Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSへ復帰中

2009.11.02

category : ネット

tags : フィリピン フィリピン人 SNS facebook multiply zorpia flixster friendster tubely

comment(0) trackback(0)

ここの一言プロフィールには「飽き気味」と書いているけど、マニラから帰国してからずっと長い間放置状態だった以前利用していた各種SNSに復帰中。

しかしあまりに長い期間放置していたため、自分のIDを忘れてしまっていてログインできないところばかり。(爆) おまけにそれぞれ登録した際のメールアドレスが別(今はずいぶん減ったがそれでも30ぐらいのアドレスを今でも利用中)なので余計にややこしい。

仕方がないのでいくつかのSNSでは知り合いたちに、ねえ、オレのIDなんだっけ?と聞いた。(汗)

ただし復帰といってももう興味がわかないところもけっこうあって、例えばTubely、Zorpia、myfunbox(だっけ?)、flixsterその他はもーたぶん使わない。MySpaceももういい。

てか、多くのそうしたSNS(中にはほとんどデーティングサイトといってもいいようなところもあるわけだが)でみんながやっているあのコメント、どーも好きになれないのだ。

別にファンシーなグラフィックスとかアニメGIFとか、あるいはBGMがなくたって、気持ちがこもった文章のコメントだったらいーじゃないか、それじゃ満足できないのか、みんなは?と思う。

いくらファンシーだったり素敵な画像なり音楽なりがついているにしても、どれひとつとってもコメントポスト者が自分で描いたり作った音楽なんてのはほとんどなく、オンライン上に腐るほどある無料のサービスからコピペしてきただけのものをコメント欄にポストして楽しいのか、うれしいのか、えらいのけ?(笑)

で、コメントを受ける側もそーゆーのが楽しいのけ? あほちゃうけ?(笑)

中には自分ではできない言語を話す相手には、Google TranslateとかYahoo Translateなんかでコピペしただけで「まったく意味不明」な文章にしてそれを投稿している連中も多く見かけるが、そんなんコメントするほうもされるほうも楽しいんけ? うれしい?

まー最後は他人がどうこう言うことじゃない、カラスの勝手だべ?ということなんだけど。


以前某所で知り合った日本人女性はあるピノイに恋をした。それはそれはよかったですね、だ。
で、彼女はそのピノイ(日本に来てたホストですな)が帰国するときに一緒について行った。彼女には初めての渡比だった。

んで帰国してからそのピノイの家を訪ねたときの話とかを、ふんふん、あーそう、へえ、とか聞いていた。しばらくするとそのピノイから彼女に手紙(英語)がきた。

そして彼女はオレに日本語にしてくれないか、と頼んできた。

え、あのさ、あなたその彼からの手紙読めないの? じゃ彼が日本にいるときは日本語でだけで話してたわけ? 彼の実家を訪ねに渡比したときはどうやって会話してたの?

黙る彼女。まーろくな会話なんてできてないんだろうな、と思った。

それにさ、あなた、辞書でもなんでも使って、自分で読もうとする理解しようと一度は努力してみたんですか、と。してないわけだね、これが、一切。ただオレが翻訳業(でもある)ことを知っているから安易に「あいつに頼めばいいや」とか思ったわけだ。

あなた、彼と結婚したいって言ってたよね。結婚後もあなた誰かに彼とのやりとりの翻訳だか通訳頼むつもりなの?

ま、いいさ、一度だけ、今回だけだよとそのピノイからの手紙を送らせてみて読んでみると、なんてこたあない、ただのラブレターで中身らしいものはほとんどない。ただただ甘い言葉の羅列であって、中身らしいといえるのはお金で困ってるということだけ。(爆笑)

好きだってさ、愛してるだってさ、会いたい、恋しいだってよ。結婚したいダウ。(笑) あとお金送ってくれないかだってよ。以上。(笑)

あともう分かってくれたと思うけど、オレは翻訳もしてるけど恋文横丁のラブレター翻訳屋じゃないんで。そこんとこよろしく。

その後彼女からの連絡は途絶えた。(笑)
スポンサーサイト

Pマニアな方にお薦めの無料メール

2008.11.10

category : ネット

tags : フィリピン 無料メール .ph ドメイン

comment(0) trackback(0)

