Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できもしないことを平気で言う政府

2010.11.30

category : ふぃりぴん

tags : フィリピン 半島情勢 海外出稼ぎ

comment(0) trackback(0)

遅きに失した感は否めないものの、データバックアップ用の2TB HDDをようやく購入した。HDDユニットとそれを入れる外付けHDDケース。ケースはUSB(2.0)だけじゃなくてeSTAインタフェースもついているやつで、今メインに使っているラップトップには幸いにもeSTAインタフェースもあるので、どれだけ速いのか楽しみである。まだこれを書いている時点では配送されていないんだけど。

XPでフォーマットするとあかん、というこのadvanced formatを採用したHDD、VistaやWindows 7でフォーマットすればXP機に接続しても問題はないという話(らしい)なので、空き容量がほとんどなくなっているネットブック(XP)のほうのバックアップ(てかネットブックにそんなにデータを長く置いておく自分も悪い)にも使えるだろう。(期待)

別な古いラップトップにはKubuntu(それもかなり古いリリースのやつ)が入れてあって、こちらも空き容量がない。空き容量がなさ過ぎて最新のリリースにアップグレードできないでいるのだった。(爆) Linux/Ubuntu/Kubuntu上のntfs-3gが読み書きしてくれれれば、こちらもデータのバックアップができて、Kubuntu自体のアップグレードもできようってもんだ。


さて。

すでにネットのあちこちではまさに「イタい話」として取り上げられているこの話:

在韓フィリピン人5万人、日本へ避難検討…砲撃事件受け (痛いニュース)


1 名前:影の軍団ρ ★:2010/11/26(金) 23:56:27 ID:???0
フィリピンのラシエルダ大統領報道官は26日、韓国と北朝鮮の緊張がさらに高まった場合、韓国に滞在する5万人以上のフィリピン人を日本に緊急避難させることを検討していることを明らかにした。

現地の報道によると、すでに日本政府に一時滞在を認めるよう打診しているという。
ラシエルダ報道官によると、北朝鮮の砲撃事件を受け、アキノ大統領が朝鮮半島の
緊急時の対応を検討するように指示した。韓国にいる5万人以上のフィリピン人を
直接帰国させるのは困難なため、朝鮮半島に近いフィリピンと友好関係のある国への
一時避難を検討した結果、日本に白羽の矢が立ったという。

http://www.asahi.com/international/update/1126/TKY201011260552.html



昨日のテレ朝系だったかのニュースでは、NNN系の特派員がソウルの街中で比人向けに行われているストリートマーケット(周囲や通行人への迷惑は例によってお構いなしに開かれているので現地住民には評判が悪い)に出向き、集まってきている比人にこの件についてインタビューしていた。

どうやらマジで、つまり比政府(正確には大統領報道官の一人)が言ったことを真に受けているらしい。

同じテレ朝のニュースでは日本の外務省に取材もしていて、外務省は協議があったことすら否定した。(笑)

半島情勢が今以上きな臭くなった場合、半島にいる邦人救出に自衛隊が出張るわけもなく、かといって定期航路便がまだ飛べる間はともかく、それさえもできなくなったとき、JAL(というかあそこの組合連中)はかつてと同じく「危ないから(飛ぶ/行くのは)ヤダ」とまた言いそうな気がしないでもない。

そもそも半島情勢が「邦人救出」が必要なぐらいまで緊迫ないし悪化したら、日本海上だって当然危ないわけで、米軍はあてにはならないことは既に分っているわけで、日本国は当在韓邦人の救出を最優先にするわけだ。(ま、現政権はどーするつもりなのか知らんけども)

そこに「5万人の在韓比人退去に手を貸せ」、「日本に退避させてくれ」って、あまりにも図々しい話である。「日本が一番近い」とか「輸送するための航空機が足りない」とか、何いってんの、てな話。

ここで比空軍のインベントリを見てみる。http://en.wikipedia.org/wiki/Philippine_Air_Force

比空軍の手持ちリソース中、距離、輸送しなければいけない人数などを考える(それでも当然ピストン輸送が絶対必要)と、人員輸送に利用出来る機種はC-130しかないだろう。英語版Wikiの当該ページでは非空軍が保有するC-130は2010年現在で6機となっている。が、「アクティブ」、つまり運用可能機数はたった2機だ。しかもこの2010年現在となっているこのデータはちょっとアヤシイ。昨年だか今年ミンダナオで墜落したC-130があったが、その墜落事故の前からこのWikipediaでの機数は変わっていないからだ。(爆)

C-130の通常輸送機としての最新型であるH型の輸送可能人員は約90人。(武装した兵士の場合は当然これより減る) 5万だか6万人いるという在韓比人を2機のC-130でピストン輸送するのは現実的には不可能だろう。

では、いわゆる旅客機だったらどうか。さすがにほとんどの機体では「90人」の2~3倍の人間を運ぶことはできるだろうが、母数が5万とか6万人だということを考えるとこれだって現実的といえるのかどうか。

米国、日本含めどの諸外国も「あんたたちの避難は任せなさい!」といえるようなことではないことは明白である。比政府は今になって韓国への出稼ぎ目的渡航を禁止したようだが、そもそも半島が戦争状態にあるなんてことをあの国の人間は知らない。おそらく政府の人間の大多数でさえも。休戦状態が60年続いているだけで、いってみれば「紛争地域」には変りない。そこへせっせと出稼ぎに行く国民、出稼ぎを仲介してサヤを稼ぐ派遣企業、そしてそれを奨励する政府、なわけだ。

こういうと似非人権派たち、そしてワケワカな比人たちは顔を紅潮させ唾をとばして「じゃなんですか、彼ら/我々に死ねというのか!」とか「邦人はいざとなったら救出するのに、人種差別だ」とか、自分たちが好きで出稼ぎに出たことを棚にあげて喚くに違いない。

「好きで家族と離れて海外に出稼ぎに出たんじゃない!」と言うかもしれない。それはあなたたちの政府にまず言ってください。国内産業を育てることを何十年にも渡ってせず、質のよい労働力に必要な教育を実現する努力もせず、何か悪いことがあるとみな他人、他国のせいにしてきて彼の国の今がある。残念ながら。

そしてしてもいないことをあたかも「こんなことを国民のためにしている」、「努力している」とほざく比政府や役人、政治家。日本のそれも腐ってるけど腐り具合は残念ながら日本の負けです。(爆)

つまりこーだ。今回の「日本に避難させられるよう日本政府と交渉している」なんてのは、国外に出稼ぎに出ている自国民(とりわけ在韓比人連中)とその家族に対する単なるポーズである。例によって。できもしない、やってもいないことをヘーキで言うわけだ。

比国は日本と違って大統領制なわけだから、いざとなったら大統領令ででもPALその他自国の航空会社に普段に飛ばしている定期航路運行を中止させても、自国民を半島から避難、退去させることに協力させればよい。


