Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ方

2009.07.28

category : 日記

tags : 食べ方 文化 食文化 日本文化批判

comment(1) trackback(0)

昔イタリア人、フランス人、そしてドイツ人、そして日本人の自分とで話していたときに、フォークで「ライス」を食べるとしたらどう食べるか?という話になった。ちなみに話していた時は違うが全員日本での在住歴があってそこそこの「自称日本通」。

フランス人:フォークの裏側に載せて食べる。それがマナー的に正しい

ドイツ人:これだからフランス人は…… フォークの裏側なんてものを載せるようになってないでしょうに。湾曲して膨らんだ側に載せるということが理にかなってないって思わないのか。

フランス人:いつもドイツ人は理屈ばっかりだな

イタリア人:フランス人の言うことはわかるけど、理屈で言えばやっぱりドイツ人が正解。実際そのほうが食べやすい。じゃパスタを食べるときは?

フランス人:フォークとスプーンを使って食べる

イタリア人:パスタ、特にスパゲティなど長く細いタイプのパスタを食べるときにスプーンを使うのはイタリアでも南部の連中、自分もなんだけど、だけ。ださいし田舎臭い、あるいは子供っぽい、と北部の連中にはバカにされる。

ドイツ人:パスタは…… よくわからん

自分:じゃあラーメン、日本そば、うどんを食べるときに音をたてて食べるべきか、あるいはそれはいけないか?

3人:音をたてて食べるのはやはり子供時代からのしつけもあってやっぱり気持ち悪い。音はたてるべきじゃない。

自分:そーか。お前ら日本通とか言っててもやっぱりまだまだガイジンだな。ふっ。(笑)


<在日中国人のブログ>中国人から見た日本人のラーメンの食べ方

実は中国人と日本人では、ラーメンにちなんだ明らかな風習の違いがある。それは、日本人はラーメンの麺をすする時に、音を立てながら食べるということ。男性ならまだしも、女性もズルズルしながら食べている。中国人の目から見ると、世界2位の経済大国である日本の国民の資質はさほど高くないな、と思えてしまう。何故なら、中国では「汁物を食べる時は音を立ててはいけない」という決まりがあるからであり、音を立てる行為は行儀が悪いとされているからである。


中国で行儀が悪いとされているということはそうなんだろうし認めよう。だが、中国で行儀が悪いとされている行為をする日本の国民の資質はさほど高くない、とはどーゆーことか。中国の常識が世界の常識とでも言うのか。中華思想? ところで公共の場で小便垂れたり唾や痰をぺっぺっと吐きまくったりする行為が多い(らしい)中国の国民の資質も高くはなさそうだ。(笑)

そんなある日、知り合いの日本人にこの話をしたら、その知人は思わず微笑んでいた。理由を聞くと、その知人は在日中国人のラーメンの食べ方を見て、「不思議な食べ方をするな」と思ったことがあるということだった。日本では、レンゲに麺をのせて、フーフーと冷ましてから食べるのが自然で、さらに、麺をズルズルとすすることによって麺の熱を冷ます効果があるから、わざと音を立てて食べるんだ。それは日本の文化だから「郷に入ったら卿に従え」だね、と。その一言に私は目が覚める思いがした。以来、ラーメンを食べる時は、行儀が悪いとは思いながらも私もズルズルさせながら食べるようになった。確かに熱く感じないので食べやすい。


え、レンゲに麺を載せて冷まして食べるのが自然? 知り合いの日本人てどこの日本人? 日本人つっても「TRY娘」みたいな常識もヘッタクレもないガキじゃないのか。おまけに麺をズルズルとすするのも麺を冷ますため? あほか。音をたててすするのはスープを麺と絡めて口に運びたいからでしょーに。

行儀が悪いっていうけれど、食後にゲップをすることが悪くもなんともない文化を持つ国や地域だってある。郷に入れば郷に従えは本当だと思うけれども、「23歳女性/在日5年/メディア関係」だというこのブログの書き手の上から目線には…… しかもメディア関係者なのに? いや、そうか、中国人メディア関係者だからこそ日本に対して上から目線なのね。(苦笑)
スポンサーサイト

VirtualBoxを入れてみた

2009.07.12

category : コンピュータ

tags : Linux Kubuntu VirtualBox M.A.X. MoonProject Game

comment(0) trackback(0)

VirtualBoxがバージョン3.0になったというので今回初めてインストールしてみた。

インストールは普通にapt-get経由で行った(もちろんその前に必要なソースラインを/etc/apt/source.listには追加した)が、最初にインストールした翌日にはバージョン3.0.2がリリース、バージョンアップがあるよという知らせでもちろんアップデート。カーネルもその間アップデートされていて、カーネルバージョンが変わるとVirtualBox用のモジュールもその度にmakeし直さなくていけないとか聞いていたが、VirtualBoxのアップデート作業中にそれも自動的に行われた。

VirtualBoxその他仮想化ソフトについて書かれたブログその他ではよくLinuxホスト上でまたLinux(ディストリビューションは違うにしても)をゲストOSとして動かしているスクリーンショットもよく見るけれど、自分の場合はオキニのDOS/Windowsの古いゲームが動けばなあというだけなので、今回は試しにとダウンロードしておいたPuppyLinux以外はWindowsとDOSをVirtualBox上で動かしてみる。ちなみにDOSはFreeDOSを使用。

PuppyLinuxはなんということもなく普通に動いた。動いたけどこれをわざわざKubuntu上で動かす意味は自分にはない。ということで次のWindows。これも問題なくインストールできたし動いた。

ところがこのWindowsからはネット接続ができない。あれれん。と思ったらホストのKubuntuは無線LAN接続状態で、Windows側からは無線LANアダプタが見えていない。普通の手順でドライバをインストールすればいいのかもしれないが、面倒(最近ルータへは無線LAN接続ばかりでLANケーブルをしまってしまった)なのでとりあえずほおっておく。(笑)

で、Windowsにゲームを。オキニのゲームの一本であるMoon ProjectというのはDirectX 8頃のもので、まだインストールCD-ROMもマニュアルも持っている。インストールは問題無し。起動も問題なくちゃんと動くのだが、問題、それも大きな問題がひとつ。マウスの感度が高すぎて意図するところをまったくポイントできない。Windowsのコントロールパネルでマウスの感度を下げてみても、ゲーム起動後のマウス感度は高すぎてまったく操作できない。うーむ。きっと方法があるんだろーなーと思いつつ、今はこれもここまでにしてほおっておく。(笑)

次。今回試してみるのはM.A.X.というやはりお気に入りのDOSのゲーム。DOSゲームということでこれはさらに古い一本なのだけれど、実はこのゲームにはコアなファンが海外にはまだいるらしく、実はこれをLinuxに移植しているチームがある。そのLinux版もKubuntuにはインストールしてあるのだけれど、こちらはネット対戦部分のみに注力して移植されていて、自分とコンピュータ相手、つまり一人ゲームはできない。いや、正確にはプレイはできるのだけれど、ゲーム進行におかしいところがあってどうやら移植チームは分かってはいるけど直していない、という状態らしい。

さて、DOSは昔買ったMS-DOSのフロッピーがどこにしまったのか分からない(爆)のでFreeDOSを入手しVirtualBox上で。その中でこのM.A.X.をインストール。こちらのCD-ROMも大丈夫だったようでOK。サウンドカードもSoundBlaster 16と認識されちゃんと音も出る。ここまでは「インストール」作業。そのインストールを終わって実際に起動しようとすると、FreeDOS側のエラーを吐いて実行不可になってしまった。うーーむ。

考えてみたらDOSゲームはWindows上で動かせばいいわけだ。(苦笑) しかしマウスの問題が解決できないとゲームは全滅なのかも。今後ネットで情報を集めてみる。


と思ったら、マウスの件はVirtualBoxの「マウスポインタ統合」をOFFにすることで解決。しかしKubuntu側でややヘビーなことをしている状態、そして自分の低パワーCPUノートだとゲームはきついのかも。動くけど3Dでもないこのゲームでもスムーズあんど快適にプレイできるレベルではなかった。(苦笑) あとでWindowsのほうにDOSゲームをインストールしてみよう。

カムバックしようかしまいか

2009.07.10

category : 日記

tags : チャット IRC 反日外国人 洗脳 歴史認識

comment(0) trackback(0)

その子とjabber(あちらはGoogle Talk、こちらはEmacsのjabber.el)でチャットできた。奨学金での留学の話をよく聞いたら、どうやら日本の文部科学省の奨学金らしい。彼女の国からは二人が日本の大学の修士課程に、もう二人が博士過程に留学できるらしい。

他の話でも盛り上がったが、以前自分が常駐していて彼女も今でも毎日顔を出しているIRCの某チャンネルが別なIRCネットワークに引越し、それを期に自分はそこから離れていたのだけれど、戻ってきてよ、と。離れた理由は単純、気にくわない連中がいたからなので、まだそいつらがいるのか聞いてみるとまだいるらしい。くそう。(爆)

もちろんIRCではignoreコマンドもあるわけで、特定の相手が言うことを一切無視したりはできるのだけれど、その特定、具体的にいうと二人が言うことはいちいちむかつくのでおもしろくないのだった。第一こいつらの相手で他の連中とのたわいもないが楽しいチャットができん。(怒) まあ、興奮し後に引かない自分も悪いのはわかってるが。

二人共欧米人男性(って、そこのチャットの常駐メンバーは自分以外全員欧米人なんだが)。一人は妻が日本人。よくあるパターンだがその男が日本に英語教師として来日していた当時に知り合ったのが今の奥さん。結婚後しばらくは某県のその奥さんの実家近辺に住んでいたが、今は夫婦と子供で自国で生活。また日本で住みたいとか言っているそいつなのだが、東京の住民になんかなったことないくせに「石原都知事は最低だ」と言う。お前に言われたくないわ、なのである。以前の「赤い都知事」たちがどれだけ東京都の赤字を拡大させたか分かってて言ってんのか。分かって言ってたにしたってお前が言ってるのはお前んとこの州知事とかをオレが「ありゃだめだ」って言ってんのと同じだぞ?

こいつは何年日本で英語教師していたか、結婚後何年日本に住んでいたか知らないけれども、日本という国、我々の日本の文化と習慣についてわかりきったようなことを常に言う。ちなみにこいつの年齢は30代半ばで、ぢぢいのオレから言わせればガキもいいとこであって、そのガキでしかも日本人でもなく、さらには偉そうに言ってることが実際自分で理解できたり正しいことを知るはずもないぐらいの在留経験しかないくせに、といらつく。しかし偉そうなことを言うわりに日本語はさっぱり(笑)で、日本語についてはさすがに偉そうなことは言わない。こいつは。

で、その子に、オレはあいつ好かんのだよ、いらいらすんだよいつもえらそうに分かったふーな口ききやがってと。すると、「みんな誰も相手してないよ、彼。いまでも偉そうなこと言ってるから」(爆笑) そーかそーか。まあ、そいつと同じことを日本人カミさんが言うならまだいい。んが、お前には言われたくないわ!的なことがあまりに多すぎ、こいつ。(爆)

もうひとりは北欧の某国の大学生。こいつも専攻は違うが日本関係のことに興味関心が以前からあって、日本語自体は(といってもチャットはローマ字でだが)上の男よりはるかにできる。はるかにできるといってもデーブ・スペクターやボビー・オロゴンなんかの足元にも及ばない。そんなレベル。ま、うまいけどやっぱりまだまだ。

こいつのほうの何がいらつくって、日本関係に興味関心があって勉強したり本を読んだりしてるのはまああれなんだが、同時東洋全体、特に中国へも同じ情熱を持っているらしい。それは別にいいんだけれど、こと歴史的な話になるとまるでこいつは中国人。あるいは中国共産党に洗脳されたかのように中国人、いや中国共産党目線での歴史観をこちらの前で延々披露する。披露するってか、まーこちらが日本人と知った上で日本、日本人批判が始まるわけだ。やっぱり共産党員化しているわけね。

自分はこんな性分なので、いちいちそいつのそれが始まる度に、待てこら、待てってんだよ、あのなあ……となってしまう。

この偉そうなことを言う坊やは実は一度も日本に来たことさえない。中国には行ったことがあるって言ってたかな? まー、どーでもいいが、とにかく中共万歳、日本は歴史認識を改め謝罪と反省をしろ、な北欧人。ところが反日中国人と同じく、彼も日本製品や日本のポップ、アニメやマンガが大好物、ときた。お前らなあ……

ぢぢい、ロートル(って言葉がもう若い世代には理解不能? 爆)だと思って舐めていやがると…… 今にみてろよお。(笑) 後先考えずにご乱行に及ぶのは若い連中だけじゃないぞ!とか言ったりして。人生おい先短い老人だったら冷静に「もう(自分の)この先はいいか」と達観して暴れるかもしれんぞ。うひひ。(笑)

Japan (and I) Welcome you! Yokoso! JAPAN

2009.07.10

category : 日記

tags : 東欧 留学生 チャット チャット仲間

comment(0) trackback(0)

ちょっと前からチャットで知り合って仲がいい某東欧の女子大生からメール。(彼女の国の)政府の国外留学奨学金にチャンレンジ中で、試験に受かれば来年にも日本に留学に来るとのこと。チャット仲間の海外の野郎どもで留学や仕事で来日しているのは数人いるが、女の子は数が少ない。この子は以前から日本や日本文化に興味がある子だったので、片言の日本語は少々分かるが留学のためとなるとまだ全然足りたいだろう。本人もそのことは分かっていて今猛勉強中だというが。

日本に留学にといったって日本もそう狭くはないし、日本のどこに留学に来れるかもまだ分からない。というか、その奨学金試験に受かるのがまず最初の難関だあ。同じ国の若い男とも自分はチャット仲間なのだけれど、彼が彼女にモーションをかけても彼女は相手にしなかった。どうも男より今はおもしろいことがあって、男なんて面倒くさいというタイプらしい。実はこの子、容姿からしてまさにそういうタイプで、チョー美人なわけではないけれど身長なんざゆうに180cmは越えてるし、じゃあデブかというとそうでもなく、おまけに美術とファッションを大学で専攻しているのでいわば「かっこいいねーちゃん」系。

失礼ながら東欧でも小国のひとつである彼女らの国でも日本文化ブームはしばらく前から始まっているらしいのだが、日本研究や日本語学習の教材となるような書籍類にはまだ乏しいらしい。

ということで、今度チャンスがあるときに日本語学習の助けとなるような書籍、辞書などを探してみることにする。良さそうなものが見つかれば送ってあげよう。

個人的にはもうちょっと背が低くて(といっても170以上らしいが)肉感的な彼女のお姉さん(写真を見せてもらった)を紹介してほしいところだが、妹のその子によればお姉さんはアジア人の男には興味はないらしい。(笑)

ともあれ、できれば関東圏の大学に来てくれればなあと(勝手に)思う。

世界で一番歓迎されているのは日本人旅行者

2009.07.10

category : 日記

tags : 旅行者 日本人 フランス人 買春 フィリピン

comment(0) trackback(0)

French tourists seen as world's worst: survey

世界中の4,500にのぼるホテルオーナーへのアンケート調査結果で明らかになったそうな。最悪はフランス人。(笑)

なんでフランス人がワーストとランクされたかというと、とにかく英語を(渡航先の現地語も)喋らない、ということらしい。やっぱり英語は世界のどこでも潰しがきく言語ってことなんだろうけど、フランス人だって英語を話す人はもちろんたくさんいるし、自分の知り合いの在日フランス人(奥方が日本人というケースが多い)の中には英語の個人レッスンを生業としている奴もいる。

さらには偉そうだったり無礼だったり、おまけにケチ(これはよく聞く話)だったりとかもその理由とか。

しかし、かつてはUgly Americanなんてことも言われていた(今も?)し、日本のノーキョーの悪名も世界の一部では轟いていた。その後今のタイトルホルダーは中国人だか韓国人なんだろうけど、どの時代のタイトルホルダーにも共通しているのは言葉のことだったり生意気不遜、自国や自分たちが世界でナンバーワンと信じている(そりゃカラスの勝手だけれども)を他国の人間にこれまた偉そーに言うとか、はたまた声がでかい、公衆の場で大声で話す、とか。(笑)

お下品系では中国へ社員旅行とかで団体で行き、女買いするのに団体でやって現地で反感を買ったという話もあった。きっと今もどこかの会社が同じことやってんだろうけど。(笑) 我が(我がじゃないって)フィリピンでも某電卓今やデジカメ、携帯メーカの某社が代理店集会をわざわざマニラで行い、参加した日本国内の代理店への接待として宿泊先の今はもう名前が変わっているホテルのロビーに売春婦を揃えて並ばせて代理店連中に選ばせたり(爆)して顰蹙をかったこともあった。これは当時はさんざん報道された。

欧米人だって女遊びはするわけだが(もちろん人による)、団体行動でとか、ふつーに考えてそりゃ目立ちすぎてまずいでしょー的なことはあまりしないようだ。別に西欧かぶれで言うんじゃなく、連中はその手の遊びをするにもスマートな奴が多いということか。

で、言葉はできない人が多いだろうにもかかわらず、日本人が一番歓迎されている旅行者というのは、やっぱり金払いがいい、値切らない、列で並んで待つような場面ではちゃんと待つ、みたいなことなんじゃないだろか。最近の日本人はそうでもないような気もするけど。

まにらろぼこっぷ

2009.07.09

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン フィリピン人

comment(2) trackback(0)

「ロボコップ」が市民を守る!? フィリピン・マニラ

他にやることあんだろ、おまわりさん……と思う。

(勝手に)フィリピーナお悩み相談

2009.07.09

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン人 米国 K1 婚約者ビザ 国際結婚 お悩み相談

comment(0) trackback(0)

Friendsterにもユーザフォーラムがあった。(知らんかった)

Filipina girls....who can I trust???

