Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニラ市街戦

2009.11.26

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン マニラ マニラ市街戦 Manila WWII

comment(0) trackback(0)

shot0001

 

ネットで当時の米国のニュース映画映像を発見。日本でいうところの「マニラ市街戦」である。「あちら」では Battle of Manila、というらしい。

 

昔のもので著作権はもう切れている(たぶん)と思うので、MegaUploadにアップしておいた。興味がある方はどうぞ。

 

マニラ市街戦ニュース映画映像(mpg2ファイルそのまま)

同上7-zipで圧縮したもの。パスワードなし)

 

shot0003 shot0002

 

この項に関して特にというわけではないけれど、上で日英それぞれのWikipediaにリンクはしているが、Wikipedia記載情報の信憑性は最近また特に批判も出ているように、必ずしもみな正しいわけではないのでご注意あれ。

スポンサーサイト

SyncToyでファイルやフォルダを同期する

2009.11.24

category : コンピュータ

tags : windows xp vista microsoft synctoy 同期 バックアップ dropbox zumodrive

comment(0) trackback(0)

 

QS_20091124-084159

 

SyncToyというのはMicrosoftがリリースしているフリーウェアで、ファイルやフォルダのバックアップを取るためのツール、ユーティリティ。Windows XP, Vista, 7に対応。

 

75px-SyncToy[1]

 

写真や音楽、その他どんなファイルでも、ファイルかフォルダ単位で指定した場所にsync = 同期させることが簡単にできる。

 

上のスクリーンショットでも分かるように、同期させる「セット」をまず指定する。元->バックアップ場所、という具合。これを複数好きなだけ(セット数の上限はもしかしたらあるのかもしれない)作っておき、セット毎でもすべてのセットでもワンクリックでバックアップ、同期をとることができる。

 

自分は大した量でも高い頻度でファイルを更新しているものをバックアップしているわけでもないので、思いついたときにこのSyncToyを起動して同期させているが、ヘルプファイルにはSyncToyをタスクスケジューラその他を利用して指定時間毎に動かして自動バックアップする方法も解説されている。

 

QS_20091124-084230

 

 

Image representing ZumoDrive as depicted in Cr...

Image via CrunchBase

 

自分がこれを見つけたとき、「ああ、これは便利かも」と思ったのは、利用しているDropboxZumoDriveは確かに便利だけれども、それらにバックアップするためには自分でファイルをそこに置くとかコピーしなければいけないわけで、ローカルPCのHDD上の別なところにまずは置いておきたいが、Dropboxなどでもバックアップしておきたい、なんていう場合これは使えるな、と。

 

 

 

例えば「マイドキュメント」に置いてある文書でもなんでも、特定のファイルだけはDropboxにも置いて共有したいとかバックアップしておきたいとかいう場合、このSyncToyを使えば柔軟な指定とその同期ができる。

 

願わくば容量が一桁でかいMicrosoft SkyDriveでも使えればなあ、と。SkyDriveは確かに容量が大きくしかも無料だけれども、欠点は1ファイル最大サイズは50MBだということ。もちろんツールで大サイズファイルを50MB以下のチャンクに分割して、なんてこともできるだろうが、やっぱりめんどくさい。いや、ちょっと考えればこれも自動でできるよね。50MB以下のチャンクにしてそれをあるフォルダに置き、今度はそれをSyncToyでSkyDriveへコピー。できるかも。できるだろう、きっと。

 

 

Google Translateを比日翻訳あるいは辞書として使う

2009.11.23

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン フィリピン人 Google 翻訳 辞書

comment(0) trackback(0)

QS_20091123-141649

 

どの他言語からでも対日本語へ(あるいはその逆も?)はほとんど使い物に(たぶん、まだ)ならないGoogle TranslateやYahoo!の同種サービスだが、最近Google Translateはリニューアルした。

 

上のスクリーンショットでは画面右側にTranslateというボタンが見えるが、新しくなったGoogle Translateでは例によってAjaxを駆使してそのボタンを押さずとも単語の場合なら入力するだけで下に指定言語訳が表示されるようになった。

 

単語や文章を手入力する以外にも、上の画面にあるようにどこかのウェブページのURLを指定したり、ローカルのPCにあるテキストファイルをアップロードしてそれに対して翻訳を試みることも可能。(自分は利用したことないけど)

 

結構な数の言語がサポートされているようだが、比国の言語(language)あるいは方言(dialect)としてはFilipinoだけがサポートされていて、その他の比国内の言葉のサポートはまだなされていない。

 

GoogleはGoogle Talk上でもこれを利用した「ボット」を用意していて、つまりGoogle Talk上でそのボットを追加しそれに翻訳したい単語なり文章をそのボットめがけて送ると、翻訳を返してくれる。ただしボットは言語Aから言語Bという具合にそれぞれ分かれており、すべての言語組み合わせが用意されているのかどうかは不明。さすがに日英、英日それぞれのボットはあったが、やっぱり使い物にはならない。(笑)

 

チャットで「オレ、タガログわかんないから」と言っているにもかかわらず、タガログで話しかけてくる連中との会話ではまま重宝している。てか、基本的には「え、なんだって? 英語でお願い」と相手に聞きなおすことにはしているのだが、英語が不便な比人が少なくないので仕方なく最近Google Translateをまた使い始めた。

 

つくづく階層社会、社会階層というか、それがある国、社会なんだなあと改めて思う。もちろん世界どこだってそうなんだろうが、日本なんかと比較したら比国はよりはっきりしているというか。知り合いのピノイの多くは月額にしてP35,000とかP40,000とか、あるいはそれ以上の収入がある連中だが、自分がチャットで話す少なくない比人の女の子たちはその額を聞くと、「ええ? ウソでしょ」とか良く言う。

 

そのピノイ連中に言わせれば、そうした月額収入は「金持ちとか優雅な生活ができる額でもない、でも貧乏とも言えない、中間? 独身者だったらまあけっこういい生活できるだろうレベル」だそうだが、何が優雅なのかは人によるよねえ、やっぱり。

 

一方「ウソでしょ?」とか言う女の子たちの大半は、それこそ以前はエンタテイナー(=ホステス)として日本に出稼ぎに来ていたことがあるが、それも今はできなくなって生活に困窮している子、あるいはじゃぱゆき経験はなくとも仕事や収入がほとんど常になくてやはり生活に困っている子たち、だ。

 

自分が好きになれないのは、確かにあちらでは仕事を得るためには熾烈な競争もあるだろうけれども、彼女たちが他人(特に我々外国人)に言うほど仕事がほんとにないわけではなく、多くの場合彼女らが怠け者だったりあれはいやだそれはできない、そんな安い給料なんかで働きたくないとかいう我侭から無職状態を続けていること。

 

例えば知る元エンタテイナーだったある子は、マニラ某所で毎朝早くから野菜を売って家族を助け自分の生活もしているし、別な子は同じく元エンタテイナーで以前は日本に来ていた子だが、今は某所のコーヒースタンドでウェイトレスと掃除婦をしている。

 

そんな子らもいるけどねえ、そういう子たちも知ってるけどねえと「仕事ない仕事ない」ばかり言う子たちに話すと、「just lucky sila(彼女たちはラッキー)」とか言う。がんばってる子達のことはただ「ラッキーなんだよ」と言い、自分たちは「ラッキーでもない、カワイそうでしょ、アタシ」と。

 

んで、彼女らが精を出すのは、「自分をこの国の過酷な生活から引っ張りだしてくれそうな外国人男性を見つけて捕まえる」ことなわけだ。ま、カラスの勝手でしょ、ではある。

 

いつものように話がズレたが、Google Translate、単語レベルではまま使えるので必要な方はお試しあれ。

VirtualBox: Windows Vista HostでKubuntu 9.10 Guestを試す

2009.11.21

category : コンピュータ

tags : Kubuntu Vista VirtualBox

comment(0) trackback(0)

以前使っていた(まだ持ってるけど最近電源さえ入れてない)旧式ラップトップと違い、今メインで使っているラップトップなら大丈夫だろうとそのWindows VistaにもVirtualBoxを入れた。こちらではCPUも速いしメモリもより多く積んでいるし。

 

VirtualBoxのWindows HOST版は出来が悪いという評判らしいのでちょっと心配。心配つーか、どこがどう出来が悪いのかさっぱり分からない、知らないので、とにかく試してみる。

 

VirtualBoxのインストールやアップデートは別に問題なし。ただしインストや更新時に瞬間ネットが止まるが、これは仮想ネットカードだかそのドライバを更新するかららしい。(よく分からんけどたぶんそーだろ)

 

で、Window Vistaをホストにするので、ゲストはやっぱりKubuntu Linuxにする。ネットで探すとKubuntu の最新版の9.10のイメージが見つかったのでそれを使ってみる。イメージはいろんなところにありそうだが、自分が使ったのはここのやつ。これにした理由は特になくて、深く考えずにネットでサーチして見付けたのから適当に選んだ。

 

VirtualBoxといえばGuest Addition。これなしでは不便でしょうがない。(そう、前にも使ったことはあったのだった) 上のイメージ配布サイトでもこれのインストール方法についてのページがある。

 

Installing Guest Additions on Ubuntu

 

手順自体は簡単なのだが、手順最後の実際にGuest Additionをインストするところで躓いた。VirtualBoxの「デバイス」メニューから「Guest Additionのインストール」を選択しても何も起こらない。