かつてベトナムからいわゆる「ボートピープル」と呼ばれた難民が日本にもやってきた。最終希望目的地が日本以外の者たちも、それが「日本にこの先定住したい」という者たちも、難民キャンプに収容され日本国内でもキャンプ外には出れなかった。もし半島有事が本当に起こり、在韓比人たちが日本にやってくるとしたとしても、ベトナム難民と同じ扱い、つまり「希望するなら定住してもいいですよ」とは絶対なるはずもなく、つまりはあくまでも一時的な日本への避難になる。

モノじゃないから地面のどこでも好きなところに寝ててくださいとはもちろんいかず、かといって上陸させたあと日本のどこへでも好きに行って構いません、どこに定住してもいいです、仕事を探したり職に就くのもOKです、なんてことになるはずもなく。

それでも「滞在」させるとなれば収容施設(まさかそれぞれの避難民比人みんなをホテルに、なんてわけにはいくまい)も必要だし、管理監督する人員だってなんだって要る。莫大な金だ。もちろん輸送する(それが可能だったとしても)こと自体にも莫大なコストと時間が掛かる。彼らが日本へ緊急避難的に旅客機で「自費で」来るにしたって、日本側が対応、用意しなければいけないことを山積みだ。そして自費で飛んで来るにしたって、やはり「一時的に(一般の外国人旅行者その他と同様に)査証を発給することには大いに問題がある。だとすると彼らはもし自費で飛んできてもホテルその他などに普通の旅行者と同じように宿泊する、させるわけにもいかんだろう。

ネットで比人たちと話していると、半島情勢について危機感を持っている者はほとんどいない。危機感どころか半島やこれまでの歴史、経緯、特に朝鮮戦争以降現在に至るまでどーゆーことになっているのかを知りもしない。これは我々「すぐお隣り」と違って彼らには関係ないといえば関係ないところの話であって、あまり責められたものでもないけれど、知り合いのマニラの雑誌編集部のやつ、その他UP卒業生で一応「アッパーミドル」家庭の連中でも、自分が話した中には一人も「休戦状態」だったことさえ知る者はいなかった。知っているのはサムスンとかLGとかK-Popとかそんなことだけ。

そうした連中でさえそんな程度の認識や知識である、ということは、それ以外の連中のそれは無きに等しい。家族、親族、親しい友人が韓国への出稼ぎ中ないし経験があったとしても、だ。

やっぱりあそこの政府の悪さ、ダメさはいっちゃ悪いがアフリカあたりの途上国並なんだよなあ、と改めて思った。(PALをはじめとする比国の全航空会社はそのアフリカ途上国のそれと同じぐらい安全面での配慮に欠けているとして、EU空域飛行禁止処分になっていることはご存知の通り)

それでも、だ。

彼らの最後の叫び、言い訳は「だってお金ないし」であり、「祈りましょう」なんだろうね。
スポンサーサイト

比人大好き(てかこれしか知らんてか)な (本家)Yahoo!のMailをIMAPで使う

2010.11.23

category : コンピュータ

tags : email thunderbird mozilla yahoo imap smtp tips howto

comment(0) trackback(0)

Yahoo!といっても例によって本家、米国、あるいは「日本以外」のYahoo!の話。Gmailその他いくつかを除けば、Yahoo! MailとMicrosoftのLiveとかHotmail(これらはドメイン違うだけで全部同じだけど)などが日本国外では圧倒的に使われている。

そして比人とやりとりする人たちの多くはYahoo Messengerも使うだろうから、となるともちろん日本国外のYahoo!のIDは持っていて利用している(んだろう)。

比人の多くはメールを書くことをまずしないので、そうした比人たちと普段からやりとりや付き合いがある人達がどれだけメールのやりとりもしているかはわからない。自分の経験上からは(ほんとに)大学を卒業し、さらに海外留学している(してた)、あるいは比国現地でホワイトカラーの仕事に就いている連中は例外的にメールというか文章を書くことを厭わない。が、これはほんとに例外。

たしかにYM上でたとえ相手がオフラインであってもメッセージは送れる。しかし相手が携帯電話上でもログイン状態を維持していて I'm mobile なんてステータスになっていると、YM上でその相手へ送信できるメッセージ長はSMSと同じという限界がある。さらには当然ながらオフラインでは画像その他のファイルを相手に送ることもできない。

もっと言えば、比人の中にはYahoo Messengerを使うということはYahoo!のIDを取得してできることであって、YMを使うというのはYahoo!上でのメールアドレスも取得することなんだ、というこれまたごく当たり前のことを理解していないし知りもしないという連中が多い。(汗)

最近世の中ではFacebookがメッセージングシステムの大改変を行うとかで、それは電子メールを「殺す(かもしんない)」などという論調がネット上で見られる。そうか? ほんとにそうなのか? セキュリティもプライバシーもヘッタクレもないFacebook上で仕事のメッセージ交換なんてするのか?(笑)

と、まあとにかく。

自分が知っていたのはYahoo! MailではPlusという有料サービスがあって、毎月料金を払ってそれを使うとPOP(とsmtp)アクセスでもYahoo! Mailが使える、というものだった。

しかし今日、Yahoo! Mailの画面で「Yahoo! Mail Beta使えるけど?」みたいなのが出たので試してみた。ウェブメールとしての動作は確かにこれまでのものより軽快にはなってるねー、などとベータを使う続けることに決定、ついでに、とヘルプ画面を見ていて、最近のスマフォ流行りもあるんだろう、こんなヘルプページがあった。

ページを斜め読みしてゆくと...

おお、imapアクセスとかでてるじゃないの。てことでこれをMozilla ThunderbirdでYahoo! Mail用新アカウントを作ってみた。サーバやポート指定その他はもちろんページで解説されている通りにして。

結果。

あっけなくPCから(Thunderbirdで、です)でもYahoo! MailをIMAP経由でアクセスすることができることがわかった。

IMAPアクセス設定に慣れている人は問題ないだろうけど、一応設定時の注意点。

「ユーザ名」というのはホストマスクまで含めること。つまりYahoo! Mail/YMでIDがhogehogeなら、

hogehoge@yahoo.com



があなたのユーザ名。というか、このhogehoge@yahoo.comというユーザ名/アカウント名でメールサーバにアクセスする。でないとアクセスが弾かれてしまう。

また、手持ちの(というか常用している)Mozilla Thunderbird 3.1.6では、新規メールアカウントを登録する際にご丁寧にもサーバ設定をThunderbird自身が「これじゃない?」と自動でやってくれるのだが、Yahoo! Mailの場合、デフォルトでPOPサーバ指定になってしまう。これはMozillaがYahoo! Mailの有料サービス利用者のためにしていることと思われる。が、これをマニュアル、つまり自分自身でIMAPサーバだよ、と指定してやらないと、いくらサーバ名のところでimap.mail.yahoo.comとしてもIMAPサーバをPOPサーバ扱いしていてはアクセスができない。