Hi
できればフィリピーナのワイフをと思っている真面目な男です。しかし今まで自分が出会ったのは嘘つきで偽者でただ金が欲しい女ばかりだった。正直でまじめな子はどこで探したらいい? まだフィリピンには行ったことがないけど、もうすぐ行く予定。たぶん現地の方が見つけるのは簡単なのかも。どう思う? フィリピーナは嘘つきばかりなのか、それとも自分は運が悪かっただけ?


フィリピーナのFriendsterユーザ数人からの返信は「運が悪いだけ。間違いない」だそう。(苦笑) ちなみに最初に投稿しているのは32才のノルウェー人男性。

お答えしましょう。もちろんまじめな子だっています。でも嘘つきは多いです。自分が嘘をついている、相手を騙しているという自覚はないけど実際嘘をつく、という子は少なくないです。(笑) 「女が金の話をし出したら警戒すべし」というアドバイスをしているフィリピーナもいるようだけど、それは当たりでしょう。アドバイスしてる側の子たちが同じ(結局どこかのタイミングで金の話)かどうかは……不明。(笑)


次はふぃりぴーなの世界、というイタそうな名前のフォーラムから。

Is it ok to ask?

質問者は米国人男性ボーイフレンドを持つ比国のフィリピーナ。彼女の質問は、

アメリカ人男性に聞きます。あなたはガールフレンドが経済的な援助を頼んでくるのを待ちますか、それとも彼女ら(複数=彼女の家族含む)が経済的援助を必要としていることを知っていますか? もうひとつ、ガールフレンドがお金を頼んできたらあなたはどう思いますか、気を悪くしませんか。


質問者のフィリピーナによれば、渡比して彼女に会っている間は彼女のアメリカ人彼氏はお金を彼女と「シェア」するんだそう。シェアだけじゃなく彼女にどれ、どのことにどれだけお金を使うかは彼女にまかせ、さらには欲しいものがあったら買いなさいと言っているらしい。欲しいものがあるなら買ってあげるから、とゆーことだろうね。

しかしその彼氏が帰国してしまったあと、彼女は同じこと、つまり経済的支援なり援助を本国にいるその彼氏に頼んでいいか迷っている、という。この女性は両親と同居しており、収入はあるが彼女(とその家族)には足りない。彼を怒らせたり自分に対する信頼を失わせたくはないが、でもお金がない。足りない。

で、実はこの彼女、自身の投稿の冒頭でこうも書いている:

「フィリピンでは恋人たちは持てるものすべてシェアするのが普通であって、お金もそのひとつ」


しかし続けて、

「と同時に女の子(フィリピーナ)が彼氏に経済的援助を頼むのは必ず喧嘩の原因となる」


って、結局ピノイでも嫌がるのが多いってことのような。(爆)


お答えしましょー。

彼氏にはっきり言いなさい。頼んでみんさい。男が嫌なら嫌つーだろうし、それであなたのことを金目当ての女だとかだから途上国の女はなどなど思うにしても、それはしょーがない。ただしその相手の男があなたからの援助してほしいという申し出を断ったからといって、あなたのことを嫌いだとか真剣ではないと決めつけることもできない。人にはそれぞれの生活と事情ってもんがある。ただし、あなた自身のほうで、こんなアタシを助けてくれないような男だったら要らねーというなら、それはそれ、簡単な話。別れなさい。

とにかく相手に自分の望み、考え、状況を正直に伝えるのが一番。嘘はいかんよ、嘘は。なんの迷いもなく、また嘘の理由を何度となく並べたてて金をせしめる者がいたりすることを考えれば、あなたは正直な女性でしょう。万が一そのアメリカ人彼氏と別れたら、次は日本人男性にしなさい。金払いはいいですよ、欧米人より。(笑)

フォーラムでのこの女性への返答中、中には「もしあんたとそいつが彼女彼氏というのであれば、彼は週に1,500ペソはあんたに渡すべきで、してないなら彼はそのルールを知らないんだろう。知っててやだというならケチな白人ってことだ」てな意見が。どこかのバーの女をバーファインして比国の国内連れ回すのと勘違いしてるようなこの阿呆はヤンキーなのかあるいはピノイか、不明。(笑)

かと思うとフィリピン人妻を既に持つ白人男性(米国人らしい)からは、「自分の妻は結婚するまで金のことは言わなかったぞ」と。つまり結婚後は家族への経済援助お願いね、だったんだろうね。

どっちでもいいんじゃないか。経済的に恵まれている男性を求めるのは別にいけないことじゃない。男性側でお気に入りの容姿の女性を求める(ま、これは女性側からもあるけど)のと同じで、お互いでオーケーなら他人がどうこう言えることじゃない。


次。
今度は回答は不要。なぜなら米国の男どもの「フィリピーナってどうよ?」話だから。

何言ってるかというと、「白人ってフィリピーナにモテないの?」、「いや、ほとんどのフィリピーナは白人とラティーノ好きだろ」とか、「フィリピーナはみんな男好きだよ」だの、その後はクラーク基地にいたという奴が売春婦がどーのこーのと言い出し、話にハナが咲く。(なんのこっちゃ)



次。ここは米国在住夫婦で片方が外国人、つまり国際結婚の連中の特にビザ、在留資格などについてのフォーラム。質問者が聞いていることは:

自分の妻のイトコ(つまり投稿者の妻もフィリピーナ)はついに6ヶ月の息子(生物学上婚約者の息子)とK1(米国にある婚約者ビザ、日本にはない)で米国にやってきた。ところがその米国人婚約者はとんずら、彼は携帯電話を含む自分のものを残したまま夜逃げしてしまった。誰も彼の居所を知らないし、連絡方法もわからない。彼が失踪してから今3週間経った。フィリピーナ(投稿者の妻の従姉妹でその男の婚約者)と彼女の子供は男の両親と今一緒にいるが、今後どうなるかは明らか。我々は彼が婚約者ビザが失効する90日間の期限が切れる前に戻ってくるとは思っておらず、もしそうなったら彼女はどうすればよいかと考えている。彼女によれば帰国するためのお金も持っていないという。自分としてはもし彼女が在留期限を過ぎても米国内に留まっていれば、政府が出てくるだろうと。

彼女へ既に伝えた自分のアドバイスは、不法滞在者になるな、政府が何かしてくれると思うな、だ。そうではなくて(在米比国)大使館に連絡を取り、(在留期限が近づいているなら)その自分の状況を説明したほうがいいと。そうすることで将来彼女が別な米国人婚約者と出会ったとき、彼女に対するbad marks(犯罪歴とは違うがこの場合は入国移民法関係で問題を起こした外国人の記録の意)はつかないだろうと思う。

みんなに聞きたいのは:

1. もし米国人婚約者が戻らないまま彼女が米国に留まろうとしたらどうなるのか。

2. 彼女が帰国するためにはどんな方法があるのか。米国政府は帰国便チケット代を払うのか(そして米国旅券を持つ子供は誰が面倒みるのか *注:のちの議論で明らかになるが、子供は米国籍では「まだ」ない)、彼女は米国内の比国領事館からなんらかの支援が受けられるのか。