 

はて、Guest AdditionのISOがCD-ROMとしてマウントされていないのかな?と思ってみてみると、(VirtualBox側では)マウントはされているとなっている。うーむ、なんだこりゃ。yakuake(これがないとダメな自分)で df してみてもCDROMがマウントされていない。ありゃりゃ。

 

仕方がないので一応起動はしたKubuntuでターミナル(エミュレータ、だよね)をよいしょっとして、そこで

 

sudo mount /media/cdrom0

 

としてマニュアルでマウントを試みた。そして df してみると、おお、今度はちゃんとマウントされてるぞ、と。

 

QS_20091121-214724

 

そして手順にある通りに、

 

sudo sh /media/cdrom0/VBoxLinuxAdditions.run

 

あるいは

 

cd /media/cdrom

sudo sh ./VBoxLinuxAdditions.run

 

として(どっちでも同じだがや)、GuestAdditionをインストールする。

 

と、上のサイトの説明にはあるのだが、/media/cdrom0のファイルを見てみると、下のような感じだった。

 

QS_20091121-214815

 

そう、上記サイトの説明にあるVBoxLinuxAddition.runつースクリプトファイルがない。

 

*exeとかはWindowsゲストのときに使うもんなんだろな、てことはやっぱ拡張子がrunのスクリプトファイルか、でもってあとはCPU種類で分かれてんだろう、きっと。てことで、上は

 

sudo sh /media/cdrom0/VBoxLinuxAdditions-x86.run

 

 

cd /media/cdrom

sudo sh ./VBoxLinuxAdditions-x86.run

 

となる。(自分の場合。AMD CPU機の人はもちろんそれ用を) で、結果以下。ちゃんちゃん。でけたー。

 

QS_20091121-212236

 

(VirtualBox部分だけのスクショです)

 

なにはともあれFlash関係のプラグイン入れーの、やっぱFirefox入れーのし、と今回はここまで。動作速度にも不満はなし。

 

日本語環境はあとで入れます。あんまり必要ないんだけど、自分は。



追記:
GuestAddition追加コマンドが思いっきり間違ってたので修正(爆)

 

 

 

Windows Vista 32-bit版で4GBまで認識

2009.11.18

category : コンピュータ

tags : Windows Vista 4GB ユーティリティ

comment(0) trackback(0)

今の自分の「母艦」はメモリを4GB積んでいる。けっこう快適。しかし購入時にある理由から意図的に32-bit版のWindows Vistaを選択したので、Vistaからその4GBすべてを認識することができない。(仕様らしい)

 

つまり物理的には4GB搭載していても、1GBは常に無視されていて使われることはない。

 

なんだこりゃ。これを解消するユーティリティってないもんか、と探していたらとあるツールを発見。

 

Ultimate Windows Tweaker v2, a Tweak UI for Windows 7 & Vista

 

ultimate-windows-tweaker-v2

 

かつての「窓の手」(古っ)みたいなやつ?

 

で、早速ダウンロードして使ってみると......

 

QS_20091118-112131

 

と、今まで3GBしか認識できていなかったので4GB全部認識されるように。

 

このツールではシステムに変更を加える前いつでも復元ポイントをつくることができるのでそれも安心。

 

 

 

FLAC + CUE から MP3へ分割/変換

2009.11.17

category : コンピュータ

tags : FLAC MP3 CUE EasyTag CUEsplitter BonkEnc ピノイロック フィリピン

comment(0) trackback(0)

知り合い(ピノイ)からとある問い合わせというか質問。

 

「知人からあるサウンドデータを貰ったが、サイズがでかいFLACファイルひとつとCUEという拡張子のファイル、そしてLOGファイルがあるだけで、どうやったら聴けるのか分からない」

 

ふーむ。たぶんEAC (Exact Audio Copy) かなんかでCDまるごとripしたやつではないか? てことでそれを送ってもらった。

 

中身を見るとCDアルバムカバーのJPEGも入っていて、それは

 

Shake Your Brains_a

 

これだった。40年近く前のピノイ・ロックである。なんだ、これならオラ持ってるべ。しかし今回は知り合いの彼が送ってきたFLACファイルを分割し、MP3がいいというのでそれに変換してあげることにする。ちなみにJuan De La Cruzというのは、英語版Wikipediaによると米国人にとってのUncle Samと同じような比人の象徴のような名前らしい。

 

はて、Linuxでならこれをやるやり方は知っているが、Windowsではどうやる、どんなソフトが使えるんだべか。ググってみると、それができるユーティリティはシェアウェア含めコマーシャルのものばかり。うーむ、代金払って使ってるシェアウェアも確かにあるけど、できればやっぱりタダがいい。(笑)

 

たぶんこんなのは知ってる人からすれば「ばーか」なんだろうけど。

 

で、やっとここで見つけたフリーウェアがひとつ。CUE Splitterというやつ。各言語ファイルがあって日本語も有志が翻訳しているらしいということは、やっぱり「知ってる人には当たり前」な一本なのかも。(爆)

 

QS_20091117-105805

 

QS_20091117-105817

 

分割するにはCUEファイルを指定してやるだけ。以上。

 

分割できたら今回は元がFLACなので、FLAC-->MP3変換を。自分はWindowsではBonkEncを使う。

 

QS_20091117-110241

 

まあ、BonkEncつったって、実際のエンコードつーかトランスコードはそれぞれ外部のプログラムに依存している。でも便利ではある。

 

そしてEasyTagでmp3 tagsもセットしてやる。ていねいな仕事。なんてやさしいオレ。(笑)

 

QS_20091117-110516

 

で、できたファイル群をGPGで彼のキーでまず固め、それをごていねいに7-zipでまた固めて(パスワード付)Rapidshareと自分のMegaUploadへ。あとはリンクURLを知り合いにIMと念のためメールでも知らせて完了。

 

彼から送ってきた元ファイル、作業でできたファイルは(自分のPC上からは)消した。著作権云々は彼が自分で考えてくれればいい。おら、知らん。

Yahoo Messenger 10, YMステータスラインに今自分が聴いている曲を表示する方法

2009.11.14

category : コンピュータ

tags : YM YahooMessenger chat チャット IM FoxyTunes plugin プラグイン HyperIM

comment(0) trackback(0)

Yahoo! Messenger

Image via Wikipedia

 

 

ちょっと前まで正式版はバージョン9だったYahoo Messenger(本家、日本のYahoo!のサーバには接続不可)が、ベータテストを経てようやく正式にバージョン10になった。

 

QS_20091114-090726

 

Yahoo!によると今回のバージョン10では従来バージョンよりビデオカムチャットでの画像がより鮮明になったらしい。(自分はあんまり関係ないが)

 

その他にももちろんこれまであったバグの解消、多言語インタフェースのサポート(米国英語、英国英語、ドイツ語、インドネシア語、各国のスペイン語、イタリア語、フランスとカナダのフランス語、ブラジルのポルトガル語、ハングル、タイ語、ベトナム語、香港と台湾の中国語。日本語サポートはなし)がなされた。

 

さらに今回のバージョン10(9から既にあった?)からは、Yahoo!がサービスしているプロフィールやブログ、マイクロブログ、そしてFlickrなどでの「自分のYahoo! IDで行った」各種更新、YMでの「友達追加」、プロフィールページでの他者からのコメントの有無、更新、またYMでの自分の「ステータス」変更などがYahoo! Profileページ上で他の「友達」と共有できるようになった。

 

QS_20091114-091637

 

もしYMで「彼女」とか奥さんとチャットしている場合、相手のYM上の「友達」リストのあなたのところには、上に挙げたようなあなたの「最近の活動、行動」が表示されるので、「あんた、その女誰よ?」ということになる可能性もある。それが嫌な人、困る人は、上のスクリーンショットのページ、にアクセスして自分のそれを「共有しない」にセットしておくこと。ブラウザでページにアクセス、自分のYahoo! IDとパスワードを入れてログインし設定を行うか、あるいはYahoo Messengerからであれば、”Messenger”メニューから”Manage Updates I Broadcast”を選択するとデフォルトブラウザでそのページにログインした状態でアクセスすることができる。

 

もうひとつの今回のバージョンアップでの目玉。これまでYahoo Messengerで自分のステータスラインに今自分が聴いている音楽を追加表示するためには、Yahoo! Music上で音楽を聴いているか、あるいはWinAmpその他ローカルのPCで音楽を聴いていてそれを表示するにはサードパーティのユーティリティ(例えば有名なこれとか)を使うしか方法がなかったのが、今回Yahoo!がYM用に新たなプラグインを用意、それを利用するとFirefox用プラグインのひとつであるFoxy Tunesを経由し、Foxy Tunesがサポートしている音楽プレーヤーソフトなどを使って聴いている「ローカルPC上の楽曲」をYMの自分のステータスラインに表示できるようになった。

 

QS_20091114-092826

 

相手のYM上ではこんな感じで表示される。ちなみに上ではFirefox用Foxy Tunesをインストールしておいたり、あるいはそのFirefoxを起動していないと使えない印象を与えたかもしれないが、どうもそれは関係ないようで、Yahoo Messenger側にFoxy Tunesプラグインをインストールしてあればこの機能は利用できるようだ。(いいかげんですまそ)

 

QS_20091114-093103

 