Yahoo! Mail with TB

Yahoo! Mailも今や個人利用だと保存できるメール容量は無制限なので、人によってはその意味でも使う価値はあるかも。

お試しあれ。

ネット上にあるものをメモ/収集し保存しておく

2010.11.12

category : コンピュータ

tags : コンピュータ windroplr zoho google evernote gpg 7-zip steganography tor privacy

comment(0) trackback(0)

かつてGoogle Notebook。今でも利用はできるが新規アカウント取得が停止されてからはZoho Notebook。世間でEvernoteが騒がれだしてからも長いこと手を出していなかったが、最近ようやく遅ればせながらそれを使い出し。Google Docsにも長めの文章はコピー&ペーストして保存はしている。

そして今、Windroplrを試用中。

実のところYoonoも使ってるしposterousも利用していて、twitterだfacebookだその他に「他人とシェア」する以外、つまり純然たる自身のメモという意味では、自分にはposterousがけっこう使ってて気持ちよかったりする。これはEvernoteでもできるけど、外出時に携帯電話のメールでもメモするものを送れるのはいい。スマートフォン使いの人はEvernoteのほうがいいのかもしれないけど。

自分がposterousが気に入っているのは、ブログプラットフォームとしてはまだまだWordpressのように細かいコントロールはできないものの、今のところposterousは容量無制限(らしい)だし、画像、動画、音声ファイルその他なんでも放り込んでおけて、公開したければ公開でき、自分だけのための保存場所としたければそれもよし、パスワードでアクセスコントロールして仲間内だけでシェアも可能、というのがいい。

て、Windroplrについてぜんぜん書いてなかった。(笑) いいんじゃないだろか、これも。アップロードできるファイルサイズにリミットはあるらしい。複数ファイルを一度にアップロードすると、サーバ側で自動的にZIPアーカイブにしてくれる。

が、知り合いに特定ファイルを渡すとかいうその目的で使うことはたぶん自分はなく、それ用だったら自分はYouSendItとかMegauploadを使う。その場合は7-zipで圧縮してAES暗号も使い、相手がGPGユーザならその相手のキーで更に暗号化して送る。サイズがそれほど大きくなく相手がオフィスなど自宅以外で受信するならそれをさらに画像に埋め込んで送る。経路も秘匿したいならMixmasterかnymサーバ、あるいはTor経由で。はたまたそれらの組み合わせを利用。ブラック・サバス。(これでニヤっとするあなたは中年以上) リアルタイムで相手に転送するならSkype上か。

てことで、一応常用するラップトップとネットブックにはWindroplrをインストールしておく。

漢と売国奴ども

2010.11.11

category : 日記

tags : 日記 ミンス 売国 反日 尖閣 海上保安庁 公務員 守秘義務 国家機密 YouTube

comment(0) trackback(0)

谷啓氏のお別れ会が開かれているそうな。若かりし頃だった、としても言い訳にはならないが、何度か夜中にお宅にお邪魔し大騒ぎして申し訳ありませんでした。

合掌


-----
イタさに限界はない、ってか?

「尖閣衝突…まず日本は中国人2千万人虐殺謝罪しろ。尖閣に自衛隊?…日本がおかしくなる訳だ」…美味しんぼ・雁屋哲


【尖閣ビデオ】 仙谷長官「擁護の声?国民の過半数がそう思ってると思わない。『しかるべき処分を』が圧倒的多数の国民の声」


いっとくけど、リベラル=左翼でも左翼=リベラル、でもない。

しかし自身や自身の主張に都合よく事実をねじ曲げるのは連中の得意ワザだねえ。

当の海保の男性は遅かれ早かれ流出させたのが自分であることが発覚することは最初から覚悟していたに違いなく、そうなれば逮捕訴追され、職を失うことなどももちろん覚悟してのことだったんだろう。漢だねえ。できる範囲で彼を支援したいとマジで思う。どういう方法があるのか... 誰か「海保支援リボンバナー」でも作ってくれんかのお。

IPアドレスIPアドレスとかいうけど、IPアドレスなんてユーザとかあるオンライン上の事柄をした人間を特定するための手段しては100%確実なものではない。生きている人間そのものがネットにコネクトされてるわけじゃねーんだから。(笑)

ネット上では「パソコン個別ID」とかいってIPアドレス以外の「なにか」でも特定が、とかいう奴がいるけど、なんだそりゃ、NICのMACアドレスのことか? え、普通ウェブサーバやプロクシってMACアドレスまで読んでんだっけ?

こういうことのためにもTorがあるんだけどねー。自分はわずかながらでもTorネットワークに帯域提供してます。(とか書くと、Torネットワークのノードリストで探す奴もいるかもしれんが、そんなことが発覚しても意味はない)



頭のおかしい連中以外から見れば、誰がどー見たって中国漁船だかが海保側に意図的に衝突しているのは明らかで、日中問題に関係ないテキサス親父だってそう見る。(笑)

どっちがどうだとか言うなら撮影されたビデオをなぜすべて公開しない?

公開しないというならなぜ公開しないのか言えばいい。「中国側に都合が悪い真実が映っていて、公開すると中国を困らせたり怒らせたりするから」とかさ。はっきりそー言え国会で、ミンス。「我々は日本と日本の国民より中国と韓国が大事です」と言え、ミンス。

それともアレか、鳩ぽっぽが言った「日本は日本人だけのものではありません」てか? 時代が時代だったら「天誅!」とかって刺されてるレベルだなミンス。

機密? 国家保安上機密にする必要があると? ケネディ暗殺の真実は安全保障上公開できない、とかいうアレと同じ? 国民はバカと阿呆の集まりだから正しい判断なんかできっこない、だから伏せておくってか?

もうミンスとその支持者イタさ爆発。他国と関係する、またはその関係についての施策を外交と呼ぶんだろうけど、その目的は自国と自国民の利益を守ることにあるのであって、他国の領土領海を広げるためでも、他国の漁民の漁業権を守ることじゃあない。仮にも政治家を名乗るミンスの連中は、この点でも明らかに売国奴だね。

(他国と)仲良くするのが外交? ばか言うんでねえ。武装強盗に押し入られて「ま、ま、話し合いましょうとにかく」ってか? アホか。

いっちゃなんだが、国力軍事力その他すべてで劣るあの比国でさえ、中国とはタイマンはってんだっての。別に殴り合えとは言わないが、必要な場合はそれさえも厭わないという気概、ガッツがなくてどーするミンス。

ミンス議員とミンス支持者が今に至っても自分らの正当性を主張するなんてことは、自分らこそがバカで阿呆で売国奴だと声高に宣伝しているのと同じなんだと気づかないのか。気づかないんだよね。だからこそクソバカ阿呆売国奴ミンスなわけだろうし。