お答えしませう。といっても米国内での話であって、日本にいる日本人の自分が突っ込めるところは皆無に近い。このフォーラムのメンバーたちは上で書いたように国際結婚カップルばかりで、夫婦の一方の国籍は様々だ。おもしろい、いや「ここでもやっぱりそうですか」なのは、比人妻を持つ夫たちがこの話にかなり感情的になっていること。日本でもほぼ同じでしょう。感情的にというのは、例えばオリジナル投稿に答えた他のメンバーたちの中には、「オーバステイはだめだろ」だの、「ろくな男じゃないとは思うが、確かなのはそいつがその女性と結婚する気はもうないってことだろ」、「彼が結婚してくれない限り、その女性が合法的に在留する方法はない」、「不法滞在すんな」、などなどの意見があって、それらに対して比人妻を持つ連中が感情的になっていること。冷たい、とかね。

もちろん、「子供が一番の犠牲者だよねえ」という辺りには皆共感しているようだが、直接的な問題の関係者はどちらもやっぱり子供じゃないし、男と女のことで婚約を解消したりしたがったり、あるいはそのまま予定どおり結婚しようが、そんな個人間の恋愛ごとに国家がどーしろあーしろと介入できるわけもなく。

最近米国では米国人と結婚した外国人でも、米国人伴侶が死亡したりした場合に(子供がいようが)在留許可が取り消されるというケースが相次いでいるというし、「日本(政府)は冷たい」とかのたもう人たちは他国のやり方がどうのというのではなくて、世界ではどんなことが起きているかもちょっとは知ってもらいたい。日本は他国と比べればこの関係では冷たいほうとは自分は思えない。

で、勝手なアドバイスとしては。やっぱり期限内になんとか金を工面して帰国したほうがいいでしょう、だ。金を工面できなければ仕方がない。移民局に出頭し事情説明し、在留期限切れとなったら米国市民たちの税金で払うチケットで帰国、だろう。ただしその場合、「オーバステイした」という記録は移民局にもちろん残る。そしてそうした記録、フォーラムではbad marksと書かれていたが、そうしたものが将来米国入国あるいは就労、移住する際の判断でマイナス材料となるかもしれないし、ならないかもしれない。間違いないのは絶対にプラス材料にはならないということ。(当たり前だ) 自分の都合と理由で入国した外国人の帰国の費用をなぜにその国(ここでは米国だが)が払わなければならんというのか、そんなことはふつーに自然に冷静に考えればあり得ないでしょう。可哀想? 可哀想な人はこの世界にはあふれてますよ。したがって、国家の予算(=国民の税金)で帰国費用を出すというのは非常に限られたケースのみであって、多くは違法入国、不法滞在外国人の強制国外退去処分で本人が帰国費用を持っていない、作れない場合、でしょう。いうならばlaw enforcement上どうしても必要な経費、というか。その恩恵(?)に預かるということは、「法を犯した者」という定義、レッテルを貼られたからというソシリを受けるのは致し方ないこと。

米国内の比領事館に駆け込むという方法をとる(いや、とろうとする)人もいるんだろうが、そうした在留期限が切れた自国民すべてを受け入れ、パスポートがないものには再発行し、お金がないという者には帰国便のチケット代を領事館が出してやる、なんてことが普通に行われるわけもない。それが普通で当たり前だったとしたら、最初から不法滞在する気で入国した者たちは、移民局や日本だったら入管に出頭せず、自国の領事館に駆け込めば当該国からはおとがめなし、おまけにタダで帰国できてしまうことになる。てかその前にそんなことしてたら比国国家経済は破綻でしょう。(もうしてるっぽい?)

あなた、やっぱりその男のことは諦めなさい。そして次に外国人男性との結婚を考えるなら、日本人男性に……(笑)

ノートPCのキーボード交換

2009.07.08

category : コンピュータ

tags : ノートPC キーボード交換 キーボード eBay

comment(4) trackback(0)

eBayで買った(ノートPC用)キーボードが到着。オーダーを入れてから約5日で届いたことになる。

実は購入直後に「2営業日以内に送る」、「shipしたらその連絡はするからね」ということだったので待っていたのだが、まったく連絡はなし。シビレを切らして昨日「待てつーなら待てるけど、連絡はしてよ。送ったかまだ送ってないかぐらいは」とメールしたばかりだった。(爆)

UPSで送ってきたので日本国内では郵便局、えーと今は日本郵便?が届けた。が、確かにエアパッキン封筒入りではあるものの、マンションロビーのメールボックスからはみ出る大きさなのに無理やり突っ込んであった。壊れてたらクレーマーになんぞ……日本郵便……

封筒を開けるとビニール袋に入ったキーボード。封は開いておらず、eBayで出品されていたときの能書きどおり新品らしい。シールなどによるとマレーシア製。まあ元のノートPCが台湾メーカのものなのでこんなことは当たり前だ。てかAppleだって昔から中身のパーツはほとんど東南アジア、中国製だ。1984年に初代Macintoshを買い、早速筐体を開けてみたらやはりほとんどのパーツはマレーシアだなんだ東南アジア製だった。そして今回購入した業者、米国ニューヨーク市にある業者なんだが送り主の名前は中国系だった。やっぱり華人、華僑系でコネだかルートがあるんだろうか。

では、とビニール袋を開封。旧(というか現)キーボードと並べてみた写真が下。今のキーボードはもうツルツルで光っている。(苦笑) ツルツルでも自分は気にしないのだけれど、とにかくいくつかのキートップが緩くなってしまってタイプしているとそのキートップが押下して戻るときに外れてしまう。最初はWキーだけだった(これだけでももちろん不便)のが、次第にR、T、さらにはバックスペースキーまで外れるようになった。

new and old keyboards


こりゃいかん、もう我慢できんということで今回US配列キーボードを購入した。というか、販売元であるメーカの日本法人はほぼ間違いなくキーボードをパーツとして売ってくれはしないだろうから、日本語配列キーボード(の新品)を入手することは困難だったろうし、以前別件で日本法人のサポートにセンドバックしたらどのぐらいで戻してもらえるのか?と聞いたら1週間から2週間と言われ萎えた。だから今回はパーツも入手できるし自分でやる。そして前にも書いたように欧文を入力することが多い自分はアポストロフィやコロン、セミコロンなどが自然に打てない日本語配列キーボードよりUSキーボードのほうがはるかに楽なのだ。

そしてあらかじめネットで情報収集しておいた方法、手順でキーボード交換作業へ。自分が使っているノートPCの分解あるいはパーツ交換作業について書かれているブログやノートPC専門フォーラムなどがあって情報には困らなかった。ただし、日本ではユーザが少ないためだろう、このノートPCのパーツ交換や分解などについて日本人が日本語で書いたページやブログは皆無だった。(苦笑) そしてメーカーのサービス担当者用サービスマニュアルまで入手できた(笑)ので、それも参考に。作業途中の写真は面倒なので撮らなかったので載せない。(苦笑) もちろん手順はメーカやモデルによって違うだろうが、概ねの作業は似たようなものだと思う。

作業自体は難しいわけではない。当たり前だがまず作業前に(もし接続されたままなら)ACアダプタを外し、バッテリも外す。キーボードの上側にあるベゼルを外す(工具は要らない。要るとしてもマイナスドライバぐらいだろう)と、キーボードを止めてあるネジが出てくるのでそれをドライバで外す。キーボードを固定しているのはこのネジだけ。ゆっくりキーボードを(少しだけ)持ち上げる。このときキーボードとマザーボードはまだ繋がったままなので、ゆっくり静かに持ち上げる。

キーボードをそのままずらすと、キーボードから出ているリボンケーブルがマザーボードのコネクタに刺さっているのでそれを機種に応じた「正しい手順で」外す。ちょっとテカっていて見にくいが下が自分のノートPCの場合のコネクタ。コネクタといっても普通のコネクタのようにメス/オスがあるわけではなく、キーボード側のリボンケーブルの末端にはコネクタはついていない。リボンケーブルをマザーボード側のコネクタに挿入し挟んで通電させるというもの。

keyboard ribbon cable connector on motherboard


旧キーボードを外したら新キーボードと交換し、あとは手順を逆に行う。簡単。

バッテリなどを戻してパワーオン、いつも使っているKubuntuでブート。あとはX Window Systemの設定ファイル、/etc/X11/xorg.conf中のキーボード指定部分での設定をUSキーボードに変更して終わりだ。