フィリピン人はともかく、日本人でPマニアな方へお薦めの無料メールサービスをご紹介。

なぜお薦めかというと、そのサービスでは例えば

xxx@xxx.ph



などのような、つまり.phドメインのアドレスが取得できるから。

海外のサービスだが、日本語使用は問題ない。おまけにウェブメール以外にもThunderbirdやOutlookその他メールソフトでの利用(送受信とも可)、IMAPサポート、デフォルトのメールアドレス以外に9コまでアドレスを取得して利用でき、かつ1GBまでのファイル保存機能もあり。

今や容量だけでいえばGmailもかなり多いし米国Yahoo!などは無制限に保存ができるようになっているが、ここは5GB。まあ、普通に使う人には充分でしょう。かつ、ここはファイル添付は50MBまで可能。(ただしGmail、Yahoo! Emailその他はそんなにでかい添付ファイルは受信できないので、お互いがここを使っていることがほとんど条件)

で、そのサービスはどこかというと、日本でも昔から知っている人は知っている、

GMX
http://www.gmx.com/

というところ。確か昔ここは転送オンリーのサービスだったような気がするが、今はちょー便利なサービスに。

例えばここで一度登録すると、

aaa@gmx.ph
bbb@gmx.us
ccc@gmx.com
mahalko143@gmx.ph



などなど10コまでのアドレスが利用できる。「一つのIDの登録」で取得できるこれら複数のアドレスの「メールボックス」自体はひとつの5GBのものであるので、複数アドレスを一元管理できるし相手や用途によってアドレスを使い分けることができる。

もっとアドレスが欲しい人は、再度別にgmxでIDを登録すればそのID毎にまた10コまでのアドレスを取得できる。

ちなみにYahoo!でもフィリピンYahoo!サイトがあってそこで登録すると

xxxx@yahoo.com.ph



なんてアドレスが取得できる。

ま、興味がない人には「それがどーした」な話ですが、一応ご紹介まで。


Ringo逝く……

2008.06.15

category : ネット

tags : フィリピン人 Ringo SNS Friendster

comment(0) trackback(0)

RingoというのはFriendsterその他と同じようなSNSサービスのひとつ。これもFriendsterなどとこれまた同じく知り合いのフィリピン人たちから散々「おいでおいで」メール(実はSNSサービス側から自動的に送られているのだが)が来たのでなかば「うるせーなーもう」的にアカウント作成した。

アカウントを作ったものの、既に連中から誘われて登録済みの同様のSNSがいくつもあったので、得意の放置プレイのままだった。

そして今回、タイトルはちょっと正確ではないのだが、今月いっぱいでそのRingoがサービス終了するとのこと。どうやら買収した親会社が「こんな儲からないものはやめるべ」とか言ったらしい。言ったらしいも正確ではなくて、「幽霊メンバー」でしかない自分のところにもRingoからサービス終了のお知らせと理由が書かれたメールがきたのだった。

Friendster、Multiplyなど日本語インタフェースを用意しているサービスは日本人ユーザが増加中だが、それがまだない(今後提供されるかどうかも不明)Taggedもhi5あたりとの比較では「フィリピン人率」が高く、それに比例して(ほんとかい)日本人ユーザも増えてきた。

ところでFriendsterその他、大半のユーザは無料サービスしか利用していない。(と思う) だとすると、こうしたサービス提供社は広告収入にほとんど依存しているのだと思うが、そうした中のひとつで特に「フィリピン人比率が高い」Friendster(ここばっかでごめん)はマニラにブランチをオープン、マーケティングスタッフを現地(フィリピン)で募集したんだそうだ。

広告というのは効果があることが実証できないと継続出稿する広告主なんていないと思うのだが。確かにFriendsterは書いたようにフィリピン人比率が高いので、広告を出稿すればそれを目にする者も少なくないだろう。しかし効果(=広告を見てサービスなり商品を購入利用する顧客ないし潜在顧客になる者がそれなりにいる)があるのだろうかねえ。

確かに日本ではYahoo!オークションに負けて撤退したeBayはフィリピンにも進出、そのeBay.phはけっこうな賑わいを見せているらしい。フィリピン現地の知り合いの話を聞くと、連中やその友人たちの中(いや、大半)には、今まで利用経験がないオンラインショッピングに半ば興奮気味だったりもするし、さらには元々買い物好き、見栄張り、分不相応な贅沢が好きな連中なのでハマる奴らも少なくないそうだ。