次の選挙でミンスを葬るか、でなくば日本オワタ、だな。

まあ実際のところ、自分含め、こうしてブログでヨタ飛ばしている前期中期後期高齢者にとっては、日本の将来なんてそれほど意味は深くはない。ミンス支持者売国奴でもそうでなくても。若い連中、お前ら自身の、お前らの子や孫の将来のためにも、ミンスなんてえのは駆逐したほうが身のためだぞ。

(ふたたび)jejemon

2010.11.10

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人 jejemon

comment(0) trackback(0)

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1564531.html

例によって「自分のことは棚に上げ」な話だし、署名入りで記事書きや自書を出版しているわけでもない自分だが。(それでも妬みからこれを書くわけじゃあない)

誤字脱字と単語や語彙の意味を取り違えていたり読み方を間違えているというのは違う。そして後者は「凡ミス」ではない。なにが言いたいかというと、イケメン俳優の某氏が小説大賞を受賞しプロの作家としてデビューするということ関連について思ったこと。

古くは松本伊代が自身が出版した本についてMCに「どういう内容?」と聞かれて「さあ、まだ読んでないので」と答えてブラウン管(昔だからね)の向こう側が一斉にコケた。

スタイルの良さ(自分はそうは思わないが)で人気を博し今はCM出演や女優業をしている元グラビアアイドルは、やはりエッセイだかを出版したのち「知性派タレント」と認定したテレビ局のワイドショーにコメンテータとして出演していた番組中、話の途中でMCだか誰かが言った言葉に彼女はこう聞き返した。「句読点ってなんですか?」 素人のオナニーとほとんど変わらないブログなんてもんではなくて、仮にも自書を出版し印税をもらう「プロ」が、だ。

別にタレントが本やまともな文章を書けるはずがない、なんていうわけじゃあない。しかしそれでも「タレント本」の多くはやはり「ゴーストライター作」である。口述筆記といって、インタビュアと話してテープの録音(今だったらICレコーダか)、それをあとでいわゆる「テープ起こし」(自分はこれが不得手である)をして(プロのライターあるいは編集者が)文章にする、というスタイルもある。その意味では「エッセイ」なんてのは誰にでも「書ける」し出版も不可能ではない。

水嶋ヒロが小説大賞受賞というニュースでは、女優その他を脱がしてヘアヌード写真集を出すことで知られるガラの悪い(他人のことは言えんけども)某出版ブローカ氏が、「唯一」を意味しようと「髄一」と言っていて、ああ、この人はやっぱり編集者でもなくてブローカなんだなあと思ったりもした。「髄一」はIMEによっては出てくるし、ネットで検索するとそれを含んだページもヒットもするが、実はこんな日本語はないはずだし、もしこれが自分の間違いで実際は存在する正しい日本語だとしても、それは「唯一」とは違う。

もっと言えば、「プロの文筆業」であっても、脱稿後編集者が校正するのとは別、それ以前に一人ないし複数の他の人間(事務所を構えていたりするとスタッフとかアシスタントとか呼ぶ)が実際の取材をしたり文章を書き、アンカーがそれをまとめてできあがり、なんてことだってある。もちろん出来上がりをチェックするのはその自らの名前で出版となる文筆家本人(そしてのちに編集者が最終チェックする)なので、文章を書くということについてはヒロくんレベルではできないが。

かつて(特に日本では)出版関連業界では原稿というのは手書きが当たり前で、厳しいところでは原稿を上司や先輩がチェックして赤ペンを入れるどころか原稿用紙を目の前で破られて「書き直し!」と言われたりすることもあった。

それがパソコンを使って文章を作り、それがそのままDTPアプリで版下まで作って書籍や雑誌/紙を作るようになってから、書き手と編集者双方のレベルが落ち始めた。社風もあるんだろうが、特にコンピュータ関連雑誌多数を出版していた(まだやってんのかな)某社など、パソコンに詳しいが文章書きという点では経験はBBSでの書き込みという素人を大量にライターとして使い、さらには編集者たちもそれに毛が生えた程度の連中を雇用。元々正しい日本語を使えない連中同士でチェックしてもアレなのに、だいたいチェック、校正を充分にしない。記事内容が正しいかどうかだって怪しく、多くの誤情報が疑われることもなしに印刷メディアに載り読者はそれを鵜呑み...


日本語は世界でも習得が難しい言語と言われるけれども、それは他言語に比べても豊富な語彙、表現などがあるからで、いくら言葉は変化する、生きている、時代とともに変わるといっても、このままだと日本語の良さは次第に失われてゆくんじゃないだろか。

言語というのは思考の元にもちろんなっているので、GHQが戦後一度は目論んだ「日本からかな漢字を消してしまえ」がもし本当に行われていたら、良くも悪くも「今の日本、日本人」は存在していなかったかもしれない。

2ちゃんの隠語、スラングなんてのは、正しい言葉を使えないコンプレックスの裏返し、正当化、開き直りでしかなく、その意味では比国の jejemon と変わりない。自分は比国でも日本でもそもそも自身の言語ではない英語についてできようができなかろうが(英語ができると得することがあるとかいう損得は別とすれば)大した意味はなく、個人々々で習得したい人は努力なりなんなりすれば良いと思っているが、「国語」となると話は別だ。(公用語=国語、ではない)

最近の日本人も読むことだけではなく文章を書くことをあまりしない(書いても箇条書きとか w)が、かつての比人たちだって携帯電話やパソコンが普及するまでは、恋人や家族、友人が海外出稼ぎしたり国内でも遠距離にいたりすると、電話はもちろんそうだが手紙を良く書いていたに違いない。が、今の比人たちの「国語力」低下は日本とどっこいである。と思う。間接的にはこれは読み書きをどんどんしなくなってきたからだと思うわけだ。

海外出稼ぎでは歴代大統領から一般市民の多くが「我々比人は英語力にも優れる優秀な労働者である」と長年言い続けながらも、実際最近はその英語力のなさから仕事を得ることができず、国内でも正しく話し、読み書きできる能力が欠如していることから仕事を持つことができない人間がどれだけいることか。そして2ちゃんと同じように、そのコンプレックス、そしてその裏返し、開き直りから jejemon とか言って騒ぎ、正しく読み書き会話ができないことを(第三者からみれば)自慢気に話す。


知り合い比人の中には高校を卒業していない「シングルマザー」たちが何人かいて、普段自分はその連中とは英語とタガログのちゃんぽんで話す。自分のタガログ能力の低さ(とゆーか無さ)から会話で苦労するのは致し方なく、こちらが(相手がタガログその他で言うことを理解する)努力をしなければいけないのは当たり前だけれども、彼女らの英語も別に重箱の隅を楊枝でほじくるわけでもないんだが、理解が難しい言葉を投げかけてくることが多々ある。特に昔なのか今なのか未来なのか既に終わった(完了形)ことなのかという時制と、いくつなのかを実際の数を指定することなく漠然と示す「複数形」は、そもそもタガログその他比国の言語と方言にない、あるいは重要とされてこなかった概念なのか、そういうことを気にしない文化、歴史なのか、「えーと、それは...」となってしまうことが少なくない。(複数形については日本人、日本語も同じ)

