WiFi(#1)ライトニング(#1)ギネス(#1)国籍問題(#1)yakuake(#1)windows7(#2)正義(#1)zoho(#1)毎日新聞(#1)philippine(#2)フィリピン人との結婚(#1)デビッドハッセルホフ(#1)eBay(#2)sisqo(#1)amarok(#1)BonkEnc(#1)動画サイト(#1)文化(#1)ピグモン(#1)マクド(#1)比陸軍(#1)Yahoo(#2)ダウンロード(#2)プエルトリコ(#1)Adrian(#1)thunderbird(#3)dropbox(#1)JPEPA(#1)渡辺謙(#1)爆弾テロ(#1)dvd-drive(#1)大統領(#1)xoom(#1)イメルダ(#1)FoxyTunes(#2)LiveCD(#1)欺瞞(#1)チキン(#2)AVG(#1)太田靖之(#1)ルータ(#1)独立記念日(#1)iPod(#1)Dolphin(#1)ライステラス(#2)タガログ映画(#3)evernote(#1)GPG(#1)Bayantel(#1)ACPI(#1)パーティ(#1)otaku(#1)anti-virus(#1)コスプレ(#1)バナウェ(#1)電話(#1)テレビ朝日(#1)MySQL(#2)オキアミ(#1)ジェネラルサントス(#1)addon(#3)Santana(#1)書籍(#1)日本人(#2)南北問題(#1)オーストラリア(#1)synctoy(#1)ネットワーク(#1)日本文化批判(#1)スパイウェア(#1)Brillante(#1)YouTube(#16)smtp(#1)Diliman(#1)マカロニサラダ(#1)フィリピンのネット環境(#1)SpecOpsLabs(#1)サムネール(#1)漫画(#2)gmail(#1)猥褻(#1)spyware(#1)firefox(#1)mozilla(#2)閉鎖(#1)ブログテンプレート(#1)共産党(#1)MP3(#1)Globe(#1)ソルソゴン(#1)ホテル(#4)食べ方(#1)売国(#2)TNT(#2)email(#2)マクタン(#1)divx(#1)デスクトップ(#1)Friendster(#3)Manio(#1)プロレス(#1)二宮和也(#1)オーバーヒート(#1)クーデター(#1)スライドショー(#1)バコロッド(#1)Googleコード(#1)真田広之(#1)海外で土地購入(#1)Jamaica(#1)カルデロン(#4)セブ(#1)Manila(#1)埼玉(#1)Avast!(#1)女性(#1)中国語(#1)YahooMessenger(#2)エディタ(#1)friendster(#3)強制退去(#1)ブログ(#4)ヒモパン(#1)avast(#1)ポルノ(#1)snapshots(#1)plugin(#2)howto(#1)Search(#1)multiply(#1)食(#1)旅行者(#1)入国管理局(#1)text(#1)Ringo(#1)ネット(#1)ベニグノアキノ(#1)addons(#1)朝鮮半島(#1)マイクロソフト(#1)買春(#1)bookmark(#2)MediaMonkey(#1)blogging(#1)SP1(#1)shoutcast(#1)中村獅童(#1)lifehacker(#1)コタバト(#1)メール(#1)yahoo(#1)SNS(#7)ソマリア(#1)WindowsLiveWriter(#1)mp3プレーヤ(#1)在日外国人(#1)太平洋戦争(#1)ibuffer(#1)del.icio.us(#1)newsgroups(#1)Winamp(#2)テロ(#1)Javascript(#1)駆落ち(#1)UP(#3)外国人(#1)仕事(#1)笹倉明(#1)ASTI(#1)メモ(#1)stage6(#1)理想論(#1)反日(#1)images2mpg(#1)動画(#2)アマゾン(#1)セシル・テイラー(#1)フィリピン大学(#3)Tor(#1)倒産(#1)戦闘機(#1)ナイナイサイズ(#1)Emacs(#3)マカティビジネスクラブ(#1)Google(#11)steganography(#1)DSL(#1)小説(#1)議員(#1)K1(#1)IMAP(#2)クリスアキノ(#1)第二次世界大戦(#1)バナウエ(#1)CUE(#1)田中邦衛(#1)訃報(#3)pc(#1)サリサリ(#1)FC2(#2)ネット接続(#1)アニメ(#1)ビコール(#2)ジュース(#1)Prism(#1)ミャンマー(#1)openoffice.org(#1)メルギブソン(#1)比空軍(#2)中国産食品問題(#1)不法滞在(#1)パラワン(#2)海軍(#1)nerd(#1)エルミタ(#4)esta(#1)towerrecord(#1)mp4(#1)delicious(#2)gpg(#1)携帯電話(#2)本(#2)辞書(#1)マクドナルド(#1)フィリピン人(#81)棚田(#2)ペニンシュラホテル(#1)日比(#1)タワーレコード(#1)タガログ語(#2)xp(#1)DVD(#2)MoonProject(#1)オンラインストレージ(#1)ffmpeg(#1)WINE(#1)尖閣(#1)COSTCO(#1)列島線(#1)うんざり(#1)flixster(#1)渡比(#8)援交(#1)WWW(#1)深夜(#1)MILF(#2)料理(#3)刑罰(#1)ツナ缶(#1)バゴオン・アラマン(#1)インドネシア人(#1)C-130(#1)空母(#1)サポート(#1)Sisqo(#1)戦争(#3)アロヨ(#3)ポストマン(#1)衣笠幸雄(#1)EPA(#1)支援(#1)ClamWin(#1)マニラ市街戦(#1)緊急呼出し(#1)mp3(#2)援助(#1)マンゴー(#1)OFW(#4)クレーム対応(#1)ノイノイ(#1)バーガー(#1)ネグロス電工(#1)外国人介護士(#2)ドアーズ(#1)Olongapo(#1)Googleリーダ(#1)windroplr(#1)CD(#1)中国人(#1)無料メール(#1)チャット(#8)フィリピン料理(#2)Transformers(#1)Binibining(#1)アナーキズム(#1)ワールドレコード(#1)法務省(#1)Freshmeat(#1)jejemon(#1)ph(#1)不具合(#1)konqueror(#1)tor(#2)ポータルサイト(#1)fences(#1)送金(#1)栗林忠道(#1)米西戦争(#1)privacy(#1)SMS(#1)adware(#1)マルコス(#1)filipino(#1)NORAD(#1).ph(#1)Debian(#1)フリーウェア(#1)利用規約(#1)外国人看護師(#1)dolphin(#1)Amazon(#3)Gmail(#2)殺人事件(#2)ネグロス(#2)フリー・ジャズ(#1)DigiKam(#1)4GB(#1)マリクリス事件(#1)不倫(#1)facebook(#2)東欧(#1)Feedback(#1)2ちゃんねる(#1)スマイル(#1)看護師(#1)Legacy(#1)sns(#1)meadow(#2)旅行(#8)Trailer(#1)万聖節(#1)カウンセラー(#1)米軍(#1)Game(#1)sexy(#3)クワイ川(#1)PNoy(#1)Mindanao(#1)バカセレブ(#1)売春(#1)Tirador(#1)外交(#2)Amarok(#2)アレック・ボールドウィン(#1)キーボード交換(#1)Stage6(#1)民主党(#1)海外出稼ぎ(#4)共有(#1)Pachanga(#1)イゴロット(#1)Ubuntu(#18)リノ・ブロッカ(#1)アメリカ人(#1)chat(#1)Metacafe(#2)フィリピン航空(#1)M.A.X.(#1)無料(#2)サムネイル(#2)ブログ用ツール(#1)コンピュータ(#5)オロンガポ(#1)領土問題(#1)チャット仲間(#1)FHM(#1)Firefox(#12)PAF(#1)Vigan(#1)翻訳(#1)ミスコンテスト(#1)政治家(#2)ユーティリティ(#2)戦史(#3)ネットブック(#1)日記(#16)emacs(#3)コード(#1)ライン(#1)IRC(#1)Unix(#3)snap(#1)Utility(#1)Bayanihan(#1)Thong(#1)trojanhorse(#1)GMA(#1)投稿動画(#1)熱暴走(#1)xmarks(#1)オンラインブックマーク(#1)アンパラヤ(#1)w32codecs(#1)ジンベエザメ(#1)ケソン市(#1)中東(#1)Field(#1)Wiki(#1)riplock(#1)mail(#1)YM(#4)核攻撃(#1)PAGASA(#1)rpc1(#1)tubely(#1)HyperIM(#1)WWII(#1)negros(#1)windows(#4)KDE-Apps(#1)台風(#1)窃盗(#1)フィリピン人妻(#1)カンボジア(#1)比人妻(#1)エビ(#1)海上保安庁(#1)アドウェア(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)スキャンダル(#1)AbuSayyaf(#1)商売(#1)メイリオフォント(#1)Mplayer(#1)SkyDriveExplorer(#1)動画再生(#1)トロピカーナ(#1)FLAC(#2)Jiro(#1)TBS(#2)婉曲表現(#1)CLI(#2)PGMA(#1)SmartBro(#1)海賊(#1)ビガン(#1)規制(#2)Opera(#2)AOR(#1)食文化(#1)Gurvitz(#1)コストコ(#1)flash(#2)湾岸諸国(#1)clive(#3)AOL(#1)違法コピー(#1)mplayer(#2)チンチングチャレス(#1)京都迷宮案内(#1)米国産牛肉(#1)Thunderbird(#2)期間限定(#1)フィリピン空軍(#1)国際結婚(#1)Klipper(#1)プラグイン(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)テレビ(#2)ImageMagick(#1)PV(#1)KDE-Look(#1)曳航ソナー(#1)詐欺(#1)MetaCafe(#1)マルウェア(#1)缶詰(#1)Hotbabe(#1)ネットラジオ(#1)教会(#1)ゴーヤ(#1)東京都(#1)黄岩島(#1)ジョーク(#1)Konqueror(#2)vista(#2)Ultimate(#1)TV(#3)旅(#7)ウイルス(#2)Transmission(#1)ピープルパワー(#1)ブラウザ(#1)TinyURL(#1)ビサヤ(#1)感情論(#1)ピノイロック(#1)vi(#1)ドラマ(#1)危険な年(#1)歴史認識(#1)Kubuntu(#25)公務員(#1)PLDT(#1)Dailymotion(#1)入管法(#1)フィリピンが登場する小説(#1)三沢光晴(#1)regioncode(#1)貧困(#2)クリスマス(#3)外国人問題(#1)楽天主義(#1)世界遺産(#2)米国(#1)WinAmp(#1)wav(#1)あせった時(#1)国家機密(#1)マリリン(#1)価値観(#1)メイド(#1)違法入国(#1)GMX(#1)microsoft(#1)化粧(#1)うるるん滞在記(#1)ドメイン(#1)フランス人(#1)Ajax(#1)Guba(#1)キリングフィールド(#1)tips(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。