と、死んでいるようなキーがいくつかあることを発見。えーなんだよ、新品だけど不良品かよ。具体的にはA、S、W、Xの4つのキーだけが反応がない。端末ウインドウ(例によって自分はyakuake)でxkbwatchを起動、どのキーがダメなのか確かめているとやはりその4つのキーだけがコードを出していない。うーむ、こりゃどーすんべ……と思ったのち、まずシステムをシャットダウン。この4つのキーはキーボード上の左側に位置するものばかりで、特定位置のキー群がおかしいとなるとコネクタ関係の接触が怪しい。

バッテリとACアダプタをまた外し、キーボードとマザーボード間接続部分を確認してみた。するとマザーボード側コネクタに2つある、キーボードからのリボンケーブルをロックするタブの一つがほんの少しロックが甘かった。これを直し、万が一キーボードが不良品だった場合また開けるのも面倒なので、ベゼルはつけないままにして再起動。

今度はすべてのキーがちゃんとコードを出していてオーケー。ベゼルも付けてこれでキーボード交換完了。

日本語配列キーボードと比較すると横長エンターキーは小さく感じられ、右小指でエンターを押す位置が今までと少し違うので、慣れるまでは少し戸惑いそう。それでもアポストロフィがシフトキーなしで打てるのはやっぱり楽だ。

最後に今回の費用。キーボードは自分が買ったeBayで出品している業者の場合は$17弱。Shippingが$13弱なので合計$30弱。てことは日本円で3,000円。自分の機種の場合日本国内とは大いに違って海外ではけっこう売れているメーカのものなので、キーボードはじめこのメーカのノートPC用のパーツを扱う業者は多いし、価格も競走があるとはいえけっこうバラバラ。今回は特にというか意図的に最安値を提示している業者からは購入しなかった。って、計3,000円程度のものだった今回はどこから購入してもさほど違いはなかったかもしれないが。

FC2腐りかけ?

2009.07.07

category : 日記

tags : FC2

comment(0) trackback(0)

トップページにだいぶ古い投稿が並んでいる。
FC2、腐りかけ?(笑)

(追記)
と、これを投稿してから確認するとちゃんと戻っている。なんだこりゃ。(爆)
そろそろFC2から引越しかなーと一瞬思ったんだが。いちおうWordpress.comへの移行も考えておこう。

婉曲表現

2009.07.07

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン人 フィリピン タガログ語 婉曲表現

comment(4) trackback(0)

ネットの某比人オンラインフォーラムにあった、タガログ語で「ナニする」の「ナニ」(もちろんせっくすのことである)の婉曲表現、つまり遠回しに言う言い方にはどんなのがあるか?というお話。某といったってリンクにアクセスすればどこのフォーラムかはもちろんわかる。

自分はタガログ語は少々の単語を知っているだけで、タガログ語で女性を口説くことも議論や喧嘩もできないレベル、つまり「できない」ので、「ナニする」をそれほど下品でなく言える表現なり方法が分かったからといって、それを使うチャンスがもしあったとしても使えば墓穴を掘るだけなのであまり(自分にとっては)意味はなさそう。

しかしあげられている単語や表現はチャットで目にしたことがあるものがけっこうあったりして、ははあ、あの時連中が話していたのはナニしようとかナニしたとかいう話だったんだなあと感慨深い。(大げさ)

日本人紳士処刑、もとい諸兄でもご存知の方が多いと思われる、カン○○ー○○・タヨとかのあのカン○○ー○○は、かなり直接的でお下品な表現らしい。まー酒の席でホステス相手の会話で覚えた単語なんてのはこんなもんだろう。(爆) もちろん下品に言おうが上品に言おうが、行為は同じだが。(笑)

正論を言うと批判する勢力

2009.07.06

category : 日記

tags : 埼玉 日教組 共産党

comment(2) trackback(0)

数日前の記事。

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に-上田埼玉知事

県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌だったら辞めたらいい」と強調した。

君が代斉唱時に起立しない教員がいることへの解決法を民主党県議からただされ、答えた。これに対し、共産党県議団は「思想と良心の自由を定めた憲法19条の規定をないがしろにするもので、700万県民の代表にふさわしくない危険な発言だ」とし、撤回を求める談話を団長名で発表した。


いやあ、ほんと。ぽん(膝を叩く音) まったくもって知事正論。共産党はいつまでこういうことを言い続けるんだろうか。というか、こういう発想でしかいられないから共産党員なんだろうけど。共産党はどこまでいっても共産党、ってことか。この手の教員は本当にやめるべき。自分が気に入らないことはどこまでも嫌、ルールを曲げようが破ろうが嫌なものは嫌。つまりガキと同じだ。辞職するという選択をする自由はあるのだから、自分が思想だか信条的にだか守りたくないルールその他がある仕事なら辞めればいーじゃないの。別に強制的に教師にならされたわけでもないでしょ。

そして同じくそれができない、嫌だという共産党員もロシアでも中国でも北朝鮮でもどこでも行ったらよろしい。今名前をあげた国々で同じことが通るか身を持って知るがいい。それとも、「ああした国々では思想と良心の自由はないが、日本ではあるべき」とでも言うってか。

公立学校では当たり前に守られることだ。いや、私立校だったとしても国家としてそれは黙って好きにやらせておいていいこととも言えない。

EmacsでTinyURLを利用する

2009.07.03

category : コンピュータ

tags : Emacs TinyURL

comment(0) trackback(0)

ブログに書くときもEmacsを使って書いている。で、ブログで何か書く場合、よくリンクを挿入するわけだ。そのとき例えばここFC2だったら管理画面の投稿ページでそのまま書くのではなく、あらかじめEmacsで書いておいてそれをコピペする。

基本的にマウス操作があまり好きではないので(昔Apple IIやMacintosh使い始めのころは喜んでたが)、FC2だけではないけれど今やブログサービスの多くの投稿画面で採用されているajaxを利用したオンラインのエディタはあまり好きではない。

Emacsでハイパーリンク・タグがある程度の頻度で登場するテキストを書く場合、他の人たちはどうしているのだろうか。やり方はきっとたくさんあって、例えばEmacsだったらabbreviationでなんとかする、HTML-mode(HTML-Helper-modeじゃなく)のバッファで書いてそのHTML-modeで有効なタグ挿入機能を使う、などなど。

加えて自分の場合はある理由からURL短縮サービスを利用することが多く、確かにメジャーというか一般的なブラウザでは閲覧中のページからbookmarkletでそうしたURL短縮サービスにそのままそのURLを渡し短縮されたURLを得ることはできるけれども、「そのブラウザ」上で得られた短縮済URLはやはりEmacsにコピペしなければならない。マウスで。(爆) 面倒だ。

例によってきっとこのこと用にEmacsで使える便利モノがあるに違いないと探してみると、tinyurl.elというものが。ところがどうも自分が使っているEmacs 22ではうまく動かないらしい。うーん。

と思ったらEmacs Wiki内でEmacs 22でも動きそうなやつを発見。

これをインストールして例えば下のような(ここの例では元URLは十分短いが)ラインがあったとして、

<a href="http://www.google.com/&q=tinyurl&sa=Search" target="_blank">searching for tinyurl at Google</a>


hrefリンク内のURLにポイントしておいてM-xしてミニバッファでsmallurl-replace-at-pointとすると、

<a href="http://tinyurl.com/mseqvl" target="_blank">searching for tinyurl at Google</a>


と、TinyURL.comで短縮化したURLとリプレースしてくれる。あら、便利。ミニバッファでsmallurlとだけすると、元となるURLを聞いてくるので入力してやると短縮されたURLがkill ringに入るので、好きな場所にyankしてやることもできる。

自分がよく使うTinyURLのカスタムURL機能(任意の文字列を指定し、それをURLに加える)は使えないが、ブラクラを踏ませるわけでもないし別にいいかなと。ここFC2ではまだセットアップしていない(xmlrpcを使うのでできるはず)が、別なところで書いているブログだとこうしてEmacsで書いてそのままEmacsから投稿もできるので、これは合わせ技として便利。

あとでどんなキーアサインにするか考えよう。

またTwitterをはじめた

2009.07.03

category : 日記

tags : Twitter Emacs twittering-mode.el キーボード eBay

comment(0) trackback(0)

久しぶりにTwitterに戻った。戻ったというのはしばらくTweetしていなかったということ。ちょっと飽きてたというのが本当のところ。加えて常用するブラウザがFirefoxからOperaにかわり、FirefoxではTwitterFoxという拡張からTweetしていたのがそれがOperaでは利用できなくなったこともある。

実はOperaにもTwitter用の拡張(というかWidget)が数種あるのだけれど、試してみたところどれも自分が今普段使っているOpera(10 beta)ではうまく動かなかった。動かなかったというか、自分には不具合というか気に入らない点があったりしてボツ、だった。