で、ある時、そうした比人女の一人と自分の昔からの知り合いのピノイと3人でチャットした。終わってからピノイくんは「彼女の言ってたことはあんまりよく分からない。いや、話の意図とかそういうんじゃなくて、言葉的に」と言った。ちなみに二人ともタガログ族であって、生まれてからこの方話すのはタガログ語である。同じ比人同士、しかもタガログ(語族)同士だったらそんなことあるはずもないだろうと、そんなことは想像もしていなかった自分には驚きだった。

ピノイくんは自分では「自分だって貧乏家庭出身ですよ」と言うが、一応大学は卒業している。大学生時代の彼は電話で英語で話しても、まずタガログ語で言うことを考えてそれを頭の中で英語に変換しているのか、まるで衛星中継のようなタイムラグがあったもんだが、今は仕事で欧米人とやりとりすることが多いからかすんなりと英語で話してくる。慣れ、練習、訓練のたまものなんだな、やっぱり。

一方の女子。高校も家の経済的な理由で途中で行かなくなってしまい、それっきりになったという彼女は、チャットで外国人男と英語で話すことはあっても、日常会話レベル以上のこととなるとどう英語で言ったらいいかわからずタガログ語になってしまう。日常会話英語も「ウェスタン映画のインディアン」みたいなもんなんだが。

チャットで話をしているぐらいだから、「あんなやつと話したくもねー」な相手ではない(そうだったらYMとかでもignore list行きだ)わけで、しかしこれはやっぱり疲れる。解消する(あるいはそうなるよう努力する)には二つにひとつ。自分が相手の言葉/言語を習得するか、相手側がこちらの言葉の習得するか、だ。当たり前だけど。

しかし前期高齢者の自分(年齢のせいにしてしまうが、本当の理由は自分がナマケモノだからであろう)がタガログその他彼らの言葉を習得するのはほぼ不可能に近い。では彼らが日本語? それは言っちゃなんだがもっと無理だと思う。するとやっぱり共通の言葉としての英語はやっぱり大事で一番近道っぽいわけだが、子供や学生ぐらいの年齢の相手ならいざ知らず、シングルマザーだろうとなんだろうといい歳の大人の彼らにそれを望むのはやはり酷で無理だろう。

適当に話できればいーじゃん、てか?

いや、自分はそれが昔からできない、嫌いなのだ。行為を、もといw、好意を抱いている相手はもちろん、そうではなくて逆に嫌悪感や敵意を持つ相手であっても、相手が言うことは理解したい。できないとイライラする。

つまるところ、めんどくさいおやぢなのであった。(爆)

ふたりのじぇい

2010.11.09

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン フィリピン人

comment(0) trackback(0)

知り合いのピノイのJくん、会社に辞表を提出した。ルソン北部某州に生まれ育った彼は、やはり北部にある某大学で会計学を専攻、ちゃんと卒業して会計士の資格を習得、経理サービス企業に就職して顧客企業の会計の面倒をまじめにこなしていた。が、辞めたい辞めたいとはしばらく前から聞かされていた。

彼はまだ30前で独身だし、まだまだこれから将来がある。そして彼自身が言っているように、ちゃんと大学を卒業し資格も取得してそのおかげでそれなりの職と収入を今得ることができていること、そして自分を大学にまで行かせてくれた両親に感謝もし誇りにも思っているんだとか。

もう一度改めて彼に何が理由で今勤務している会社を辞めたいのか聞いてみた。顧客?それともボスか?と。答えは社長だかそれ以外の直属の上司だかまでは知らないが理由は上司らしい。もっと聞くと、どうもその彼のボスとやらは親戚だかの身内の人間、しかも実力もない者を雇ったりプロモート(昇進)させたりしてるんだそうだ。ははーん、いわゆるコネ入社しかも使えない奴って話なんだな、と。だから彼は「この会社にいても未来はない」とか言うわけだ。

今経理の面倒をみている顧客企業のところでとりあえず目処がたって一区切りついたら辞めます、と彼はいう。仕事が途中でもなんでも辞める奴に比べればまだ責任感あるじゃんかと思った。しかし余計なお世話なんだろうけれど、次の仕事が決まってから現職を辞職するほうがよかったんじゃないの?とはやっぱり思う。


元じゃぱゆきで以前数回エンタテイナーとして数回来日、最後の仕事で来日していたとき、店の客の一人といい仲になり「結婚しよう」とか言われて妊娠、帰国後出産、なやはりこちらもJ子。良くある話で男は妊娠出産後姿をくらまし、一切連絡を絶った。おまけに同じ店にいた同僚の子からのちに「彼、エイリアンカード持ってたよ。日本人じゃないんじゃない?」と言われて更にショックを。どーやらザパニーズだったらしい。もちろんそれでもその男が結婚ができないわけじゃないけれど。

小学校にそろそろ上がろうかという娘とマニラ首都圏の親戚宅に居候中の彼女(と娘)、ここ数年仕事もなく(とゆーことはもちろん収入もなく)、その親戚宅にPCやネット接続環境があるのかないのか、あっても使わせてもらえないのかまでは知らないが、夜な夜なネットカフェからSNSで知り合った男たち(ほとんど外国人)とチャットをして気を紛らわしてきたそうな。

もちろん気を紛らわすだけじゃなくて、いい男が彼女のことを本気で好きにでもなろうものなら、そして自分や娘の面倒を見てくれる未来の夫/父親がその中にいればそれに越したことはない、てなのもあるらしい。しかし欧米の男連中からすると、どうやらアジアはやはり近くはない、いややっぱり遠いデスティネーションらしく、多くの男が「君に会いたい、(比国まで)会いに行くよ」と口では言うものの、本当に来る男はいないらしい。たまにそういうのがいても、結局渡比している間に一夜(だか二夜だかしらんが)でもベッドを共に、みたいなことを狙っての男ばかりだそう(チャットで話していてそれはわかるんだそうだ)で、もちろん「それだけ? ぜんぜんおっけー! お金くれんなら」な子たちもいるんだろうが、彼女はそういうのはイヤなんだとか。

そんな彼女、最近は居候させてもらっている親戚たちから無収入であることを責められているようで、仕事をしなきゃ見つけなきゃが口癖になっていた。その親戚たちをもちろん自分が個人的に知るわけでもないが、結局「お前ら二人を食わせてやってるけど、いつまでそうやって甘えてるつもりなんだ」てなところなんだろう、たぶん。娘だってもうすぐ学校にあがるし、更にもっと金が掛かることは明白だし。

じゃぱゆき時代彼女は所属する比国サイドプロモーションから、例えばシンガポールやマカオその他での働き口の話があっても決して首を縦には振らなかったというが、今はそんなことは言ってられないという。100%でないにしても、日本以外での「エンタテイナー」名目下での実際の仕事に何が含まれるか知っているからこそ、日本以外でのその手の仕事を断り続けてきた彼女なわけだ。