お互い音楽好きとかなら、何を今聴いているかが分かるとまたそのことでも話ができたりはずんだりする。(のかも)

 

ちなみに自分がこれを書いている今聴いているのがこれ。

 

QS_20091114-093919

 

懐かしいっす。CSI(ラスベガス)の「主任」が若いころ主演し、CSIとは違って若く突っ走りまくるシークレットサービスの捜査官を演じた(悪役はウィレム・デフォーだった)映画の主題曲である。

 

ともあれ、米国というか本家版Yahoo Messengerをお使いの方、あるいはこれから使ってみようという方は楽しんでください。

 

それと訂正、更新情報。

 

本家版Yahoo Messengerでは比国の大手携帯電話キャリア2社(GlobeとSmart)の携帯電話との間でSMS/textのやりとりができる。が、YMから同一携帯電話番号にSMSを一度送ると、相手からそれに対しての返信が最低一度はないと、2回目以降のSMS送信ができなくなる。

 

だもんで相手にはそれを伝え、YMからの最初のSMSには必ず返信するようにしてもらうこと。でないと送りっ放し、かつ一度しかYMから(その番号、相手には)SMSができなくなる。

オンラインストレージ: SkyDriveExplorerを試す

2009.11.12

category : コンピュータ

tags : Windows WindowsLive SkyDrive SkyDriveExplorer オンラインストレージ バックアップ 共有

comment(0) trackback(0)

数ヶ月前から新しい「母艦」と持ち運び用のNetbookを使い始めてから、ここしばらくKubuntu Linuxをインストールしてある古いノートPCに触っていない。Kubuntu 9.10のインストールCDイメージファイルはダウンロードしたが、これまでKDE 3ユーザだった自分はKDE 4なKubuntuにあるいはUbuntu + KDE 4への躊躇しているのもある。かといってだっさいGNOMEに戻るなんて嫌だし(GNOMEはその登場からそもそもださかったぞ)。まあ、使い勝手はどちらも似たようなものであって、どっちがいいとか優れているとかではなくてあくまで個人の好みとか判断なんだろう。

 

MS Windowsでいうなら、Vistaはだせーだせーと言われ続けてきたけれども、自分は世界中でいわれているほど悪いとも思えない。嫌な人は使わなければいいし嫌でないなら使えばいい。

 

さて、オンラインストレージの話だった。自分の場合例えば写真なら多くの人たちと同じくFlickrphotobucketGoogle Picasawebその他も使っているし、RapidShareMegaUploadもお金を払って利用している。特にMegaUploadは「終生会員権」を購入したので、運営社が潰れたり嘘つきでない限り、たぶんずっと使えるだろう。

 

ただしこれらはすべて明示的に自分からファイルをアップロードしなくてはならないのが面倒といえば面倒。ところが最近は専用プログラムだかドライバをインストールしておけば、ローカルのPCのハードディスクと同じようにファイルをアップロード、バックアップできるサービスがたくさんある。

 

自分が使っていたのはDropboxZumoDriveだったが、窓の杜の記事でMicrosoftのSkyDriveを同じ形で利用できるものがあることを知り、最近試してみている。

 

SkyDriveExplorerというのがソレだが、なんといってもSkyDriveは現在容量が25GBあり、しかもそのスペースが無料で、かつ簡単に利用できるというのは大きい。

 

QS_20091112-123210

 

SkyDriveExplorerをインストール(要再起動)すると、SkyDriveが通常のハードディスクのようにPCから見えるので、そこにドラッグ&ドロップするなりなんなりしてファイルのコピーや移動ができる。容量25GBのネットワーク越しの仮想ドライブだ。SkyDrive側のページにログインすれば、ファイルやフォルダのアクセス権も管理できるので、他人とそれらを共有したりすることもできるし、それが嫌とか必要がないのであれば、もちろん自分のバックアップ用だけに使ってもいい。

 

自分の場合ほとんど他人とシェアすることはないし、必要に応じてGPGで暗号化してからアップしたりしているのでプライバシーやセキュリティの点でも問題なし。

 

特に大量の写真や音楽ファイルその他をバックアップしたい人には「いい話」なんじゃなかろうか。タダだしSkyDrive自体はMSが運営社だし、そう簡単に潰れてサービスが停止するなんてこともおそらくないだろうし。(笑)

しこしこ、もんもん

2009.11.10

category : 日記

tags : Linux フィリピン人 フィリピン チャット amarok openoffice.org meadow emacs

comment(0) trackback(0)

しこしこといっても下半身をいじっているわけではない。(爆)

もんもんといっても下半身方面のことで悶えているわけでもない。

 

しこしこというはしこしこ仕事してるなあオレ珍しく、ということである。そしてもんもんというのは、「ああまた渡比したいなあ」と思っているということであーる。

 

在マカティ某社にもぐりこもうとしている、というのもまだ続いているし(そう、まだ結論は出ていない)、仕事依頼もけっこう順調に入ってきている。まだ収入化はできてないが。(苦笑) 収入化ができたとしても、そのときはきっと渡比する暇や時間がない、たぶん。貧乏暇なしアゲイン、だ。

 

そして今日も今日とてMeadowでお仕事。自分がWindowsでMeadowを使うのは、別にEmacsenとかEmacsマニアだからではなく。マウスに手を伸ばすことなく、つまりキーですべての操作ができるのが気に入っているし、それに長いこと慣れてきたからであって、いまさらカーソルを左右上下に動かすのにマウスなんか使ってられない、というだけだったりする。MS WordやExcelのドキュメントをこちらに渡してくるような不埒な(でもないか)連中には、こっちはOpenOffice.orgで対抗ぢゃ。え、Excelのマクロが完全に互換ではない? 知るかそんなこと。(笑)

 

最近メインで使っている「母艦」と自分が呼ぶラップトップのサウンド関係もようやく安定してきて、仕事している間好きな音楽をようやく聴きながらできるようになった。うんうん、よしよし。しかしiTunesださいよねえ。好きになれんわ、これ。早よメイン環境をLinux + KDEに戻してAmarokを使いたい。

 

そんなしこしこもんもんな毎日を送りながら、やっぱりチャットはしているわけで。加えて復帰したいつくかのSNSでの、えーなんだ、なんていうか女子たちとのお話。(笑)

 

しかし最近どーもアタリが悪い。アタリが悪いといっても別に付き合う女や女房候補を探しているわけではないのだけれども、やっぱりいい女かつ話していて楽しい相手のほうがいいじゃないですかあ。男だしね。

 

各種SNSでそのサイトにいる理由として、「友達探し」その他いろいろあって、そうした理由や目的を自身のプロフィールページに書いておくことができるところが多いが、「真剣なお付き合い希望」としている女性、ま、ほとんど比人しか知らんけど(笑)も、な場合、自分の経験ではその多くはシングルマザーである。

 

別にシングルマザーだろうとなんだろうといいんだけれども、話してみると直接言ってはこないにしても、とにかく今すぐにでも面倒みてくれる誰かいい男性が必要なんですー、と言いたげなのがモロ伝わってくる女子が多くてそれはやっぱり辟易してしまうし、その手の人たちは話しても面白いことはほとんどない。(自分には)

 

メールやサイト内のメッセージ交換、あるいはYMその他のチャットででも、いきなりこちらへの身上調査から始まり、自分で聞いてきたくせにいまだに独身だと言おうものなら、「なんで、どーして、bakit naman」と来る。そんな歳まで独身なのか何か欠点があるか(爆)、女は好きでも結婚は嫌、なのか(笑)、はたまた独身てのは嘘で実際は女房子供がいるのか、どれかでしょう。あるいはいい相手にめぐり合うチャンスがなかった、運がなかった、とか。

 

しまいにゃ、「ここ比国は(生活してゆく、生きてゆくのは)大変だ」とか、「子供の学校にお金が掛かって」だの、中には「明日赤ん坊に飲ませるミルクが(ない)」とか言うあんたたち、自分自身のことについての詳細は言わなかったり隠したり嘘つくのにこちらへは身上調査(笑)、へてから「助けてくれません?」って......

 

中には、「仕事ない、見つからない。どうする私」 どうする私って言われてもねえ。「死んだほうがいいかな、と毎日考える」って、そう言われてオレにどーしろと???