あ、EmacsへもなんかTwitter関係入れたっけと思いだし(つまり忘れていた)、また使い始めた。twitter-mode.elというのがソレで、direct messageのやりとりはできない(多くのTwitterクライアントがこれはできないと思ったが)けれど、Emacs内で好きな位置に好きなサイズで*twittering*というバッファを出しておけば、設定時間毎に更新してくれる。また、Tweet中のリンクなどもそのままEmacs内でw3mで飛ぶことができる。

Tweet自体も簡単、c-c、c-s(CTRL-C, CTRL-S)としてTweetを入力する。特に設定しなければテキストだけの表示だが、iを押すとアイコン表示モードになる。って、あー、コンソールでEmacsを動かしているとこのアイコン表示機能は使えない。ということで渋々X Window System版Emacsを使うようになった。キーアサインはここでまとめられている一覧が便利。

数ヶ月、いやひょっとすると1年ぶり以上離れたいたTwitterだが、知り合い連中から声が早速掛かった。例によって自分はTwitter上でもみなフィリピン人ばかり(と最近は東欧)だが。(爆)

twittering-mode.elのスクリーンショットはここ。自分の画面じゃないけど。

そしてw3mといえば以前初めてこれを利用したころはlynxと同じで画像表示なんて一切できなかったように記憶しているが、今はちゃんと画像表示もできるので、動画などが中心のブログ以外の普通のところだったらこれで十分。そりゃFlashとかはw3mも無理だけど、ほとんどのページのFlashなんてそのページの内容(テキスト)にほとんどあるいはさして関係ない場合がほとんどなのでおけ。どうしてもFlashが見たければ別なブラウザでヒットすればいいだけだし。

だめEmacsenのまま、最近は以下のようなこともEmacs中でするようになっている。それぞれおいおい書いていく。ここで書くかは分からんけど。

・もちろんテキストを書く
・mpg123.elで音楽を聴く
・jabber.elでIM(含むGoogle Talk)
・ERCでIRCチャット
・eshellでシェル(なんだこりゃ)
・navi2chで2ちゃんねる
・wanderlustでメール(GmailをIMAP経由で)
・newstickerでRSSリーダとして


そしてひとつの特定のキートップがよく外れるようになってしまっていて、キーボードをまるごと交換しなきゃなと思っていたのが、そのひとつだけでなく他のいくつかのキートップも外れ癖がついてきてしまったので、とうとうというかやっとというか、キーボードをeBayで買った。こういう時、品質面ではまだまだ日本メーカにはかなわない台湾メーカ製(てことはほぼ間違いなく中国製ということだが)PCは便利だ。部品のほとんどが入手可能で、自分が使っているボロノートPCの場合だと液晶パネル、インバータ、バックライト、CPU、CPUクーラ、果てはコネクタ類から筐体そのものに至るまでeBayであった。それも新品。(もちろん中古部品もたくさん出品されていた)

日本国内で購入した製品なので今は日本語キーボードだが、オーダーしたのは米国の業者で今度は英語キーボードとなる。アポストロフィやコロン、セミコロンなど、普段欧文をタイプする者にとっては日本語キーボードは使いにくし、使っているKubuntuというかX Window Systemでもどうせxorg.confでキーボード指定を変更すれば使えるだろう。(たぶん)

うーん、やっぱりこの手の話、P関係以外の話題は別なブログで書くほうがいいかも。

侵略

2009.07.02

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン フィリピン人 韓国人

comment(2) trackback(0)

こんな記事を発見。要は最近フィリピンにたくさんの韓国人(と韓国企業)が押し寄せ好き勝手やってるが、このままでいいのか、というフィリピン人によるコラム。

The South Korean invasion

South Korean invasion: Part II

しかし冒頭で、

WHENEVER you see and hear them conversing in a public place, it's easy to mistake them for the Japanese. Although they are just as boisterously loud as the Japanese (when talking to one another), the difference is their skin is generally paler. I know a few who are now sporting a healthy tan like a status symbol; a tan they no doubt acquired by luxuriously drenching themselves in the fairway sun of our fantastic golf courses.

Their guttural accent and the syllables of their words make them sound like Japanese. This is the unmistakable mark of a people whose country had endured almost four decades of Japanese occupation.

The people I refer to, of course, are none other than the South Koreans, whose now-divided country was under Japanese rule from 1910 to 1945.


って、彼らフィリピン人からすると一見韓国人と我々日本人の区別がつかないのは致し方ないけれども、公共の場でデカい声で話すとか喋ってる言葉がガラガラだかシワガレ声とか、これ誰、どこの日本人なのよ。(爆) ひょっとして渡比する(日本人の)皆さんって、あちらではがはがは、がはははははは、なおっちゃんたちばっかりなの?(笑) (いや、ほんとは知ってるけど)

コラムの中では韓国企業(いわゆる夜の店も含むらしい)がフィリピン国内で環境破壊しているとか、フィリピン人従業員を劣悪な環境と待遇で働かせているとか、どーすんだいーのかこのままでという意見、そして金持ちや小金持ち韓国人の子弟が兵役(徴兵)を逃れるためにフィリピンに「留学」に来るケースが多いとか書いている。そうか、そういう理由もあったんだねえ。まー、本当の金持ちはその目的だとしてもフィリピンではなく米国とかヨーロッパに行くんだろうけどね。

しかし。コラムを読み終わってどうも解せない。解せないっす。なぜかといえば、例えば一度韓国系デベロッパー企業に開発許可を出したタール湖近辺の計画の場合でも、その一度は出した許可を環境を破壊するということで比当局が取り消したりしているわけだ。あのね、最初から許可しなければいーんじゃないの?と思うわけだ。筆者のコラムニストが書いているケース、カガヤン(デ・オロ、でない方ね)方面での韓国企業による磁鉄鉱(マグネタイト)採掘でやはり環境破壊が進んでいることなどでも、地元行政がその外国企業が進出してくれば地元に金が落ちる、収入になる、その他諸々地元民へ経済的プラスになると許可を与えた結果なわけだ。

もちろん韓国企業が進出するにあたって賄賂を使ったりもあったんではないかと思えるけれども、こうした比政府や行政の近視眼的は発想とそれに基づく決定や行動は、やはり比人なんだなーと。あるいは贈収賄があるとしたら、収賄側は例によって自分の懐さえ膨らめばそれでヨシ、なのかも。

このここしばらくの「韓国による侵略」下にあるフィリピンで、韓国人を嫌うフィリピン人はもちろん少なくなく、それは彼ら韓国人の言動にもちろん原因がある。また、肩書きが好きなフィリピン人が韓国系企業に勤めだすと周囲にフィリピン人に対して優越感を持つのか今までそうでなくとも急に偉そうになったりして、周囲から「あのやろう……」と状態だったりすることもあるという。

また、韓国資本による英会話スクール多数がフィリピンに存在するようになっているが、こうしたところで韓国人生徒(や日本人生徒もだろう)に英会話を教えていた「フィリピン人教師」たちの多くは韓国通、ファンになってしまっている。英会話を連中に教えている間に自分もハングルを習い出し、韓国の音楽や映画、テレビドラマ、韓流スターたちのファンになる。いわゆるK-PopとOPMはメロディラインが似ているケースが多いように思うので、音楽では確かにそんなに不思議ではない。日本その他からのパクリが多い韓国ドラマもまあフィリピン人にはウケるのかもしれない。

しかしこうした「韓国ファン」フィリピン人は一部のみ。多くのフィリピン人はやはり彼らを嫌っているようだ。てか、これ世界どこ行っても同じかも。(爆)

コラソン・アキノ氏入院

2009.07.01

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン人 フィリピン コラソンアキノ ベニグノアキノ クリスアキノ

comment(0) trackback(0)

Philippine ex-President Corazon Aquino 'very ill'

ご存知マルコスの次のフィリピン大統領で、暗殺されたベニグノ・アキノ氏の妻であったコラソン・アキノ氏が大腸がんで容体が悪化、マカティ市内の病院に入院した。

昨年癌であると診断されてから化学療法を受けていたが、今はもうそれもしていないという。本日(7月1日水曜日)、かつての内閣のメンバーやその他の支持者が病院近くの教会に集まり、アキノ氏の回復に祈りを捧げているという。