しかし今回は同じような境遇にいる知り合いの別な子と一緒に、来年ぐらいには韓国に出稼ぎに行くつもりだと彼女は言った。契約期間を聞くと2年。ふーむ。切羽詰ってもいるしアトがない彼女はじゃぱゆき時代に稼いだ金で買っておいた土地を手放して現金化し、それを経費(もちろんそれだけじゃないんだろうけど)として新たにどこかのプロモーションに所属したらしい。覚悟を決めたということか。

「ずっと友達でいてくれる?」と聞いてくる彼女。「ワタシがもしコリアに出稼ぎに行っても、帰ってきたあとも友達だよね?」と。そりゃもちろん。経済的なヘルプはできないけどね、ご存知のように。「そんなことを期待して友達とか言っているんじゃないことはわかってるでしょ」だそーな。本当にそーならこちらはいいけど。

こんな自分でもマジで相手してくれる連中にはこちらもマジで相手します。こんなオレで良かったら。できる範囲で手伝いでもヘルプでもするですよ。お金(キャッシュ送ってくれとか)以外なら。(笑)

とれいたあずしゅっびわっくどあうと?

2010.11.08

category : 日記

tags : 日記 政治 売国 中国 外交 正義 ミンス 列島線

comment(0) trackback(0)

最近知人でノンポリではないピノイ連中に、中国の「列島線」の地図やそれに言及した米国の報告書のPDFのURLを教えて警告してまわっている。微々たるもんだが個人的に反中キャンペーンいん比国。(笑) 

ちなみに「嫌韓」では

Korean actress slammed for making fun of Filipino teachers' English accent

(元動画はここ

なんてのも。実はこれは知り合いのピノイからまわってきたリンクだったんだけど、自分もさらに別な連中に教えてまわっている w

しかし... 例えばUP卒だろうとなんだろうと、この手の英語を話す比人はやはり圧倒的に多いのも事実ではある。別に大したことじゃないけれど、こういう英語を話すチュータあるいは教師に英語を習うというのもなんだかなあ、かな。バーの女だろうとITエンジニアでも、英語がネィティブあるいはうまい外国人と話す必要が日常的にあり、それで(学校教育以外でも)英語を習得した連中はまた別だ。

英語のみならず、タガログ語(や、たぶんその他比国内の地方の言語、方言含め)さえも正しい綴りで書いたりできない者が異様に多く、コンプレックスの裏返しでそれを自慢気にjejemonとか言って「これが自然、当たり前」「面白いからそれでよい」みたいな風潮が広がることを比国政府と知識人たちが問題としているのは当たり前だろう。(ただし今悪化している日本のその状況でも、おそらく世界でも識字率は日本が一番高いんじゃないかと思われ)


いやはや。以前政権奪取すること自体驚きだった某政党のまゆ毛ぢいさんが首相になったとき以来のひどさである。なにがってもちろん我が国の現政権。

「影の総理」は東大生のころ天才だか秀才だったそうだが、頭のイイ悪いじゃないんだね、やっぱり。てかそれ以前の問題。彼の数々の発言はまゆ毛ぢぢいより更にヒドイ。彼を筆頭としてその他ミンス党の面々の発言も、やっぱり「あんたほんとに日本人? 日本という自分の国と国民に尽くそうなんて思ってるの?」と思いたくなる。やっぱり大陸に移住しあちらで帰化でもしたらよろしい。そしてオザワンは地元県の知事でも県議会ででも好きなことをやったらよろしい。

sengoku_da_traitor.jpg

尖閣諸島の中国漁船衝突問題でも。これもパクってきた画像だけど、

traitors

ありゃ、議員のトップに聞き覚えがあるひとが。おお、自民党員だった当時、テレビその他でしきりにPパブオーナーやらプロモータ側立場発言を繰り返していて異彩を放っていた(笑)コーキ氏じゃあーりませんか。w そーいえばこのシト、P関係のNGOもやってんだねえ、ふーん。

そもそも「国家機密」というが、なぜ国家機密なのか。実際に起こった事実を撮影したビデオであるんだろうし、ではそれを編集することなく公開することができないのはなぜか。海保(=日本側)にやましいところがないなら中国(の漁船)側にやましいところがあるのか、やましいとしたらそれは中国政府のそれこそ内政問題上「事実が知れたら困ったことになる」、だから「中国のために」非公開としたんじゃないのか?と勘ぐられても否定もできないミンスなのだな。

まあ前にも書いたけど、ミンスその他売国議員連中に次はない。あるようにしたらイケない。ミンスに投票した連中ももうわかったろう。自分は自民党員でもシンパでもないけれど、自民その他ミンス以外(フクスマ女史率いる某党とか共産党は数にも数えない、また元警察官僚のガマガエルおやぢのとこも w)には、ミンスがいなくなっても顎をあげずに謙虚になってもらいたい。国民の声を無視し顎を上げ続ければ今回と同じようにまた国民から蹴り入れられることはもう理解し学んだだろう。(と思いたい)


<中国人が見た日本>バカになっていく日本人=IQ低下はもはや国家の危機レベルだ

うーむ、これは反論できないような気も。IQというより意欲や覇気がないっしょ、今の日本人特に若いのには。(これってまさに前期高齢者発言?)(苦笑) 車やバイクに興味もないわ、リアルな生きた女にも興味が沸かない(これは本当は違うんじゃないかと思ってるが。ただ臆病なだけなんだろな、きっと)わ、旅行も嫌い、夢もチボーも野心もない若者って...

でもねー、中国には言われたくないわな。(笑)

さらに、

約8割が「日本は歴史と向き合うべき」懼中国の高校生アンケート

「日本人に対する認識で、最も同意するものは何か」という質問では「残忍・人情がない」が44%で最も多くなった」

この結果について中国現代国際関係研究院日本研究所の馬俊成副所長は、中国の学生は日中関係について客観的かつ理性的なとらえ方をしていると分析した



はあああ? 客観的かつ理性的な捉え方ですか、それが。しかもそれがあちらの「日本研究所」の方の分析?