 

あなたの「フレンドリスト」にはけっこうな数のニホンジン男性たち(ふはははは)がいるじゃあーりませんか。知ってますよ、そのことアコ。(笑) その中の誰かでも全員にでも、助けてでも彼女にしてでも結婚してくださいでも頼んでみれ、ほれほれ。(笑)

 

え、嫌だって? 恥ずかしい? ほー。オレには恥ずかしくないってわけか...なんでやねん! てか、嘘だべ? 今までも他のニホンジンその他に頼んでみたことあるんでしょ? ないダウ。あーさよか。

 

ちなみに。特に比人たちだけというところではないけれども、カムチャット専門のサイトで、CamFrogというところがある。専門ではないけれども比人多数、らしい。かつ知り合いのピノイいわく、「エロい子がけっこういます、はは」とか。そちら方面ご希望の諸兄はお試しになるよろし。(笑) もちろんまじめにチャット相手を探す、チャットを楽しむでもよし。

 

さて、オレは「しこしこ」に戻りますか......

facebookにも戻ったが

2009.11.05

category : 日記

tags : フィリピン facebook sns

comment(0) trackback(0)

長いこと放置状態だったが最近戻りつつあるSNSの中のひとつがfacebook。知り合いたち(またしても例によってオール比人 苦笑)から「ならfacebookにも戻りなよ」とか言われたので、ログインしようしたが自分のIDさえわからん。(爆)

てか、自分のどのメールアドレスで登録したのかを覚えていないので、パスワードリマインダーでパスワードを送ってもらうとかリセットすることさえできない。kaiins talaga。

てことで再度新規登録。

まー結局以前からの知り合いばっかりで、知り合いの知り合いに話しかけたりすることもなく、知り合い関係でない新たな人間を探すことをするわけでもなく。これ、自分にはあってもなくてもどうでもいいような。(笑)

男連中はMafia Warsとやら、女連中の多くはfarmなんとかとかcafeなんぞとかいうfacebook上のゲームに夢中になっているらしい(人もいるらしい)。んー、つまらん。全然面白くない。ぢぢいには無理かも、この手を楽しむってのは。いいよ、オレはHarpoon 3しこしこやるだべさ。

ちなみに自分はfacebook上では「比人」である。(笑)

めも

2009.11.05

category : 日記

tags : メモ 覚書 日比

comment(0) trackback(0)

obtain stuffs they request
gpg
establish secure channels for servers in some countries
ssh or onion?
notify them via type II or more "paranoid" anonymous remailers

anticipating lols

無題

2009.11.04

category : 日記

tags : ambrosia YouTube

comment(0) trackback(0)

Again I sing and dedicate these song to u...








Naku talaga haha

talagang babaero ba ako?

2009.11.03

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン フィリピン人 マクド 深夜 援交 マニラ

comment(0) trackback(0)

某方面からbabaeroくさいとの評を頂いているらしいので、その方面の話をひとつ。

今回マニラに滞在中、夜中に腹が減ることが多くあって、その度に夜中にホテルから外に出て街をうろついていた(いつものことなんだけど)していて、結局真夜中というとファーストフードぐらいしか開いていないし、あとはコンビニかなんかで何か食べ物を買うぐらいしかできなかった。他にもあるのかもしれないが、自分にはそれは思いつかなかったし、バーその他でなんか食えばいーじゃんというのは自分はできないし。

てことで24時間営業のマックによく行った。何が悲しゅうてマニラでわざわざマックなんだか......とは思ったものの、空腹を満たしてくれるものならなんでもいいさ、だったのである。

んで、当然自分は連れもなく一人なわけだが、マックに入ってオーダーし、金を払って渡されたバーガーや飲み物を持ってホテルに持ち帰って食おうかそれともここで食おうかと最初は考えた。もちろんどっちでもいいんだけれど、いくら貧乏旅行とは言えホテルの自室でマックを食べる図なんてのを想像すると悲しい。(爆)

だもんでそのままそこマックの店内で食べることにした。

すると。

一機の敵機が来襲。敵機といっても可愛い(ていうかとりあえず自分にしたら若い 笑)女の子なんだが、

「一人ですか、ここ座っていいですか」とか言うではないか、タガログで。(そのぐらいはオレもわかる。はは)

いや、えーと、別にいいけど......(オレからの返答はもちろん英語のみ、であるが)とはっきりしないでいると、その敵機は撤収してしまったのだった。

ありゃ、うーむ。まあ敵機はこちらが敵性(=外国人男)であることはもちろん認識した上での偵察行動(笑)だったんだろうが、なんだべさ。

と、その子がどこに行ったのか見ると、別なテーブルにその子と同じような年頃の若い子が数人。ふーん。夜中の1時過ぎなんだけどねえ。

あ、もしかしてこれは......

席を立ってカウンターに再度行き、女の子が飲んでいる飲み物を確認してから同じもの、そしてフレンチフライと甘いもの(サンデー)を頼み、カウンターのスタッフにそれをその子らがいるテーブルに持っていってくれないかと頼む。

自分は自分のテーブルに戻ってそれとなく様子を伺っていて、頼んだものがあちらのテーブルに届けられるのを見ていた。スタッフが届けると女の子がスタッフに何か聞いている。で、スタッフがこちらを指差す。(笑)

そしておもむろに席を立ってその子らのテーブルに。

「どうもありがとう」と礼を言ったその子は自分も同じテーブルに座るよう促した。あとはお決まりの「ニホンジン?」から始まったが、「どこのホテルに泊まってる?」と来たらもう敵の作戦目的は分かった。(笑)

なるほどね、これが噂に聞くやつですか、と。

で、どうしたかというと、いやいやオレは金持ってない、ニホンジンだけどチョー貧乏ニホンジンなんだよ、と。(笑) そんなことあるはずないと言う子たちに、手持ちのペソ(そのときはP600ぐらいしか持ち合わせていなかった 笑)を出してからパンツのポケット2つを裏返して見せ、ほらな? ホテル帰ってもないんだよ金、まじで。ホテルの宿泊料金はもう払っちゃっててその分のキャッシュもないし、と。で、オレは明日日本に帰る(ウソ 笑)し。だからもうキャッシュ要らないのよ。(笑)

そしてその子らはようやく諦めた。こいつはただのケチかホモか本当に貧乏ニホンジン、とか思ったんだろう。(笑)

実はこれ、同じく24時間営業の別なマックに行ったときも遭遇した「敵機来襲」だったりして(時間はやはり深夜であった)、知り合いのどスケベ米国人が言っていた話は本当だったんだねえ、と改めて思ったのだった。

これってニホンジンどスケベの間でも有名なことなのかしらん。(笑)

復帰直後から

2009.11.02

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人 SNS YM

comment(0) trackback(0)

前記事で「捧げた相手」でもなんでもないんだけれど全然。(笑)

SNS群に復帰したばかりなんだが以前より大幅に声が掛かるのはなぜだなぜなんだろうか。

ババエロ本領発揮、てか。(笑) いやいや、違うんだって。

しかし仕事してる場合じゃないぞこれは、うん。(笑) いくつかのSNSでちょっとプロフィールを更新したんだが、その今日だけで30人以上から声が...... もちろん中には、「あ、はい、そうですか、ええ、ええ、なるほど、あ、オレちょっと忙しいんで今。またねーん」とすかしてしまう、したい相手も少なくはないけれど、今日お声掛け頂いた中の数人はこれはなんとも......

まー、ぢぢいを本気で相手するのはいるわきゃない。と分かってはいても、可愛かったり話していて楽しい相手はいつでも歓迎ですだ。あと今回の「復帰」ではモロに自分の顔をどのSNSでも晒すようにしたんだが、オレってピナイに受けいいのか?(爆) (もちろん冗談だが。でなきゃアホさ加減更に丸出しだ)

しかし以前にも増してこのブログは中身がないのう。(苦笑) とは思いつつも。

一人は4分の1中国系というまだ大学生。写真で見る両親や家族からしてもけっこうお金持ちっぽい。んでおまけにまだ大学生。真剣に相手するわきゃないべ、こんなぢぢい。(爆) でもこの子は頭の回転が速いし話していて楽しい。おまけに可愛いし。くそー。もったいないからチャット相手としてとっておく。(何いってんだか)

別な子でやはりまだ20歳。「マニラに来たっていうけど、誰に会いにきたの、次誰に会いに?」って、ニホンジンおやぢはみな現地の女に会いに行くってか。まー、言われてもしょーがないよね、それがほとんどだろうし実際問題。この子もYMでチャットしたいとか言う。ふーむ。

もう一人は32歳。自己申告で結婚歴なし子供なし。真剣に結婚相手を探しています、なんて聞くと失礼ながら容姿が想像できてしまいそうなわけだが、某SNSのその子のプロフィール写真は驚くべきものだった。こりゃアヤシイ、他人の写真とか芸能人の写真をさも自分のように使うやつも多いし。

ところが、この子、そのSNSではサイト内でユーザ同士でチャットできる機能があるにもかかわらず、自分からYMのIDをこちらに教えながら、「話したい」と言ってきた。うーむ。ますますもって怪しいじゃあーりませんか、こんなハポンおやぢに。(爆)

で、YMでアドしながらネットでこの子のメールアドレスでdeep searchしてみる。(笑) おお、別なSNSにもページあるじゃありませんか。どれどれ......

どっひゃあ。ううううううううう。こ、こ、これは...... あのう、あなたモデルか女優ですか? でもネットの比人芸能人とかセクシーモデル系のサイトでも、テレビや雑誌でも見たことはないんですが......

なになに、身長174cm????? ぐわ、オレよりちょっと低いだけじゃんか......

で、YMで話してみた、実際。すると......

ピノイとの恋愛にもう飽き飽き、ピノイはもーイヤ、だったら外国人、でも身体目当てのどスケベ変態男どもは外国人でもイヤ、なんだとか。うーむ。男はみんなスケベなんじゃ......(笑)

あんたの顔や身体(水着写真が別SNSプロフィールページに数枚あった)で男にスケベになるなってほうが酷でしょに......

んがあー、そして妹も爆裂ばでぃですか。なんてこった。あんたたち、何者ですかあ。

仕事でモデルやらイベントコンパニオンやらレースクイーンを雇ったことがある自分だが、この姉妹は...... 昔会えてたら雇ってたかも。(笑)

で、彼女、おなかすいちゃったからまたね、また話しましょ、と言ってYMからログオフしていった。ふーむ。期待しないで待とう。一度話してみてオレに興味がないなら二度と話しかけてはこないだろう。はは。

無題

2009.11.02

category : 日記

comment(0) trackback(0)

Now I sing and dedicate this song to you.