するとオンライン広告というのもアクセスが多いそうしたサイトには出稿する価値と意味が本当にあるかもしれないな、と。最近比国でもクレジットカードやデビットカード保有者も増えてきているので、オンラインで宣伝したり販売するのは今いい時期なのかもしれない。現金商売のはずが実際は掛売り、しかもその売掛が回収できないなんてことが多そうなのと比べれば、カード支払いのみなら取りっぱぐれもないだろうし。(笑)

DivXのStage6閉鎖へ

2008.02.26

category : ネット

tags : 閉鎖 DivX Stage6 ネット 動画

comment(0) trackback(0)

久しぶりにDivXのStage6にアクセスしてみたら、今月一杯で閉鎖する旨アナウンスがなされていた。まだ10時間ちょっと前にポストされたらしい。

アナウンスはもちろん英語で書かれているが、閉鎖の理由を要約すると資金ショート(DivX社自体がということではないだろうが)、ということのようだ。

惜しい。個人的には良質のビデオが多数アップされているStage6はYouTubeその他よりはるかに好きだった。

こうした閉鎖の常で、2月28日以降URLは存在し続ける(当分は、だろう)が中身というかStage6のサービスは消滅する。ただこうした方向は昨年7月から既に検討されていたとかなので、もう少し閉鎖まで余裕を取るかたちでアナウンスできなかったのだろうか、とは思う。

なお、このアナウンスには自分が見た時点で既に7,000以上のコメントがついている。

とにかく残念。

Watcher → Notifier

2007.06.23

category : ネット

tags : firefox addons google reader

comment(0) trackback(0)

Google Reader未読チェック用のFirefox拡張、Google Reader WatcherをGoogle Reader Notifierに変更。下のようにステータスバー上での見た目もさして変わらず。動作、できることも同じくさほど違いはなし。


Google Reader Notifier



んじゃ、なぜ変えたか。気分です、気分。


某アドオンの日本語ロケール作ります!と手を上げたはいいが、まだ手を付けていない。(笑) 自分で要らないもんに手を出すのはやっぱりダメかも。


テクラノティ・タグ:, , , ,

Google Reader、快適快適

2007.06.20

category : ネット

tags : Google Googleリーダ

comment(0) trackback(0)

Google Reader


以前は興味がなく、使ったこともなかったRSSリーダ(またはアグリゲータ)。最近はGoogle Readerにすっかりはまってしまっている。あ、Livedoorのやつはちょっとだけ利用していたこともあったが、元々Livedoor嫌い(別に株で損したわけでもないんだけど)なので、RSSリーダで何がいいのかなあとウロウロしていて結局落ち着いたのがGoogle Readerだった。


上の画像はダイレクトにGoogle Readerのページにアクセスしているところだが、普段はGmailの中から利用している。いつものようにGoogleのサービスはすべて英語インタフェースで使っているけれど、もちろん日本語の内容でもまったく問題はない。

ウロウロしていたといってもそれほど多くのリーダサービスやアプリを試してきたわけでもないんだが、他に使っているGoogleの他サービス、Gmail、Google Notebook、Blogger、Google Calendarなどなどと連携が簡単にしかもうまくできるので気に入っている。

で今回は常用ブラウザであるFirefoxのステータスバーにGoogle Readerでの未読数を表示できるアドオンも導入(お前は日本IBMか...)した。下が動作しているの図。


Google Reader Watcher


43という数字とRSSフィードアイコンがあるのがそれで、このアイコンにマウスオーバーすると未読数だけでなく実際のフィード名とそれぞれについて未読記事がいくつあるのかポップアップして確認できる。便利。同じくアイコン上で右クリックすると、このアドオンの設定、未読チェックの即時実行、そしてGoogle Readerのページを開くことができる。便利。

そういえばフィリピンねた系ブログ(by 日本人)の多くは読むのを止めてしまった。他人の夫婦ののろけ話はハナから興味もないし、Pパブ含め夜遊び情報もつまらない、ピナイのエロ写真や動画を中心としたものはもし見たけりゃ無修正のが海外サイトでいくらでもあるし、と。ダイバーさんたちのフィリピンねた記事もあるけど、これは自分がダイビングをしないのでやっぱり興味薄。