不倫ばかりのアキノ氏のばか娘は(こちらもご存知)クリス・アキノである。

政治的指導者が暗殺されたあと、その婦人(夫が、という場合ももちろんある)が後を継ぐというのはありがちだが、生前から政治活動をしていたというならともかく、血が繋がった親族だからといって家業を継ぐかのように後を、というのはどうかと自分は思う。

アキノ政権当時、間違い誤りの積み重ねが膨大にあった「マルコス直後」だったわけで、その意味では大変な苦労は予想されたものの、実際アキノ政権で成し遂げたことというのはさしてないようにも同時に思える。フィリピンで発言の影響力が大きいカソリック教会的倫理観に基づく法改正その他はあったが、それ以上でも以下でもなかったのではないか。

アキノ氏は元々裕福な華人家庭の娘であり、もちろん数からいえば大多数を占める庶民の生活とその苦労、問題をどれだけ本当に理解できていたか、それら問題解消にどれだけ本気だったかは自分は疑わしい。

まあその意味で言えば、比国の歴代大統領のほとんどは富裕層の出身であり、アキノ氏だけが特別とも言えないが。

記事ではアキノ氏の大腸がんがphase 4とあり、4期というのが「末期がん」という意味なのかどうか自分にはわからないが、政治的発言や活動は控えて治療に専念、果たせるなら静かな余生を送られてはどうか。

カウンセラー

2009.07.01

category : 日記

tags : テレビ ナイナイサイズ カウンセラー

comment(0) trackback(0)

カウンセラー(goo辞書)

臨床心理学などを修め,個人の各種の悩みや心理的問題について相談に応じ,解決のための援助・助言をする専門家。(提供元:「大辞林 第二版」)



つまりStar Trek TNGに出てくるようなサイキックではないわけだ。(当たり前だ)

昨晩遅い夕食を採りながらテレビでナイナイサイズという番組を観ていたら、またあの「カウンセラー」が登場していた。この人、言っちゃなんだが上のカウンセラーの定義に当てはまるとはとても思えない、という感想はこの人が以前この番組に初めて登場した時点で持っていた。

どーもこの方、2ちゃんでも人気のようで(笑)、自分もネットでこの方の名前でサーチしてみた。するとモモコクラブの元メンバーにまったく同じ名前かつ同じ誕生日の方がお一人。この方の名前はネット検索ではたくさんヒットするが、多くはカウンセラー、そして占い。え、占い?

心理学や精神医学というのは間違いなく科学だけれども、占いというのはやっぱり違うよねえ。

また、同じ名前の方の名前が数年前の「エキサイト社員」への株式譲渡報告書にも。ネットで「ヒットした方」でカウンセラーとか占いを生業としている方というのは以前はウェブデザイナーもされていたとか。ほうほう。