がしかし、ここは怒るところじゃなくて安心するところだと思うわけだ。だって、こんな風に考えてる連中が大半な国ってことは、いくら国家レベルの経済が向上したってまだまだ途上国ってことだから www

いろんな分野での交流もしつつ、かつ警戒は怠らず、そして本気で相手なんかしないでカワス度量とある意味強気の外交を望むですね、自分は>対中国及び半島某国
プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
外国人問題(#1)SmartBro(#1)タワーレコード(#1)ハートに灯をつけて(#1)価値観(#1)geek(#1)動画サイト(#1)ブログ用ツール(#1)共有(#1)朝鮮半島(#1)商売(#1)Googleコード(#1)マルウェア(#1)棚田(#2)女性(#1)イメルダ(#1)売春防止法(#1)冷戦(#1)大東亜戦争(#1)カルデロン(#4)米軍(#1)ibuffer(#1)Jamaica(#1)ワールドレコード(#1)emacs(#3)yahoo(#1)filipino(#1)Google(#11)エディタ(#1)検索(#2)mp3プレーヤ(#1)CUE(#1)援助(#1)不法滞在(#1)Amazon(#3)ケソン(#1)マクドナルド(#1)Avast!(#1)ドラマ(#1)缶詰(#1)メモ(#1)ネグロス(#2)トゥバタハ(#1)Trailer(#1)Vista(#7)黒宮ニイナ(#1)カンボジア(#1)曳航ソナー(#1)成田(#1)Yahoo(#2)国家機密(#1)DivX(#2)PNoy(#1)ビコール(#2)遠い国からの殺人者(#1)殺人事件(#2)Ajax(#1)埼玉(#1)privoxy(#1)世界遺産(#2)婉曲表現(#1)列島線(#1)ネグロス電工(#1)xmarks(#1)TorButton(#1)Ringo(#1)地下河川(#1)メルギブソン(#1)スカボロー礁(#1)Wiki(#1)MoonProject(#1)plugin(#2)民主党(#1)戦史(#3)キーボード交換(#1)zoho(#1)パーティ(#1)IM(#1)チャット(#8)あせった時(#1)dropbox(#1)add-on(#1)KDE(#1)日本人(#2)AOR(#1)mp3(#2)コンピュータ(#5)入管(#1)PV(#1)K1(#1)感情論(#1)熱暴走(#1)otaku(#1)独立記念日(#1)ネット(#1)危険な年(#1)理想論(#1)コード(#1)ドメイン(#1)diigo(#2)gpg(#1)OFW(#4)clive(#3)マルコス(#1)電話(#1)KDE-Look(#1)console(#1)Transformers(#1)text(#1)米西戦争(#1)Prism(#1)外国人(#1)サムネール(#1)Adrian(#1)アマゾン(#1)小説(#1)Linux(#28)フィリピン料理(#2)Thunderbird(#2)BonkEnc(#1)AbuSayyaf(#1)チキン(#2)privacy(#1)詐欺(#1)衣笠幸雄(#1)Debian(#1)アレック・ボールドウィン(#1)SP1(#1)shoutcast(#1)nerd(#1)gmx(#1)食べ方(#1)Transmission(#1)議員(#1)テレビ(#2)Switcher(#1)うんざり(#1)水着(#1)Tirador(#1)本(#2)NORAD(#1)Hotbabe(#1)モーテル(#1)pc(#1)evernote(#1)外交(#2)DivXPro(#1)マクド(#1)お悩み相談(#1)KDE-Apps(#1)フランス人(#1)キーボード(#2)KNOPPIX(#1)FON(#1)日本語入力(#1)SkyDrive(#1)テレビ朝日(#1)中国産食品問題(#1)サリサリ(#1)国家(#1)2ちゃんねる(#1)PGMA(#1)食文化(#1)チェンバース(#1)プラグイン(#1)DSL(#1)Manio(#1)万聖節(#1)スマイル(#1)駆落ち(#1)Firefox(#12)入管法(#1)コタバト(#1)laing(#1)Bayantel(#1)Googleリーダ(#1)旅行(#8)プエルトリコ(#1)jejemon(#1)バーガー(#1)クリント・イーストウッド(#1)Bayanihan(#1)ツナ缶(#1)メイリオフォント(#1)ネット接続(#1)猥褻(#1)towerrecord(#1)アナーキズム(#1)M.A.X.(#1)chat(#1)覚書(#1)政治家(#2)チンチングチャレス(#1)尖閣(#1)esta(#1)SpecOpsLabs(#1)Dolphin(#1)カルト(#1)プロレス(#1)バカセレブ(#1)アドウェア(#1)YouTube(#16)YahooMessenger(#2)Santana(#1)書籍(#1)仕事(#1)フェリー(#1)VIVA(#1)ライン(#1)旅行者(#1)Brillante(#1)アンパラヤ(#1)YM(#4)DigiKam(#1)Gurvitz(#1)PAL(#1)比空軍(#2)GPG(#1)マニラ(#4)microsoft(#1)サムネイル(#2)ネットラジオ(#1)革命(#1)lifehacker(#1)twittering-mode.el(#1)ffmpeg(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)WINE(#1)オロンガポ(#1)反日(#1)vista(#2)stage6(#1)渡比(#8)delicious(#2)半島情勢(#1)smtp(#1)三沢光晴(#1)違法入国(#1)Metacafe(#2)米国(#1)売国(#2)中東(#1)Klipper(#1)images2mpg(#1)フィリピン航空(#1)期間限定(#1)ライトニング(#1)オンラインブックマーク(#1)海外出稼ぎ(#4)ビサヤ(#1)携帯電話(#2)チャリティ(#1)日本文化批判(#1)FLAC(#2)Ubuntu(#18)栗林忠道(#1)ポルノ(#1)洗脳(#1)tor(#2)楽天主義(#1)ピアノ(#1)windows(#4)adware(#1)mp4(#1)倒産(#1)CD(#1)メール(#1)領土問題(#1)TwittyTunes(#1)Thong(#1)日比(#1)うるるん滞在記(#1)ABS-CBN(#1)Field(#1)不具合(#1)爆弾テロ(#1)spyware(#1)Mplayer(#1)Emacs(#3)リノ・ブロッカ(#1)売春(#1)ナイナイサイズ(#1)日教組(#1)ノイノイ(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)田中邦衛(#1)ブックマーク(#1)COSTCO(#1)Guba(#1)日本軍(#1)クワイ川(#1)タガログ映画(#3)クレーム対応(#1)尖閣諸島(#1)ミンス(#2)戦争(#3)国際結婚(#1)Opera(#2)支援(#1)ウイルス(#2)スライドショー(#1)クリスアキノ(#1)メイド(#1)gmail(#1)マクタン(#1)ssh(#1)eBay(#2)チャット仲間(#1)Vigan(#1)xp(#1)中国語(#1)湾岸諸国(#1)IRC(#1)中国(#1)音楽(#4)ピグモン(#1)ジュース(#1)4GB(#1)DVD(#2)NAIA(#2)email(#2)フィリピン人妻(#1)philippine(#2)送金(#1)virus(#2)マンゴー(#1)海上保安庁(#1)動画再生(#1)マカロニサラダ(#1)窃盗(#1)avast(#1)HyperIM(#1)SMART(