日本人でフィリピン料理に挑戦してる人とかのブログがあれば読んでみたいっすね。

とかいって、「お前のブログもつまらんぞ」と言われたら身もふたもないわけですけど。(自爆)



Google Reader
Google Reader Watcher addon for Firefox
 

ネット上にあるmp3/wavファイルの検索

2007.06.19

category : ネット

tags : 音楽 mp3 wav 検索 利用規約

comment(0) trackback(0)

SkreemR


と言ってもBitTorrentとかWinnyなどで、ではなく... ネット上にあるmp3やwavファイルを検索するサイトがあったので試してみた。

SkreemR(スクリーマと読ませたいらしい)というサービスがそれで、通常のホームページなどのサイトのほか、ブログなどに貼り付けてあるmp3なども検索でき、検索結果ページに表示されたものはそこから直接再生もできるし、表示されているリンクを「右クリックして」ローカルのPCにダウンロードして保存することもできる。このブログ貼り付けのmp3検索も可能だということがキモだと思うのだが、なぜかというと日本以外ほとんどの国(と、そこの人間)は、自分のブログに自身で購入したものであろうとなかろうと、CDなどからリップしたmp3を貼ることにまったく躊躇しない。つまりたくさんのmp3ファイルが世界中のブログで見つかる。

日本では摘発、逮捕例があるだけに、ブログやHPに著作権がある音源のmp3を貼る輩は(今は)限りなくゼロに近いと思うけれど、日本語ブログにもこのサービスからのクローラーがやってくるものかどうか、試してみたい気もしたりする。でも、もちろんやらない。あ、無音とか自分で録音した自身が著作権者であるものなら実験はできるなあ。

まだ始まって間もないサービスのようで、「我々はいかなるファイルもホストしていない、ただ検索サービスを提供するだけ」であって完全に合法と謳っている。この文言が成立するのかどうかは、このサービスあるいはそれと提供者に対する訴訟が起こり判決がでるまではっきりはしない。

米国系ブログサービス提供会社など(日本の企業でも同じだろうけど)のUAP(利用者規約)などには大体同じことが書いてあり、「利用者が当社のサーバにアップロードしたファイルについて当社はいかなる責任も負わないものとする」などと必ずある。つまり責任逃れの言い訳を最初から用意しているわけだ。正しいかどうかは別にして、最近あった画像関係にまつわる裁判所の判決などからして、もちろんこれは日本では通用しないだろう。が、米国系といっても日本法人をおいてサービス提供しているところなどもこうしたUAPになっているところがあったりする。(どことは言わないが) 「常識内の範囲でやってね」ということを言っている会社もある。なんだ、その常識って。ま、これもいざというときは「そのウチの利用者さんの考えていたのが世間一般の常識から外れていたとはウチとしては関知できませんでしたからあ」という言い訳に使うんだろう。


Googleが今のように台頭してくる以前、確かAltavistaが似たようなサービスを提供していたような気もするし、ftpsearchなんてのもあったよね、昔は。(今もあるかも) 実際Googleで検索の仕方を工夫すれば、このサービスと同じか更に多数の検索結果が得られるんだろう。しかしこのサービスはmp3とwavファイルに特化した検索なので、検索結果それぞれにはbitrateやらduration(何分何秒とかの長さ)なども表示されるので、ただmp3ファイルなどがあるかどうかだけしか分からないGoogleその他よりはやはりその点では優れていそうだ。


このSkreemRでは試しに自分も(何人かのアーティストの)何曲かを検索してみたけれど、残念ながら1ファイルもヒットしなかった。特に探していたのは日本でもオリジナル盤が出たアメリカでも廃盤になっている某アーティストのCD収録曲で、オークションでは万単位の価格がついているもの。昔自身で購入し持っていたCDなんだけれど、友人に貸したら最後、結局そのCDが返却されることはなかった。やっぱり他人に貸すもんじゃないなあ、と。

だもんで見つかるまで何度か検索してみるとです、私は。え? もし見つかったらDLするかって? それはここでは言えませんよ。(爆)


SkreemR - World's Greatest Audio Search
 

Twitter、流行ってるのはなぜなんだろね

2007.06.15

category : ネット

tags : SNS ブログ Twitter Firefox TwittyTunes FoxyTunes

comment(0) trackback(0)