この「ネットでヒットした」方のプロフィールなどについて書かれたページを何十とチェックしたが、大学で臨床心理学などを学んだ、というのは発見できなかった。

言ったもん勝ち、ってこと?(爆)
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
HeartRails(#1)期間限定(#1)CUE(#1)大東亜戦争(#1)貧困(#2)エディタ(#1)スライドショー(#1)渡辺謙(#1)gmail(#1)日記(#16)スキャンダル(#1)パラワン(#2)デビッドハッセルホフ(#1)仕事(#1)イフガオ(#1)CUEsplitter(#1)AIM(#1)ファラ・フォーセット(#1)サポート(#1)誕生日(#1)Guba(#1)タガログ映画(#3)ジュース(#1)万聖節(#1)棚田(#2)SkyDrive(#1)動画サイト(#1)FC2(#2)ブログ用アドオン(#1)列島線(#1)ピノイロック(#1)メイド(#1)IMAP(#2)Javascript(#1)太平洋戦争(#1)ImageMagick(#1)ネット(#1)売国(#2)マクドナルド(#1)vista(#2)privoxy(#1)ambrosia(#1)C-130(#1)フランス人(#1)駆落ち(#1)Legacy(#1)ブログテンプレート(#1)VirtualBox(#2)zoho(#1)バゴオン・アラマン(#1)欺瞞(#1)旅行者(#1)文化(#1)キーボード(#2)アドウェア(#1)ケソン市(#1)Binibining(#1)tips(#1)Metacafe(#2)看護師(#1)Vigan(#1)在日外国人(#1)Mendoza(#1)Emacs(#3)w32codecs(#1)婉曲表現(#1)Diliman(#1)Trailer(#1)領土問題(#1)女性(#1)メモ(#1)食(#1)PV(#1)smtp(#1)WinAmp(#1)カルデロン(#4)AOR(#1)中国(#1)京都迷宮案内(#1)公務員(#1)バナウェ(#1)Stage6(#1)Brillante(#1)zumodrive(#1)コスプレ(#1)SMS(#1)ネットワーク(#1)ジェネラルサントス(#1)売春(#1)世界遺産(#2)DAVID(#1)三沢光晴(#1)IRC(#1)第二次世界大戦(#1)Globe(#1)窃盗(#1)ジャズ(#1)Freshmeat(#1)snap(#1)黒宮ニイナ(#1)マカティ(#1)音楽(#4)化粧(#1)地下河川(#1)UP(#3)TinyURL(#1)不具合(#1)比陸軍(#1)synctoy(#1)クーデター(#1)PAF(#1)刑罰(#1)フィリピン人(#81)オーバーステイ(#1)SNS(#7)ソマリア(#1)不倫(#1)ph(#1)4GB(#1)マクド(#1)アドボ(#1)海軍(#1)ギネス(#1)フィリピン映画(#5)ミャンマー(#1)テレビ朝日(#1)CLI(#2)Amarok(#2)コラソンアキノ(#1)イゴロット(#1)カンボジア(#1)商売(#1)Gurvitz(#1)Googleリーダー(#1)携帯電話(#2)yakuake(#1)アレック・ボールドウィン(#1)東欧(#1)dolphin(#1)旅行(#8)南北問題(#1)PGMA(#1)SP1(#1)エビ(#1)flixster(#1)dvd-drive(#1)ClamWin(#1)tubely(#1)トロピカーナ(#1)Thong(#1)お悩み相談(#1)MoonProject(#1)mplayer(#2)ネット接続(#1)チェンバース(#1)ffmpeg(#1)Transformers(#1)ライステラス(#2)xp(#1)windows(#4)Dailymoton(#1)laing(#1)del.icio.us(#1)中国語(#1)DivX(#2)入管(#1)DigiKam(#1)動画(#2)違法入国(#1)インドネシア人(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)無料(#2)Tirador(#1)価値観(#1)iTunes(#1)twittering-mode.el(#1)privacy(#1)キーボード交換(#1)Avast!(#1)PNoy(#1)コタバト(#1)KDE-Apps(#1)メール(#1)ブログ(#4)Prism(#1)猥褻(#1)FON(#1)検索(#2)アニメ(#1)トゥバタハ(#1)クリスマス(#3)thunderbird(#3)ビガン(#1)光る爪(#1)ジンベエザメ(#1)埼玉(#1)VIVA(#1)ブラウザ(#1)ハイジャック(#1)米西戦争(#1)マイクロソフト(#1)GMA(#1)アロヨ(#3)米国産牛肉(#1)wikipilipinas(#1)教会(#1)Transmission(#1)ミスコンテスト(#1)ゴーヤ(#1)渡比(#8)Firefox(#12)東京都(#1)日本人(#2)mp3プレーヤ(#1)チャリティ(#1)歴史認識(#1)GUBA(#1)日比(#1)遠い国からの殺人者(#1)ヴィクトリアコート(#1)pinay(#1)lifehacker(#1)フィリピンが登場する小説(#1)reader(#1)Mplayer(#1)dropbox(#1)YM(#4)trojanhorse(#1)stardock(#1)マカロニサラダ(#1)virus(#2)Googleリーダ(#1)規制(#2)共有(#1)anti-virus(#1)カウンセラー(#1)EasyTag(#1)ssh(#1)比空軍(#2)Olongapo(#1)joke(#1)CD(#1)タガログ語(#2)multiply(#1)Amazon(#3)フェリー(#1)外交(#2)PLDT(#1)ハートに灯をつけて(#1)WiFi(#1)チンチングチャレス(#1)music(#1)jejemon(#1)text(#1)オーバーヒート(#1)売春防止法(#1)laptop(#1)うんざり(#1)中国人(#1)ドメイン(#1)Twitter(#3)テレビ(#2)Jazz(#1)バーガー(#1)COSTCO(#1)曳航ソナー(#1)amarok(#1)Feedback(#1)マンゴー(#1)MediaMonkey(#1)ナイナイサイズ(#1)正義(#1)小説(#1)サリサリ(#1)缶詰(#1)ACPI(#1)米軍(#1)plugin(#2)ミンダナオ(#4)海外で土地購入(#1)マリリン(#1)大統領(#1)MP3(#1)投稿動画(#1)クレーム対応(#1)KDE(#1)xmarks(#1)howto(#1)riplock(#1)違法コピー(#1)テロ(#1)Ajax(#1)sexy(#3)Unix(#3)tor(#2)反日外国人(#1)ポストマン(#1)AVG(#1)国籍問題(#1)毎日新聞(#1)Google(#11)ピープルパワー(#1)eBay(#2)FoxyTunes(#2)フィリピン人妻(#1)議員(#1)チャット仲間(#1)爆弾テロ(#1)Field(#1)ポータルサイト(#1)Debian(#1)コード(#1)Switcher(#1)硫黄島(#3)サムネイル(#2)WindowsLiveWriter(#1)外国人介護士(#2)WINE(#1)thumbnails(#1)JPEPA(#1)オーストラリア(#1)深夜(#1)negros(#1)mozilla(#2)詐欺(#1)アンパラヤ(#1)TBS(#2)墜落(#1)evernote(#1)チキン(#2)翻訳(#1)ノートPC(#2)BitTorrent(#1)Windows(#7)ピグモン(#1)留学生(#1)ワールドレコード(#1)核攻撃(#1)朝鮮半島(#1)EPA(#1)Manio(#1)Ubuntu(#18)emacs(#3)反日(#1)中国産食品問題(#1)imap(#2)Ultimate(#1)ヒモパン(#1)モーテル(#1)M.A.X.(#1)avast(#1)黄岩島(#1)旅(#7)カルト(#1)食文化(#1)フィリピンのネット環境(#1)ブックマーク(#1)ネグロス電工(#1)stage6(#1)video(#1)ツナ缶(#1)Yahoo(#2)マルコス(#1)addon(#3)steganography(#1)フィリピン航空(#1)書籍(#1)google(#3)ペニンシュラホテル(#1)images2mpg(#1)クワイ川(#1)EMS(#2)送金(#1)出生届(#1)米国(#1)不法滞在(#1)利用規約(#1)windows7(#2)サムネール(#1)Manila(#1)PAGASA(#1)Ringo(#1)regioncode(#1)日教組(#1)料理(#3)ポルノ(#1)chat(#1)援交(#1)gmx(#1)zorpia(#1)海上保安庁(#1)bookmark(#2)Googleコード(#1)男娼(#1)熱暴走(#1)delicious(#2)TorButton(#1)ネグロス(#2)タワーレコード(#1)DSL(#1)支援(#1)GMX(#1)Gmail(#2)スマイル(#1)TV(#3)facebook(#2)Kubuntu(#25)プエルトリコ(#1)あせった時(#1)洗脳(#1)Thunderbird(#2)AbuSayyaf(#1)SQlite(#1)esta(#1)fences(#1)栗林忠道(#1)感情論(#1)Bayantel(#1)BonkEnc(#1)YouTube(#16)メルギブソン(#1)ライン(#1)日本軍(#1)太田靖之(#1)OFW(#4)geek(#1)ドアーズ(#1)リノ・ブロッカ(#1)入管法(#1)Konqueror(#2)TwittyTunes(#1)pc(#1)ビコール(#2)divx(#1)尖閣(#1)YahooMessenger(#2)日本語入力(#1)国家機密(#1)LAN(#1)政治家(#2)WWW(#1)楽天主義(#1)wav(#1)漫画(#2)Jiro(#1)オンラインストレージ(#1)ノア(#1)DivXPro(#1)Winamp(#2)ウイルス(#2)コストコ(#1)動画再生(#1)中村獅童(#1)ミンス(#2)ベニグノアキノ(#1)yahoo(#1)diigo(#2)クリント・イーストウッド(#1)Vista(#7)Friendster(#3)NORAD(#1)7-zip(#1)危険な年(#1)KDE-Look(#1)おかま(#1)ノイノイ(#1)IM(#1)ジョーク(#1)アナーキズム(#1)filipino(#1)meadow(#2)うるるん滞在記(#1)clive(#3)本(#2)ドラマ(#1)Opera(#2)PAL(#1)日本マニア(#1)エルミタ(#4)WWII(#1)パーティ(#1)philippine(#2)戦闘機(#1)セシル・テイラー(#1)守秘義務(#1)韓国人(#2)フィリピン(#114)Santana(#1)コンピュータ(#5)ASTI(#1)ミスコン(#1)Hotbabe(#1)民主党(#1)フィリピン料理(#2)shoutcast(#1)hdd(#1)マカティビジネスクラブ(#1)入国管理局(#1)国際結婚(#1)笹倉明(#1)Dolphin(#1)CopyTrans(#1)ルータ(#1)比人妻(#1)DVD(#2)水着(#1)K1(#1)iPod(#1)towerrecord(#1)GPG(#1)LiveCD(#1)半島情勢(#1)国軍(#1)Sisqo(#1)共産党(#1)spyware(#1)外国人(#1)イメルダ(#1)アキノ(#2)gpg(#1)被差別意識(#1)オンラインブックマーク(#1)NAIA(#2)理想論(#1)ビサヤ(#1)windroplr(#1)konqueror(#1).ph(#1)閉鎖(#1)真田広之(#1)キリングフィールド(#1)MILF(#2)ピアノ(#1)食べ方(#1)トランスフォーマー(#1)MySQL(#2)伊原剛志(#1)rpc1(#1)Game(#1)衣笠幸雄(#1)経済危機(#1)mp3(#2)Utility(#1)スカボロー礁(#1)政治(#2)アニート(#1)Linux(#28)外国人問題(#1)外国人看護師(#1)ネットブック(#1)TNT(#2)パッキャオ(#1)フィリピン空軍(#1)xoom(#1)Adrian(#1)オロンガポ(#1)mail(#1)バコロッド(#1)海外出稼ぎ(#4)console(#1)Pilipinas(#1)blogging(#1)Mindanao(#1)snapshots(#1)戦争(#3)sisqo(#1)クリスアキノ(#1)マイケル・ジャクソン(#1)addons(#1)プラグイン(#1)Calderon(#4)nerd(#1)強制退去(#1)サンバレス(#1)空母(#1)冷戦(#1)SMART(#1)KNOPPIX(#1)フィリピン大学(#3)湾岸諸国(#1)無料メール(#1)法務省(#1)援助(#1)mp4(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)ホテル(#4)add-on(#1)MetaCafe(#1)Wiki(#1)openoffice.org(#1)オキアミ(#1)friendster(#3)アマゾン(#1)email(#2)バカセレブ(#1)国家(#1)婚約者ビザ(#1)同期(#1)二宮和也(#1)ブログ用ツール(#1)覚書(#1)尖閣諸島(#1)マクタン(#1)プロレス(#1)緊急呼出し(#1)ライトニング(#1)FHM(#1)SkyDriveExplorer(#1)sns(#1)買春(#1)買い物(#1)ユーティリティ(#2)ソルソゴン(#1)マニラ市街戦(#1)中東(#1)ibuffer(#1)FLAC(#2)チャット(#8)firefox(#1)Klipper(#1)Pachanga(#1)ネットラジオ(#1)Killing(#1)SpecOpsLabs(#1)スパイウェア(#1)成田(#1)台風(#1)辞書(#1)newsgroups(#1)Bayanihan(#1)adware(#1)ケソン(#1)海賊(#1)ABS-CBN(#1)Palawan(#1)SmartBro(#1)Dailymotion(#1)フィリピン人との結婚(#1)メイリオフォント(#1)独立記念日(#1)otaku(#1)田中邦衛(#1)映画(#17)バナウエ(#1)vi(#1)殺人事件(#2)マルウェア(#1)デスクトップ(#1)Tor(#1)マニラ(#4)革命(#1)倒産(#1)AOL(#1)国籍(#1)flash(#2)ダウンロード(#2)戦史(#3)アメリカ人(#1)Jamaica(#1)バックアップ(#3)マリクリス事件(#1)セブ(#1)microsoft(#1)フリーウェア(#1)電話(#1)HyperIM(#1)インドネシア(#1)フリー・ジャズ(#1)Search(#1)WindowsLive(#2)日本文化批判(#1)不正(#1)訃報(#3)2ちゃんねる(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。