Nakuuu ha LOLs

SNSへ復帰中

2009.11.02

category : ネット

tags : フィリピン フィリピン人 SNS facebook multiply zorpia flixster friendster tubely

comment(0) trackback(0)

ここの一言プロフィールには「飽き気味」と書いているけど、マニラから帰国してからずっと長い間放置状態だった以前利用していた各種SNSに復帰中。

しかしあまりに長い期間放置していたため、自分のIDを忘れてしまっていてログインできないところばかり。(爆) おまけにそれぞれ登録した際のメールアドレスが別(今はずいぶん減ったがそれでも30ぐらいのアドレスを今でも利用中)なので余計にややこしい。

仕方がないのでいくつかのSNSでは知り合いたちに、ねえ、オレのIDなんだっけ?と聞いた。(汗)

ただし復帰といってももう興味がわかないところもけっこうあって、例えばTubely、Zorpia、myfunbox(だっけ?)、flixsterその他はもーたぶん使わない。MySpaceももういい。

てか、多くのそうしたSNS(中にはほとんどデーティングサイトといってもいいようなところもあるわけだが)でみんながやっているあのコメント、どーも好きになれないのだ。

別にファンシーなグラフィックスとかアニメGIFとか、あるいはBGMがなくたって、気持ちがこもった文章のコメントだったらいーじゃないか、それじゃ満足できないのか、みんなは?と思う。

いくらファンシーだったり素敵な画像なり音楽なりがついているにしても、どれひとつとってもコメントポスト者が自分で描いたり作った音楽なんてのはほとんどなく、オンライン上に腐るほどある無料のサービスからコピペしてきただけのものをコメント欄にポストして楽しいのか、うれしいのか、えらいのけ?(笑)

で、コメントを受ける側もそーゆーのが楽しいのけ? あほちゃうけ?(笑)

中には自分ではできない言語を話す相手には、Google TranslateとかYahoo Translateなんかでコピペしただけで「まったく意味不明」な文章にしてそれを投稿している連中も多く見かけるが、そんなんコメントするほうもされるほうも楽しいんけ? うれしい?

まー最後は他人がどうこう言うことじゃない、カラスの勝手だべ?ということなんだけど。


以前某所で知り合った日本人女性はあるピノイに恋をした。それはそれはよかったですね、だ。
で、彼女はそのピノイ(日本に来てたホストですな)が帰国するときに一緒について行った。彼女には初めての渡比だった。

んで帰国してからそのピノイの家を訪ねたときの話とかを、ふんふん、あーそう、へえ、とか聞いていた。しばらくするとそのピノイから彼女に手紙(英語)がきた。

そして彼女はオレに日本語にしてくれないか、と頼んできた。

え、あのさ、あなたその彼からの手紙読めないの? じゃ彼が日本にいるときは日本語でだけで話してたわけ? 彼の実家を訪ねに渡比したときはどうやって会話してたの?

黙る彼女。まーろくな会話なんてできてないんだろうな、と思った。

それにさ、あなた、辞書でもなんでも使って、自分で読もうとする理解しようと一度は努力してみたんですか、と。してないわけだね、これが、一切。ただオレが翻訳業(でもある)ことを知っているから安易に「あいつに頼めばいいや」とか思ったわけだ。

あなた、彼と結婚したいって言ってたよね。結婚後もあなた誰かに彼とのやりとりの翻訳だか通訳頼むつもりなの?

ま、いいさ、一度だけ、今回だけだよとそのピノイからの手紙を送らせてみて読んでみると、なんてこたあない、ただのラブレターで中身らしいものはほとんどない。ただただ甘い言葉の羅列であって、中身らしいといえるのはお金で困ってるということだけ。(爆笑)

好きだってさ、愛してるだってさ、会いたい、恋しいだってよ。結婚したいダウ。(笑) あとお金送ってくれないかだってよ。以上。(笑)

あともう分かってくれたと思うけど、オレは翻訳もしてるけど恋文横丁のラブレター翻訳屋じゃないんで。そこんとこよろしく。

その後彼女からの連絡は途絶えた。(笑)

今日のチャット(ほんとはもう昨日)

2009.11.02

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人 YM Yahoo チャット

comment(0) trackback(0)

ym

そう、もう昨夜なんだな。最近また戻りだした各種SNSサイト。どこでもほとんどコンタクトやらフレンドリストにいるのは比人な自分であるのは以前と変わらない。(爆)

土曜の夜は一睡もしていなくて、日曜の午後3時ぐらいからこりゃ少しは寝なきゃと思ってベッドで横になったが、1時間で目が覚めてしまった。

しょーがないのでそのままずっと起きてて仕事したりネットをいつものようにウロウロ。(どっちのほうが時間が長いかは言わない 笑)

そして昨夜はその中のひとつ某サイトでアドした一人が、こちらがオンラインであることを知ってYMで話したというので、これから夕食なんで悪いけどちょっとアウェイになるごめん、戻ったときいたら話そうといってほんとに飯を食った。

PCに戻るとまだその女はオンラインだったので話してみた。

20うん才、カロオカン在住、あんどカロオカン市内で小さいが複数のパソコンショップ兼ネットカフェを経営。ほう。チャットもその自分の店からだとかで、カムを動かして店内を見せてくれた。すごいねえ、若いのに。儲けてるねえ、ビジネスウーマンじゃん、なんて。なんでもカロオカン市ではもっとも若くしてビジネスライセンスを取得した一人なんだとか。(よくわからん)

なんでも以前日本に農作業の出稼ぎに来たことがあるとか(研修生というアレだろう、たぶん)で、そのときとかのお金を貯めておいて始めた商売なんだそうだ。

ほうほう、んじゃ日本にいる間に日本人の彼氏いたんじゃないの?がははは。

「日本人男性は誰も私のことを好きじゃないよ」

あらま、そうですか。うーん、なんていったらいいか。(苦笑)

でも、あなたのリストには日本人男性けっこういるよね、日本人が好きなの?(笑) それともその中の誰かが今の彼氏だったりして?

「みんなただこのサイトでアドしてるだけ。誰とも会ったことない。誰も(フィリピンまで)会いに来たことはない」

あー、そうですか......

「私は一生独身でいる覚悟はできてる。家族のために頑張るし、家族がいればそれでいい」

うーむ、そういわれてなんと返したらいいのか。(苦笑)

「あなたのリストはみんなフィリピーナね」

え、う、うん、まあそうかな。はははははははははははは。

「誰がラッキーな女なの?」

ラッキーって。誰もいないって。誰とも実際に会ったことないし(このサイトの連中では 笑)

「ほんと? それでも誰かがラッキーな一人にいずれはなるのよね」

って、なんだよそれ。オレと会ったらラッキーなんてことないし。(爆)

てか、今回はオレの顔がばればれなんだな、この女には。しまった、YMのアバター写真変えておくんだった。(笑) (てか、常に5つのIDで同時にYMにログインしてオンラインな自分)

「奥さんは今どこ? フィリピン人?」

え、いやいや、独身ですから。フィリピン人もなにも。(爆)

「ふーん。一応信じるけど」

(そろそろチャットを終了したい気分 笑)

「先月マニラにいたって言ってたけど、次はいつくるの?」

いやあ、それがさっぱりわかりましぇん。次がいつになるのかは。^^;

「今度来たら会いたいです」

え、そーですか。困ったな。(笑) そうね、チャンスがあればね。

「私まだ男に人と付き合ったことないよ。こわい」

はあ...


次はモロッコの若い男子。日本文化に興味があるそうで、武道と日本語を勉強中。ふむ、パレスチナ支持派は当たり前か。いやオレもそうっすよ。うーむ、礼儀正しいやつ。日本の武道を習ってるからだろうか。チャット内容は省略。(笑)

バギオの昔からの知り合いともチャット。彼はまだ30ちょっと過ぎだが、まだそんなに若いのにHIVだという。は? HIV?と聞くと、Hair Is Vanishing、禿げかかってきた、ということ。(笑) だもんで今は頭はスキンヘッドにしてるんだとか。スキンまではいかないけどオレとおんなじようなもんだな。(苦笑) でもまだ若いのにねえ。

彼もそうだし自分が知る、付き合いがあるピノイの多くはIT関連の仕事をしている奴らが多く、ストレスからなのかみんなでないにしてもまだ若いのに髪が薄くなってきているやつが少なくない。彼とはいつものようにビジネスアイディアの話から始まって下ネタ話で締めた。(笑)

彼いわく、比国でも「接待」はもちろんあり、食事や酒はもちろん、「女」を顧客社の人間にあてがう、なんてこともあるんだそうだ。どこでも同じなんだねえ、そういうのは。って、お前会社員時代経験したんだな?(笑)と聞くと、「うん、PLDTの仕事してたころ、こっちが本当だったら接待する立場なんだけど連中とセブ行ったときにごちそうになりました、食事も酒もなんもかも、だははは」 奥さんに言うぞお前......(笑)

彼またいわく、「ピナイが怒ったらとにかく謝る、下手な言い訳は一切しない。それがベスト」なんだそうだ。そーですか、ふーん。(笑)