最近話題の(本当っすか...)Twitter。自分も使ってみたです。例によってTwitter上でのオトモダチもすべてフィリピン人だったりするですが。がははははははは。


続きはこちら >>

結構便利なLivedoor Reader

2006.07.18

category : ネット

comment(0) trackback(0)

らいぶどありいだあ



携帯電話から利用できるRSSリーダはこれまではてなRSSを使っていた。

PCからはあちこちに浮気していて、Bloglinesなんかはいいね、などと思っていたのに何故か利用できるはずの携帯版にまったくログインできなかった。

そんなところにLivedoor Readerが登場。Bloglinesにあきたらない開発者が作ったんだそうな。

移動中でも気になるウェブサイトやらブログをチェックできて便利便利。

あ、でも、と気が付いたのは………



続きはこちら >>

PinoyCentral

2006.06.21

category : ネット

comment(1) trackback(0)






PinoyCentralというサイトがある。

実はここはABS-CBNがホストしているんだが、メインはIRCというチャットシステムのサーバーをABS-CBNが立てていることだ。

IRCは最低1つのサーバー(複数のサーバー同士が接続されていることもある)に、チャットをするユーザがPCなどのIRCクライアント・ソフトで接続、そのサーバーないしIRCネットワークに接続しているユーザ同士でチャットが楽しめるというもの。

PinoyCentralはABS-CBNがホストしているだけあって、ユーザの99%はフィリピン人とフィリピン系の人間。ここでいうフィリピン系というのはP中日本人とかではなくて人種的にはフィリピンだが国籍はアメリカとかカナダ、などという人たち。

通常IRCサーバー/ネットワークにはチャンネルと呼ばれるチャットルームが複数あり、チャンネル毎にテーマなどが決まっていてそこに同好の人間が集まる。PinoyCentralに限らないが、フィリピン人が多いIRCではmanila、cebuなど出身地居住地などのチャンネルや、tambayan、bahaykubo、30+pinoyなどなど、その他チャンネル運営者が独自に命名した名前を持つ。

会話はフィリピン人同士だとタガログから各方言とタガログ以外の言語、そして英語で行われているが、若いフィリピン人連中にはアニメをはじめとした日本文化に興味津々なユーザたちだと簡単な日本語を解する者たちもいる。

PinoyCentral IRCではどちらかというと「大人」のユーザが多く、まじめな話もちゃんとできる。ジャパユキ、元ジャパユキだけのフィリピーナ・エロチャットとはわけが違う。

語学力に自信がある方はお試しあれ。

ただし日本人ということで戦争時代のことで急に責めてくるやつ、何も言わないけど日本人を忌み嫌う者、「日本人? 女目当てだろ?」と思う者などなど、良く思われないことも多々あるので注意されたし。