#1)ホテル(#4)国軍(#1)Utility(#1)東京都(#1)ClamWin(#1)セブ(#1)Legacy(#1)TBS(#2)ギネス(#1)hdd(#1)yakuake(#1)Feedback(#1)ビガン(#1)ハイジャック(#1)ACPI(#1)WiFi(#1)笹倉明(#1)WinAmp(#1)regioncode(#1)オーストラリア(#1)thumbnails(#1)SNS(#7)SQlite(#1)TV(#3)刑罰(#1)newsgroups(#1)インドネシア人(#1)ドアーズ(#1)タガログ語(#2)海外で土地購入(#1)FoxyTunes(#2)文化(#1)Search(#1)ベニグノアキノ(#1)Gmail(#2)日本マニア(#1)無料メール(#1).ph(#1)バナウェ(#1)SkyDriveExplorer(#1)ジンベエザメ(#1)sisqo(#1)zorpia(#1)ヒモパン(#1)divx(#1)Twitter(#3)tubely(#1)フィリピン空軍(#1)fences(#1)パラワン(#2)正義(#1)閉鎖(#1)ケソン市(#1)映画(#17)TNT(#2)Mindanao(#1)東欧(#1)synctoy(#1)ソルソゴン(#1)婚約者ビザ(#1)コストコ(#1)anti-virus(#1)フィリピン人(#81)真田広之(#1)戦闘機(#1)ambrosia(#1)比人妻(#1)比陸軍(#1)おかま(#1)WindowsLiveWriter(#1)Globe(#1)欺瞞(#1)multiply(#1)食(#1)wikipilipinas(#1)trojanhorse(#1)フィリピン人との結婚(#1)BitTorrent(#1)日記(#16)旅(#7)AIM(#1)コラソンアキノ(#1)バコロッド(#1)コスプレ(#1)第二次世界大戦(#1)snapshots(#1)強制退去(#1)Winamp(#2)オーバーヒート(#1)iPod(#1)ブログテンプレート(#1)friendster(#3)海軍(#1)IMAP(#2)CUEsplitter(#1)windows7(#2)Konqueror(#2)UP(#3)ノア(#1)FC2(#2)steganography(#1)マカティビジネスクラブ(#1)konqueror(#1)PLDT(#1)フィリピン映画(#5)riplock(#1)国籍(#1)バゴオン・アラマン(#1)外国人看護師(#1)flixster(#1)Tor(#1)京都迷宮案内(#1)ミスコンテスト(#1)マリリン(#1)エルミタ(#4)辞書(#1)LAN(#1)アドボ(#1)flash(#2)Game(#1)料理(#3)imap(#2)Diliman(#1)ゴーヤ(#1)TinyURL(#1)pinay(#1)WWW(#1)mail(#1)マカティ(#1)Windows(#7)エビ(#1)WWII(#1)フィリピン大学(#3)zumodrive(#1)mozilla(#2)ブログ用アドオン(#1)Javascript(#1)フリー・ジャズ(#1)Calderon(#4)伊原剛志(#1)規制(#2)GMX(#1)iTunes(#1)GMA(#1)看護師(#1)教会(#1)共産党(#1)フィリピンが登場する小説(#1)ブラウザ(#1)米国産牛肉(#1)7-zip(#1)MediaMonkey(#1)Ultimate(#1)バナウエ(#1)テロ(#1)openoffice.org(#1)Dailymotion(#1)スパイウェア(#1)dvd-drive(#1)Pilipinas(#1)出生届(#1)海賊(#1)アニメ(#1)Googleリーダー(#1)SMS(#1)music(#1)韓国人(#2)外国人介護士(#2)二宮和也(#1)スキャンダル(#1)AOL(#1)投稿動画(#1)snap(#1)ミスコン(#1)MySQL(#2)google(#3)空母(#1)光る爪(#1)台風(#1)セシル・テイラー(#1)reader(#1)利用規約(#1)ジョーク(#1)マリクリス事件(#1)不倫(#1)反日外国人(#1)Freshmeat(#1)フリーウェア(#1)入国管理局(#1)デスクトップ(#1)大統領(#1)イゴロット(#1)パッキャオ(#1)アニート(#1)MP3(#1)w32codecs(#1)カウンセラー(#1)守秘義務(#1)デビッドハッセルホフ(#1)経済危機(#1)joke(#1)Manila(#1)VirtualBox(#2)AVG(#1)xoom(#1)国籍問題(#1)アキノ(#2)歴史認識(#1)Dailymoton(#1)太田靖之(#1)政治(#2)PAF(#1)MILF(#2)ペニンシュラホテル(#1)Olongapo(#1)Mendoza(#1)Palawan(#1)ノートPC(#2)動画(#2)フィリピンのネット環境(#1)tips(#1)HeartRails(#1)漫画(#2)毎日新聞(#1)アロヨ(#3)thunderbird(#3)ルータ(#1)del.icio.us(#1)ph(#1)オキアミ(#1)ネットブック(#1)貧困(#2)addons(#1)ジャズ(#1)dolphin(#1)ミャンマー(#1)同期(#1)イフガオ(#1)EasyTag(#1)sexy(#3)EPA(#1)バックアップ(#3)blogging(#1)化粧(#1)オンラインストレージ(#1)ファラ・フォーセット(#1)ポストマン(#1)EMS(#2)rpc1(#1)留学生(#1)Jazz(#1)ミンダナオ(#4)FHM(#1)クーデター(#1)Jiro(#1)video(#1)硫黄島(#3)ImageMagick(#1)クリスマス(#3)ピープルパワー(#1)訃報(#3)Kubuntu(#25)mplayer(#2)トロピカーナ(#1)緊急呼出し(#1)Pachanga(#1)PAGASA(#1)買い物(#1)GUBA(#1)不正(#1)bookmark(#2)在日外国人(#1)ブログ(#4)negros(#1)C-130(#1)トランスフォーマー(#1)フィリピン(#114)ピノイロック(#1)windroplr(#1)違法コピー(#1)法務省(#1)太平洋戦争(#1)マニラ市街戦(#1)マイクロソフト(#1)中国人(#1)キリングフィールド(#1)CopyTrans(#1)WindowsLive(#2)深夜(#1)ネットワーク(#1)買春(#1)墜落(#1)addon(#3)amarok(#1)中村獅童(#1)laptop(#1)LiveCD(#1)無料(#2)アメリカ人(#1)facebook(#2)ライステラス(#2)CLI(#2)渡辺謙(#1)援交(#1)ソマリア(#1)南北問題(#1)ユーティリティ(#2)誕生日(#1)ダウンロード(#2)Sisqo(#1)ポータルサイト(#1)firefox(#1)Unix(#3)被差別意識(#1)Binibining(#1)Stage6(#1)Amarok(#2)公務員(#1)wav(#1)Killing(#1)インドネシア(#1)黄岩島(#1)マイケル・ジャクソン(#1)stardock(#1)vi(#1)JPEPA(#1)MetaCafe(#1)ジェネラルサントス(#1)サポート(#1)meadow(#2)ヴィクトリアコート(#1)オーバーステイ(#1)サンバレス(#1)Friendster(#3)男娼(#1)DAVID(#1)ASTI(#1)sns(#1)翻訳(#1)howto(#1)核攻撃(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。