さらには、「別れ話が出たとしても、それを切り出したのが女(ピナイ)側だったらそれは終わりじゃない、99%。とにかくしばらく言いたいことを言わせておくなり無視させるなりしておく。男側は口ごたえもしない、とにかく黙る。と、女のほうが何もなかったかのように普通に戻る。だいたいこうだよ、ピナイは」 はー、さよか。いやいや、その分野で君に異論を唱えるなんてことはわたしゃできませんて。(笑)

と、ここまで書いたところでYMで別な一人から声がかかった。

この彼女、写真を掲載できないのがとーーーーっても残念というぐらい美人、しかも才女なんだが、もちろん彼女のプライバシーもあるのでやっぱり写真はなし。

28歳になったばかりのシングルマザーの彼女の娘がかなりの高熱を出しているんだそうだ。だからといって書いたような連中と違って金を送ってほしいだとか助けてとかいう女じゃないので、余計自分は気に入っている。(あっちはチャット相手としてしかこっちには興味はない。残念 笑)

自分にはそうした安易なヘルプを請てくることはしない彼女も、やっぱり苦しい生活から抜け出したい、自分をそこから引っ張り上げてくれるちょっぴりお金持ち(比国の基準や平均からして、という意味だが)の外国人男性がプリンスのように自分の目の前にいつか現れることを期待している。まあ、そういう点ではもちろん彼女も女というか女の子というか。

ちなみに比国の某地方在住の彼女、日本人にはリアルライフでまだ一度も会ったことがない、見たこともないそうだ。

一人目になっていいっすか、じゃオレ。(笑) 住所さえもらえればオレ一人でどこでも行くし。(笑)

娘さん、お大事にね。

今日は万聖節

2009.11.01

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人 万聖節 xoom EMS 送金

comment(0) trackback(0)

そう、今日は万聖節、英語でいうとAll Saints Day、なんだそうだ。(しらんがな 笑)

で、その日である今日、(自分の)Yahoo Messenger上では騒がしい。

なんでかというと、普段ほとんど話さない、あるいは自分のYMコンタクトにいることはいるが、一度アドしただけで話したことがないような連中からもメッセージが。

Happy Halloween!なんてのもあるのだが、その最初の一言に続いて、

「明日赤ん坊に飲ませるガタ(ミルク)のお金がない...助けて」

「明日食べるお米がない、お願い助けて」

「今日明日お金が要る、なんでかわかるでしょうあなた? お願い(以下同文)」

そして中には、である。

「25ドル送ってくれたらYMでプライベートショー1時間するわ」

はたまた同じオファーで、

「25ドル? それはlowest price、私はそんな安くはないわよ。いくら出す? 50? 60? 80?」

とかまで......

あのねー、誰がオンラインのカムで裸のショーだか見るのにそんな金出すんですか。んー、いや出す人もいるんだろうけど、オレはいやだ。(笑)

それにあんたらほとんどSmartBroのくそ不安定でちょー低速ネット接続でいつもカム画像ひどいもんじゃないの。そんなんで「プライベートショー」言われても。(笑)

んで、彼女ら、ショーをオファーしてきた以外の連中も含めて、急に助けてとか今日中にお金がほしいとか言うのは、相手側にその気があるなら数時間中に世界中どこからでも現金を受け取る方法があることを知っているからである。本人が比国現地で銀行口座なんて持っていなくても。

Western Unionなんてのは有名なわけだが、残念ながら日本ではかつてそのサービスを代行していた銀行が既にサービスを終了している。つまり普通の日本人には利用できない、あるいは難しい。

PayPal? そう、PayPalも一時期比国内の銀行口座への送金でトラブルがあったが、今はそれも解消されている(と聞いた)。だがPayPalだと結局受領する側の人間もPayPalにログインしアカウントをつくらなければならないし、そして結局銀行口座がいる。

で、登場する、というか比人の多く(特に富裕層以外)が知っていて利用するのがXoomという米国の送金サービス。ここのサイトは日本語化はされていないが、日本からでも利用、つまり送金はできる。

この手のサイトの多くと同じで、送金者側はクレジットカード、デビットカード(J-Debitは不可)、PayPalなどを利用して送金する。そして例えば比国内の受領者だった場合、銀行口座に入金してもらうこともできるし、もっともポピュラーなのが窓口まで出向いてキャッシュを受け取るという方法。

窓口というのはいくつか種類があって、比国の銀行もそうなのだが、おそらく「誰でも利用できる」ということではCebuanaという比国全土に店舗を持つ質屋チェーンだろう。ここはどこも24時間営業なので、いつでも送金してもらった現金を受け取ることができる。

ただし。受け取りに出向く際には受領人であることを証明するIDが必要なのだが、貧困層だとたぶんそれしか持っていないだろう、バランガイ発行のIDは利用できない。なんでかというと信用度がほとんどないかららしい。(笑) 偽物IDとかが多い、あるいは当たり前に出回っているからなんだろうと思う。

お前はなんでそのXoomとやらを知っているんだって? そりゃ利用したことがあるからですが。(笑)
送金手数料は受領方法と送金金額によっても違うが、概ね日本の銀行から送金するよりは安いんじゃないだろうか(たぶん)。それに送金するのに郵便局や銀行その他一切に出向くことなくオンラインで送金でき、しかも受け取る側も(利用できるIDさえ持っていれば)24時間いつでも現金を受け取れるというのは便利だろう。

あと訂正。以前EMSで現金を送るのは違法と書いたと思うが、最近調べたら送れるんだそうだ。ただし、通常のEMSに追加で保険を掛けなければいけないとか。比国向けの場合、EMSも安心できるわけでもなくて、受け取る人間の家まで配達するポストマンがまじめな奴なのか、あるいは悪い奴なのかどうかでちゃんと相手が受け取れるかどうかが決まる。(なんだかなあ)

そしてEMSというのは国際速達、みたいなものなのだが、日本から比国へは翌朝の便でマニラにまで運ばれるものの、比国側の郵便サービスがこれまたずるずる、日曜日配達しないのは想像できなくもないが、なんと土曜日も配達しないのだ。EMSでも。聞くと電報でさえそんな調子らしいので、まあ比国、ですな。(苦笑)

人や家庭によっては、EMSで海外から送金や重要なものを定期的に送ってもらっている場合、自宅に配達に来るポストマンになにがしかのチップを払うことでちゃんと届けてもらう、とかもしているらしい。

知っている人には当たり前の話かもしれないが、一応ご参考まで。

旅行として滞在かそれとも

2009.11.01

category : 日記

tags : フィリピン 仕事 マニラ

comment(0) trackback(0)

徹夜中である。

自分には別に珍しくもない(ただし年齢的にはかなりしんどい 爆)。なんでまだ起きてるかというとこれを書いているから、というのと他に、さっきまでチャットで知り合いの比人(ピノイ)と話し込んでいたからだった。

ちょっと前、といってもマニラから帰ってきてからだったが、その彼から「ちょっといい話かもしんない話が......」とIMで声を掛けられた。(普段から良く話している相手なんだけど)

なに? なん? なんのいい話?と聞いてみると、彼が今の会社の前に勤めていた現地マニラの某企業が、今回日本の某企業の代理店だかをすることになり、日英そしてその逆の英日の翻訳ができる者を探しているという。

ほうほう、なるほど、ともっと突っ込んで話を聞くと、もし可能なら翻訳だけでなく通訳、かつ日本人顧客(社)へのコンサルもできる人材がいれば、ということらしい。ほー。

そこで彼は自分(オレ)のことを思い出し、以前のボスに「こういうハポンの知り合いがいますが」と話したんだという。

そう話した時点で先方は彼を通さずすぐにこちらにダイレクトにコンタクトしたがり、彼にこちらの電話番号やメールアドレス、IM IDとかSkypeのIDを教えろ、と言ったという。

どーしますか?と聞いてくる彼に、いやいや、ちょっと待て。オレの話をしてくれた君のことをさしおいてってわけにはいかんぞ。オレは日本人だかんな。(関係あるか? 笑) とりあえずまだオレのコンタクトは教えとくな。んで、君、オレと先方の間に入れ。いや入ってちょ。仕事が決まって受注でもなんでもできたときは、kickbackあげるから。Let's earn a bit tayo hehehehehe

「わかりました」と彼が言った翌日、また先方がオレのコンタクトをしつこく聞いてきたという。んー、そうか。よし、それじゃね、翻訳できる人間がまず欲しいというか、既に翻訳しないといけない文書なりがけっこうの量あるらしいともいうので、ではサンプル翻訳をしましょう。1ページだけ。無料で。あくまでも自分の翻訳能力を知ってもらう、評価してもらうためのサンプル翻訳だから、1ページだけ。んで、デッドラインは受けません。無料サービスでもなく、ただただ評価のための試し翻訳だから。その辺先方が納得できるんだったらそうしましょー、と伝えてよ。

「わかりました、さっそく」と彼。その日の午後、彼からメールとYMで話が。「ではこれをやって(翻訳して)くれとエクセルのドキュメントを預かりました。明日までとか言ってます」 

いや、だからさ、今回言ったのは無料サービスじゃないから、納期指定は受けませんて。ほんでどれどれ、メールに添付して彼が自分に転送してくれたのを見てみると、うげ、1ページだけっていってんのに、このエクセルのシート、ページが何ページもあるじゃんかよ!