PinoyCentral IRC
irc://chat.abs-cbn.com:6667

ABS-CBN
http://www.abs-cbn.com/index.aspx





続きはこちら >>
Old |  to Blog Top
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
laptop(#1)列島線(#1)tor(#2)動画(#2)反日(#1)渡辺謙(#1)ポストマン(#1)Javascript(#1)howto(#1)国籍(#1)ハイジャック(#1)stardock(#1)diigo(#2)Linux(#28)法務省(#1)栗林忠道(#1)WWII(#1)M.A.X.(#1)クリント・イーストウッド(#1)mp4(#1)不正(#1)クーデター(#1)ミンス(#2)旅(#7)ゴーヤ(#1)チャット仲間(#1)東欧(#1)バナウェ(#1)ドラマ(#1)windows7(#2)HeartRails(#1)virus(#2)Mendoza(#1)仕事(#1)東京都(#1)BonkEnc(#1)カンボジア(#1)太田靖之(#1)共有(#1)台風(#1)マリリン(#1)multiply(#1)Utility(#1)同期(#1)Kubuntu(#25)売国(#2)Tor(#1)yahoo(#1)尖閣諸島(#1)大東亜戦争(#1)Windows(#7)クワイ川(#1)thunderbird(#3)おかま(#1)楽天主義(#1)microsoft(#1)詐欺(#1)うんざり(#1)埼玉(#1)パラワン(#2)お悩み相談(#1)Jamaica(#1)windows(#4)トロピカーナ(#1)訃報(#3)比人妻(#1)w32codecs(#1)ffmpeg(#1)Debian(#1)日本軍(#1)婚約者ビザ(#1)IMAP(#2)mail(#1)ピープルパワー(#1)ナイナイサイズ(#1)マカティビジネスクラブ(#1)video(#1)音楽(#4)外国人(#1)韓国人(#2)ピアノ(#1)バーガー(#1)プエルトリコ(#1)投稿動画(#1)チャット(#8)中国人(#1)ブラウザ(#1)ジュース(#1)firefox(#1)外国人問題(#1)ライトニング(#1)支援(#1)ケソン(#1)Binibining(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)マクタン(#1)ネット(#1)pc(#1)K1(#1)うるるん滞在記(#1)Pachanga(#1)歴史認識(#1)米国産牛肉(#1)Yahoo(#2)KDE-Apps(#1)ヴィクトリアコート(#1)マイケル・ジャクソン(#1)硫黄島(#3)駆落ち(#1)タガログ映画(#3)地下河川(#1)テレビ(#2)Hotbabe(#1)ClamWin(#1)ネットワーク(#1)日本文化批判(#1)Ringo(#1)戦史(#3)フランス人(#1)ビコール(#2)avast(#1)政治(#2)イゴロット(#1)クリスアキノ(#1)不法滞在(#1)mozilla(#2)ギネス(#1)国軍(#1).ph(#1)Winamp(#2)留学生(#1)FON(#1)不倫(#1)tips(#1)朝鮮半島(#1)Amarok(#2)Googleコード(#1)MoonProject(#1)独立記念日(#1)DigiKam(#1)C-130(#1)動画サイト(#1)電話(#1)ジェネラルサントス(#1)WindowsLive(#2)addons(#1)tubely(#1)小説(#1)女性(#1)towerrecord(#1)曳航ソナー(#1)plugin(#2)フィリピン空軍(#1)CLI(#2)PAGASA(#1)HyperIM(#1)日本人(#2)書籍(#1)console(#1)買い物(#1)blogging(#1)Manio(#1)中国(#1)出生届(#1)Gurvitz(#1)ワールドレコード(#1)日本語入力(#1)email(#2)ファラ・フォーセット(#1)Opera(#2)ヒモパン(#1)商売(#1)bookmark(#2)スカボロー礁(#1)デスクトップ(#1)男娼(#1)SMART(#1)MySQL(#2)7-zip(#1)太平洋戦争(#1)stage6(#1)公務員(#1)divx(#1)マクドナルド(#1)日本マニア(#1)マニラ(#4)SpecOpsLabs(#1)国籍問題(#1)コード(#1)窃盗(#1)music(#1)ネグロス電工(#1)マリクリス事件(#1)辞書(#1)Feedback(#1)nerd(#1)ssh(#1)入管法(#1)アニメ(#1)アレック・ボールドウィン(#1)共産党(#1)addon(#3)動画再生(#1)mplayer(#2)privacy(#1)万聖節(#1)EasyTag(#1)倒産(#1)アメリカ人(#1)Klipper(#1)タワーレコード(#1)synctoy(#1)モーテル(#1)NORAD(#1)殺人事件(#2)尖閣(#1)光る爪(#1)YouTube(#16)Avast!(#1)ベニグノアキノ(#1)緊急呼出し(#1)Field(#1)zorpia(#1)フィリピンが登場する小説(#1)スライドショー(#1)NAIA(#2)中村獅童(#1)anti-virus(#1)Jiro(#1)Dolphin(#1)chat(#1)ブログ用ツール(#1)Vista(#7)FoxyTunes(#2)iTunes(#1)dropbox(#1)shoutcast(#1)クリスマス(#3)Bayanihan(#1)バナウエ(#1)Google(#11)Pilipinas(#1)プロレス(#1)メルギブソン(#1)ブログテンプレート(#1)google(#3)ミンダナオ(#4)Jazz(#1)マルウェア(#1)MP3(#1)あせった時(#1)TorButton(#1)SmartBro(#1)南北問題(#1)GMA(#1)規制(#2)革命(#1)adware(#1)マイクロソフト(#1)誕生日(#1)閉鎖(#1)wikipilipinas(#1)AOR(#1)ペニンシュラホテル(#1)Transformers(#1)感情論(#1)AOL(#1)パッキャオ(#1)黄岩島(#1)PNoy(#1)水着(#1)EMS(#2)テロ(#1)送金(#1)yakuake(#1)Brillante(#1)zoho(#1)gpg(#1)危険な年(#1)ネグロス(#2)スキャンダル(#1)バックアップ(#3)wav(#1)チャリティ(#1)中国産食品問題(#1)facebook(#2)ビサヤ(#1)期間限定(#1)クレーム対応(#1)トランスフォーマー(#1)Search(#1)ウイルス(#2)Googleリーダー(#1)xmarks(#1)esta(#1)政治家(#2)反日外国人(#1)Konqueror(#2)IRC(#1)利用規約(#1)WindowsLiveWriter(#1)コストコ(#1)images2mpg(#1)privoxy(#1)コンピュータ(#5)regioncode(#1)SkyDriveExplorer(#1)ユーティリティ(#2)Santana(#1)マカロニサラダ(#1)Switcher(#1)食べ方(#1)インドネシア人(#1)COSTCO(#1)欺瞞(#1)バゴオン・アラマン(#1)真田広之(#1)jejemon(#1)ドメイン(#1)ミスコン(#1)negros(#1)FLAC(#2)ライン(#1)Game(#1)メイド(#1)チェンバース(#1)dvd-drive(#1)イメルダ(#1)ブログ(#4)sns(#1)TinyURL(#1)PGMA(#1)棚田(#2)無料メール(#1)フィリピン人(#81)SMS(#1)WWW(#1)不具合(#1)KDE(#1)比陸軍(#1)MediaMonkey(#1)カウンセラー(#1)ABS-CBN(#1)米西戦争(#1)AVG(#1)日教組(#1)ネットラジオ(#1)リノ・ブロッカ(#1)ハートに灯をつけて(#1)援助(#1)lifehacker(#1)ドアーズ(#1)刑罰(#1)ライステラス(#2)ダウンロード(#2)プラグイン(#1)Sisqo(#1)KDE-Look(#1)ジョーク(#1)イフガオ(#1)コラソンアキノ(#1)アナーキズム(#1)理想論(#1)缶詰(#1)WinAmp(#1)外交(#2)正義(#1)ルータ(#1)hdd(#1)ノートPC(#2)Mindanao(#1)国際結婚(#1)チキン(#2)遠い国からの殺人者(#1)フリー・ジャズ(#1)フィリピン(#114)Thunderbird(#2)newsgroups(#1)joke(#1)エビ(#1)フィリピン人との結婚(#1)Bayantel(#1)Tirador(#1)民主党(#1)Globe(#1)マルコス(#1)ポルノ(#1)laing(#1)本(#2)PLDT(#1)ピノイロック(#1)Stage6(#1)FC2(#2)セブ(#1)openoffice.org(#1)smtp(#1)DSL(#1)アニート(#1)text(#1)otaku(#1)rpc1(#1)買春(#1)ビガン(#1)違法入国(#1)add-on(#1)DVD(#2)国家機密(#1)Gmail(#2)Dailymotion(#1)Wiki(#1)米国(#1)戦闘機(#1)Ubuntu(#18)日記(#16)FHM(#1)映画(#17)熱暴走(#1)ミスコンテスト(#1)メール(#1)フェリー(#1)無料(#2)Calderon(#4)mp3(#2)オキアミ(#1)カルト(#1)サムネール(#1)チンチングチャレス(#1)Firefox(#12)riplock(#1)Amazon(#3)価値観(#1)Unix(#3)geek(#1)ブログ用アドオン(#1)デビッドハッセルホフ(#1)漫画(#2)CUEsplitter(#1)gmail(#1)入管(#1)ソマリア(#1)Mplayer(#1)TNT(#2)婉曲表現(#1)LiveCD(#1)YahooMessenger(#2)アキノ(#2)DivXPro(