よし、わかった。これ、先方はこのシートの英語翻訳版が早急に業務で必要なんだな。そして今回ラッキーにも「もしかしたら」英語に「ただで」翻訳してくれる、できるかもしれない奴がみつかったと思って調子にのってんな? ざけんな。(笑)

えーとね、じゃこの中の1ページだけ、あくまで1ページの業務のさほど必要でもないと思われるページだけ今回評価用として無料でやりましょう。で、こんなの30分もかからないけど(笑)、あさって中には納めます、と言ってたと伝えてちょ。(笑)

で彼はまた「わかりました。自分もちょっと先方はずるいというか、ただで仕事をやらせようとしているようにも思います」 だべ? まー、フィリピン人とか比企業だけとかじゃなくて、日本にもそういうのたくさんいるからねえ。オレはもうタダ働きはごめんだ。昔さんざんしたしさせられたし。(爆)

そして昨日の夜中というか本日早朝、彼からその後どうなったかの報告があったのだった。(もちろんサンプル翻訳は納めた)

先方はなんて言ってた? こんな質じゃ使えないって?(笑)

「いや、文法にも間違いはないし、単語も幼稚じゃないものだし、スペル間違いもなくて全然問題ない、と言ってました」 うーむ、どういう意味なんだか。日本人だったらどうせひどい英語だろう、ぐらいに思ってたんだろうな。(苦笑)

「で、やっぱり仕事を頼みたいそうです。そしてダイレクトに連絡したいそうです」

ありゃ。いやいやいやいや。君、間に入ってよ、まじで。てか、紹介料でも出すんか先方は君に?

「いや。ただダイレクトにあなたとコンタクトが取れるならそんなもの要らないだろうぐらいに思ってるんじゃないですか、はは」 うーん、そりゃいかん、いかんぜよ。てか、オレはそういうのは好かん。

「で、とにかく今先方はあなたの仕事のレート(料金ね)が気になってしょうがないって言ってます」

まー、ここ日本とそちらで同じことをする、依頼してやってもらうにも当然料金は違うわなあ。そりゃ当たり前だ。以前別な知り合いから彼が製作してたウェブサイトの日本語化で翻訳を頼めないかと言われたことがあったけど、オファーされた翻訳の単価のあまりの違いに倒れそうになったよ。はは。

「でしょうね。先方もそれを心配してるみたいですけど、とにかく仕事は頼みたいと言ってます。でまたあなたのコンタクトを教えろと迫られてます」 はは、そうか。ごめんね、面倒かけて。礼は絶対するからオレのマネージャでいてくれよ。(笑)

「今週中に先方の社長、自分の前のボスでもあるんですけど、と他のえらいさんたちと一緒に食事、というか接待されることになってます、自分が」 ほー、いいじゃん、それ。「けっこう高いレストランで、ということみたいです」 いいじゃんいいじゃん。Enjoy their treat then, enjoy getting treated :D

「レートですけどどうします? なんて言えばいいんですか」 えーと、あのねー、内容と量にもよるね。ボリュームディスカウントだってありえるし。納期が急だったり短かったりすればurgent feeがプラスされることもあるしさ。

「なるほど。あと接待うけるときは、あなたができればマニラで社員として雇用されることを希望している、という話も先方に必ずしておきます。自分が考えるには、外部の翻訳者とか通訳にその都度依頼するより、あなたのような人が常時オフィスにいてコンサルもできれば、先方にとっても絶対いいはずですから」 はは、だべだべ。(もしそうなったとしたらいくらくれんの、という話もあるけど)(笑)

「実はその先方の企業、日本にもオフィスあるんですよ。フィリピーノスタッフだけですけど常駐スタッフがいます」 あーなるほど。

「ですからそちらの社員というか日本国内採用スタッフとして普段は日本にいて、必要なら、あるいは提起的にこっちマニラの本社に会社の金で来る、なんてこともありえる、できるかもしれませんよね」

なるほど。それもいいかも。てか、普通に考えたらそっちのほうが実入りはいいかもね。(笑) よし、わかった。ありがとう。

「とにかく今週話しますから」 okie dokie、頼むね。

ところできれいな奥さん元気かや?

「はい元気です」

奥さんきれいだもんねえ。くそ。(笑) おねーさんいないの、奥さん?(笑)

「いえ、うちのが一番上なんですー」 そうなのかー。残念。(笑)

「でも、うちのやつ、友達かなり多いですよ、女の子」 お?

「紹介できる子探させましょうか? ひひひひ」 おー、ひひひひひ。日本人おやぢでもおけ、って子ね。(笑)


って、最後はやっぱりこの手の話で落ちたか......(苦笑)


プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
EPA(#1)Google(#11)規制(#2)Klipper(#1)駆落ち(#1)SNS(#7)アドウェア(#1)光る爪(#1)TNT(#2)sns(#1)IRC(#1)同期(#1)blogging(#1)yahoo(#1)openoffice.org(#1)マクタン(#1)日記(#16)旅行(#8)ジョーク(#1)クワイ川(#1)コスプレ(#1)mail(#1)AbuSayyaf(#1)gpg(#1)stardock(#1)gmx(#1)二宮和也(#1)Palawan(#1)Mindanao(#1)マリリン(#1)windows7(#2)text(#1)Bayantel(#1)CopyTrans(#1)戦史(#3)韓国人(#2)ssh(#1)国家機密(#1)南北問題(#1)SMART(#1)ライトニング(#1)ヒモパン(#1)delicious(#2)WinAmp(#1)ビガン(#1)Utility(#1)ピノイロック(#1)カンボジア(#1)Ultimate(#1)チェンバース(#1)GMA(#1)Firefox(#12)ネット接続(#1)Freshmeat(#1)オーバーヒート(#1)esta(#1)価値観(#1)jejemon(#1)フィリピン人妻(#1)IM(#1)emacs(#3)マカティビジネスクラブ(#1)東京都(#1)アロヨ(#3)投稿動画(#1)遠い国からの殺人者(#1)パッキャオ(#1)meadow(#2)EasyTag(#1)Pilipinas(#1)2ちゃんねる(#1)日本マニア(#1)CLI(#2)アニート(#1)黒宮ニイナ(#1)howto(#1)ドメイン(#1)プロレス(#1)Dailymoton(#1)add-on(#1)太田靖之(#1)万聖節(#1)wikipilipinas(#1)プエルトリコ(#1)Avast!(#1)アドボ(#1)del.icio.us(#1)ネットラジオ(#1)ジャズ(#1)Jiro(#1)CD(#1)米国(#1)朝鮮半島(#1)Debian(#1)革命(#1)LAN(#1)緊急呼出し(#1)バナウェ(#1)マカティ(#1)GUBA(#1)ライン(#1)おかま(#1)LiveCD(#1)ブログ用アドオン(#1)リノ・ブロッカ(#1)比人妻(#1)殺人事件(#2)列島線(#1)Binibining(#1)flash(#2)検索(#2)ハイジャック(#1)棚田(#2)半島情勢(#1)バコロッド(#1)マルコス(#1)サポート(#1)ミスコン(#1)eBay(#2)Search(#1)ASTI(#1)ブックマーク(#1)steganography(#1)フィリピン空軍(#1)オロンガポ(#1)国籍(#1)GMX(#1)反日外国人(#1)共産党(#1)Amazon(#3)DivXPro(#1)うんざり(#1)Vigan(#1)towerrecord(#1)video(#1)アナーキズム(#1)Jazz(#1)ACPI(#1)ブログ(#4)Field(#1)国軍(#1)rpc1(#1)経済危機(#1)ダウンロード(#2)Googleコード(#1)Diliman(#1)ユーティリティ(#2)期間限定(#1)日教組(#1)ケソン市(#1)日本語入力(#1)中村獅童(#1)bookmark(#2)ph(#1)バゴオン・アラマン(#1)外国人(#1)ノイノイ(#1)オンラインブックマーク(#1)Dailymotion(#1)イフガオ(#1)ジュース(#1)バックアップ(#3)トランスフォーマー(#1)ImageMagick(#1)領土問題(#1)中東(#1)privoxy(#1)konqueror(#1)食文化(#1)Opera(#2)GPG(#1)ネット(#1)議員(#1)政治家(#2)FoxyTunes(#2)lifehacker(#1)iPod(#1)クリスマス(#3)Brillante(#1)アレック・ボールドウィン(#1)中国語(#1)チャット(#8)NORAD(#1)ハートに灯をつけて(#1)images2mpg(#1)中国人(#1)コラソンアキノ(#1)危険な年(#1)セシル・テイラー(#1)TwittyTunes(#1)出生届(#1)フィリピン大学(#3)philippine(#2)MoonProject(#1)Javascript(#1)アニメ(#1)フリー・ジャズ(#1)dvd-drive(#1)料理(#3)PAGASA(#1)divx(#1)コンピュータ(#5)PGMA(#1)CUE(#1)ABS-CBN(#1)7-zip(#1)Transmission(#1)食べ方(#1)snapshots(#1)日本軍(#1)窃盗(#1)ミャンマー(#1)ナイナイサイズ(#1)ノートPC(#2)HeartRails(#1)米西戦争(#1)無料(#2)negros(#1)stage6(#1)あせった時(#1)正義(#1)スキャンダル(#1)セブ(#1)アキノ(#2)クリスアキノ(#1)入国管理局(#1)真田広之(#1)コストコ(#1)倒産(#1)WiFi(#1)男娼(#1)買い物(#1)sexy(#3)wav(#1)Adrian(#1)Calderon(#4)ペニンシュラホテル(#1)Sisqo(#1)留学生(#1)Vista(#7)Ubuntu(#18)旅行者(#1)動画サイト(#1)台風(#1)windroplr(#1)ケソン(#1)WindowsLive(#2)PAF(#1)DigiKam(#1)SpecOpsLabs(#1)BitTorrent(#1)水着(#1)Globe(#1)SkyDriveExplorer(#1)閉鎖(#1)太平洋戦争(#1)サムネイル(#2)Gurvitz(#1)YouTube(#16)フィリピン航空(#1)xmarks(#1)FC2(#2)ポストマン(#1)newsgroups(#1)ポータルサイト(#1)辞書(#1)VIVA(#1)違法入国(#1)MILF(#2)被差別意識(#1)thunderbird(#3)Ajax(#1)洗脳(#1)Manio(#1)ピグモン(#1)書籍(#1)PLDT(#1)笹倉明(#1)フィリピン人(#81)ミンス(#2)海外で土地購入(#1)Emacs(#3)Transformers(#1)感情論(#1)文化(#1)BonkEnc(#1)欺瞞(#1)ffmpeg(#1)AOR(#1)旅(#7)東欧(#1)Mplayer(#1)ソルソゴン(#1)冷戦(#1)公務員(#1)FHM(#1)成田(#1)空母(#1)DVD(#2)mp3(#2)タガログ語(#2)スパイウェア(#1)理想論(#1)Googleリーダー(#1)マニラ市街戦(#1)フィリピン人との結婚(#1)ブラウザ(#1)インドネシア人(#1)パーティ(#1)YahooMessenger(#2).ph(#1)コード(#1)オーストラリア(#1)曳航ソナー(#1)サンバレス(#1)刑罰(#1)在日外国人(#1)フィリピンのネット環境(#1)大統領(#1)海上保安庁(#1)WindowsLiveWriter(#1)不法滞在(#1)Gmail(#2)console(#1)中国(#1)YM(#4)clive(#3)imap(#2)xp(#1)詐欺(#1)フィリピン(#114)pc(#1)Unix(#3)filipino(#1)フランス人(#1)FLAC(#2)Ringo(#1)tubely(#1)日本文化批判(#1)不正(#1)漫画(#2)MediaMonkey(#1)田中邦衛(#1)AVG(#1)firefox(#1)Yahoo(#2)ベニグノアキノ(#1)マルウェア(#1)vi(#1)google(#3)エディタ(#1)マクドナルド(#1)売春防止法(#1)WINE(#1)小説(#1)コタバト(#1)貧困(#2)addons(#1)ミスコンテスト(#1)Manila(#1)ピアノ(#1)DAVID(#1)カウンセラー(#1)Googleリーダ(#1)違法コピー(#1)ワールドレコード(#1)仕事(#1)婉曲表現(#1)マクド(#1)windows(#4)JPEPA(#1)外国人看護師(#1)DSL(#1)カルト(#1)援助(#1)メイド(#1)歴史認識(#1)テロ(#1)Bayanihan(#1)援交(#1)thumbnails(#1)衣笠幸雄(#1)Dolphin(#1)アメリカ人(#1)テレビ(#2)CUEsplitter(#1)教会(#1)マニラ(#4)イゴロット(#1)mplayer(#2)Winamp(#2)synctoy(#1)守秘義務(#1)音楽(#4)アマゾン(#1)Olongapo(#1)墜落(#1)ルータ(#1)不具合(#1)ネグロス電工(#1)Prism(#1)イメルダ(#1)MP3(#1)ツナ缶(#1)入管法(#1)w32codecs(#1)ライステラス(#2)フリーウェア(#1)KDE-Apps(#1)music(#1)買春(#1)オーバーステイ(#1)フィリピン映画(#5)猥褻(#1)第二次世界大戦(#1)タワーレコード(#1)うるるん滞在記(#1)エルミタ(#4)ビコール(#2)訃報(#3)フェリー(#1)Trailer(#1)メモ(#1)ClamWin(#1)スカボロー礁(#1)渡比(#8)婚約者ビザ(#1)食(#1)snap(#1)WWW(#1)女性(#1)NAIA(#2)KDE-Look(#1)埼玉(#1)キリングフィールド(#1)尖閣(#1)メルギブソン(#1)翻訳(#1)外国人問題(#1)オキアミ(#1)ネットワーク(#1)SQlite(#1)ウイルス(#2)Konqueror(#2)xoom(#1)ヴィクトリアコート(#1)ジンベエザメ(#1)動画(#2)世界遺産(#2)shoutcast(#1)キーボード交換(#1)パラワン(#2)湾岸諸国(#1)ソマリア(#1)バカセレブ(#1)プラグイン(#1)TBS(#2)Switcher(#1)avast(#1)Stage6(#1)trojanhorse(#1)地下河川(#1)SmartBro(#1)マンゴー(#1)ゴーヤ(#1)バナウエ(#1)K1(#1)geek(#1)尖閣諸島(#1)Guba(#1)大東亜戦争(#1)黄岩島(#1)EMS(#2)hdd(#1)Mendoza(#1)法務省(#1)otaku(#1)laptop(#1)zorpia(#1)Legacy(#1)ネットブック(#1)SP1(#1)携帯電話(#2)海軍(#1)DivX(#2)MySQL(#2)Santana(#1)インドネシア(#1)WWII(#1)国際結婚(#1)AIM(#1)PV(#1)チャット仲間(#1)Tirador(#1)Pachanga(#1)クレーム対応(#1)4GB(#1)joke(#1)ドアーズ(#1)adware(#1)ビサヤ(#1)国籍問題(#1)無料メール(#1)IMAP(#2)flixster(#1)Hotbabe(#1)キーボード(#2)化粧(#1)支援(#1)VirtualBox(#2)日比(#1)C-130(#1)反日(#1)plugin(#2)比陸軍(#1)SkyDrive(#1)yakuake(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)売春(#1)楽天主義(#1)diigo(#2)ジェネラルサントス(#1)laing(#1)evernote(#1)pinay(#1)クリント・イーストウッド(#1)スライドショー(#1)HyperIM(#1)商売(#1)dropbox(#1)渡辺謙(#1)外国人介護士(#2)覚書(#1)Thong(#1)海外出稼ぎ(#4)AOL(#1)三沢光晴(#1)zoho(#1)spyware(#1)バーガー(#1)モーテル(#1)栗林忠道(#1)chat(#1)伊原剛志(#1)外交(#2)看護師(#1)addon(#3)政治(#2)COSTCO(#1)マイクロソフト(#1)メイリオフォント(#1)硫黄島(#3)お悩み相談(#1)チキン(#2)中国産食品問題(#1)メール(#1)privacy(#1)映画(#17)Windows(#7)京都迷宮案内(#1)不倫(#1)MetaCafe(#1)デスクトップ(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)送金(#1)Jamaica(#1)microsoft(#1)dolphin(#1)熱暴走(#1)スマイル(#1)タガログ映画(#3)誕生日(#1)テレビ朝日(#1)カルデロン(#4)本(#2)friendster(#3)ギネス(#1)ブログ用ツール(#1)PNoy(#1)Metacafe(#2)Twitter(#3)ピープルパワー(#1)Tor(#1)フィリピンが登場する小説(#1)amarok(#1)戦闘機(#1)M.A.X.(#1)OFW(#4)戦争(#3)mozilla(#2)SMS(#1)anti-virus(#1)ポルノ(#1)mp4(#1)トロピカーナ(#1)トゥバタハ(#1)TV(#3)UP(#3)利用規約(#1)国家(#1)サリサリ(#1)gmail(#1)facebook(#2)民主党(#1)TorButton(#1)デビッドハッセルホフ(#1)tips(#1)multiply(#1)売国(#2)iTunes(#1)オンラインストレージ(#1)独立記念日(#1)KNOPPIX(#1)サムネール(#1)チャリティ(#1)動画再生(#1)sisqo(#1)核攻撃(#1)ノア(#1)Kubuntu(#25)Friendster(#3)比空軍(#2)フィリピン料理(#2)ブログテンプレート(#1)email(#2)深夜(#1)Feedback(#1)ホテル(#4)日本人(#2)爆弾テロ(#1)共有(#1)マカロニサラダ(#1)Wiki(#1)Linux(#28)アンパラヤ(#1)米軍(#1)マリクリス事件(#1)エビ(#1)smtp(#1)米国産牛肉(#1)riplock(#1)tor(#2)入管(#1)zumodrive(#1)twittering-mode.el(#1)電話(#1)vista(#2)KDE(#1)ネグロス(#2)mp3プレーヤ(#1)reader(#1)nerd(#1)ibuffer(#1)Thunderbird(#2)缶詰(#1)強制退去(#1)regioncode(#1)virus(#2)FON(#1)fences(#1)TinyURL(#1)チンチングチャレス(#1)ドラマ(#1)Game(#1)マイケル・ジャクソン(#1)毎日新聞(#1)海賊(#1)クーデター(#1)ミンダナオ(#4)Amarok(#2)ambrosia(#1)ファラ・フォーセット(#1)PAL(#1)Killing(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。