#1)エルミタ(#4)マニラ市街戦(#1)キーボード(#2)キリングフィールド(#1)AIM(#1)CopyTrans(#1)ImageMagick(#1)アドウェア(#1)spyware(#1)ケソン市(#1)フィリピンのネット環境(#1)Twitter(#3)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)入国管理局(#1)売春(#1)Olongapo(#1)amarok(#1)アロヨ(#3)バカセレブ(#1)文化(#1)konqueror(#1)ambrosia(#1)Transmission(#1)windroplr(#1)Trailer(#1)大統領(#1)reader(#1)Vigan(#1)VIVA(#1)SP1(#1)テレビ朝日(#1)VirtualBox(#2)LAN(#1)マクド(#1)伊原剛志(#1)twittering-mode.el(#1)半島情勢(#1)旅行(#8)サポート(#1)スパイウェア(#1)2ちゃんねる(#1)アドボ(#1)Manila(#1)京都迷宮案内(#1)ジャズ(#1)friendster(#3)TV(#3)オーバーヒート(#1)教会(#1)笹倉明(#1)snap(#1)空母(#1)海外出稼ぎ(#4)領土問題(#1)Adrian(#1)Friendster(#3)外国人介護士(#2)ネット接続(#1)フィリピン人妻(#1)外国人看護師(#1)Prism(#1)CUE(#1)覚書(#1)dolphin(#1)meadow(#2)貧困(#2)AbuSayyaf(#1)TwittyTunes(#1)携帯電話(#2)Metacafe(#2)iPod(#1)fences(#1)フィリピン料理(#2)成田(#1)ジンベエザメ(#1)マカティ(#1)フィリピン大学(#3)猥褻(#1)洗脳(#1)フィリピン航空(#1)パーティ(#1)WINE(#1)trojanhorse(#1)三沢光晴(#1)海軍(#1)TBS(#2)ソルソゴン(#1)ノイノイ(#1)黒宮ニイナ(#1)ピグモン(#1)スマイル(#1)xp(#1)オーバーステイ(#1)MetaCafe(#1)YM(#4)Emacs(#3)カルデロン(#4)比空軍(#2)在日外国人(#1)ACPI(#1)imap(#2)UP(#3)渡比(#8)メモ(#1)sisqo(#1)オーストラリア(#1)4GB(#1)エディタ(#1)墜落(#1)ASTI(#1)海外で土地購入(#1)化粧(#1)delicious(#2)国家(#1)中東(#1)DAVID(#1)守秘義務(#1)GUBA(#1)SQlite(#1)田中邦衛(#1)バコロッド(#1)CD(#1)サムネイル(#2)被差別意識(#1)翻訳(#1)OFW(#4)ミャンマー(#1)snapshots(#1)フィリピン映画(#5)KNOPPIX(#1)タガログ語(#2)del.icio.us(#1)ノア(#1)旅行者(#1)二宮和也(#1)アマゾン(#1)BitTorrent(#1)アンパラヤ(#1)深夜(#1)メイリオフォント(#1)コスプレ(#1)違法コピー(#1)日比(#1)戦争(#3)米軍(#1)売春防止法(#1)中国語(#1)オロンガポ(#1)eBay(#2)爆弾テロ(#1)議員(#1)検索(#2)コタバト(#1)ホテル(#4)インドネシア(#1)毎日新聞(#1)flixster(#1)援交(#1)第二次世界大戦(#1)湾岸諸国(#1)料理(#3)海上保安庁(#1)ブックマーク(#1)世界遺産(#2)Googleリーダ(#1)Ajax(#1)Thong(#1)Legacy(#1)vi(#1)食(#1)強制退去(#1)食文化(#1)SNS(#7)clive(#3)filipino(#1)thumbnails(#1)オンラインストレージ(#1)看護師(#1)ibuffer(#1)海賊(#1)冷戦(#1)ネットブック(#1)JPEPA(#1)ph(#1)evernote(#1)PAF(#1)GMX(#1)GPG(#1)マンゴー(#1)ツナ缶(#1)DivX(#2)pinay(#1)MILF(#2)SkyDrive(#1)philippine(#2)Diliman(#1)IM(#1)sexy(#3)Ultimate(#1)キーボード交換(#1)Palawan(#1)xoom(#1)トゥバタハ(#1)steganography(#1)Freshmeat(#1)フリーウェア(#1)zumodrive(#1)flash(#2)PV(#1)経済危機(#1)mp3プレーヤ(#1)セシル・テイラー(#1)WiFi(#1)gmx(#1)衣笠幸雄(#1)サンバレス(#1)EPA(#1)ポータルサイト(#1)サリサリ(#1)PAL(#1)核攻撃(#1)emacs(#3)Killing(#1)vista(#2)オンラインブックマーク(#1)Dailymoton(#1)Guba(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。