Tsismoso

在日ふぃりぴん人よもやま話

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

お久しぶりです

お元気そうでなによりです。

2009.03.12  アジア@はせがわ  編集

ご無沙汰しております

以前からほとんど放置ぎみなんですが(苦笑)、まだ生きております。

2009.03.12  Tsismoso  編集

この家族を、ミグランテもficapも、所謂在日フィリピン系の人道支援組織はどこも支援していません。うちの連中もあの旦那の顔見て口を揃えて マカパル アン モカ と言ってます(どう見ても真面目な堅気の顔じゃないですし)。しかし、無教養の彼らを政治利用している連中に一番の問題があると思います。

2009.03.12  アジア@はせがわ  編集

まー、人相は私の他人のことは言えませんが。(爆)

支援しているのは左派あんど在日弁護士とか。彼のこの一家の事案に関するブログ、

blog.goo.ne.jp/izumibashilaw/

では、

> 同時に,たとえ彼らが不法入国という形態で入国した人たちであっても,その
> 独自性があることを認めることも必要だと私は思います。彼らを日本で保護す
> ることで,私たちも自分たちの独自性を確認していくことができる,一人ひと
> りを掛け替えのない個として認め合うことができるのだと思っています。そし
> て,それは,何よりも子どもに優しい社会でもあると信じます。

要するに他人名義のパスポートで故意に違法手段で入国し不法滞在を続けてきたことは関係ない、と言いたいらしいです。そして自分らの主張と希望だけは譲らないと。

そしてこの弁護士は家族に「胸を張れ」とか言っているそうな。しかし実際はおそらくこの父親も娘もああした偉そうな態度、自分らの主張や要求は正しく正当である、みたいな態度や顔つき、コメントをしてこなかったら、ここまでネット上でも反発を受けることはなかったのではないかと。

支援している人たちのうち弁護士だか「活動家」以外の普通の人たちの多くは、フィリピンのこともフィリピン人のことも知らない、付き合いもない人たちのように思えてなりません。

「法を犯した私たちが悪かった、間違いだった、帰国しても将来はまた日本に来たい、日本でまた暮らしたい」ぐらいどうして言えないのでしょうか。偏見だと言われるかもしれませんが、私はここにフィリピン人の多くが持つ「ダメ元でねだってみる、ゴネてみる、タカれるかどうかためしてみる」的な発想があるように思えて嫌になります。

この家族の事案について意見交換されていたフィリピン人のネットフォーラムなどの書き込みの中には、「この夫婦は実は母国にはそれぞれ本当の妻、夫、子供などの家族がいるんじゃないか。だから帰国したがらないんじゃないか」というものがありました。

同じ県内に住む親戚が3人もいながら子供を引き取って面倒を看るのが嫌だというのもこうしたことからなのかな、とも。

こういうと、「夫婦、家族の姓は同じじゃないか」とツッコミを入れる人も出てくるかもしれませんが、フィリピンでの「事実婚」や「夫/妻がいたけどもう別れた」などという彼らの話の多くが実はそもそも正式に結婚していたわけではなかった、あるいは離婚(ご存知のように実際は婚姻無効化)をしていなかった、などというケースがほとんどという事情を知らない方たちなんだなと思うわけです。

と、GMA(Inquirer)のニュースサイトに記事が。

gmanews.tv/story/152403/DFA-to-help-Pinoy-family-facing-Japan-deportation

フィリピン外務省が家族が帰国してからの支援を行う、と発表したそうで、在東京比国大使館もこの家族の件は関心を持ちつづけていて、家族へのコンタクトもとっているとか。私は後者はあまり信用しませんけど。(笑)

またまったく別な件ですが、結婚によって他国へ「移民」した比人女性の人権関係の団体(在比)が声明をまもなく出すんですが、日本の某在日比人団体から在留許可について在日比人たちが不当な差別を受けている(在留許可延長時に時間が掛かりすぎるとからしい)とか身勝手なことをまた言い出し、その団体の声明文案にそれが取り込まれることになったようです。在留許可は個人個人それぞれ別に審査されるわけで、一律比人に対して厳しいとか長い期間の在留許可は出さないとかいうわけでもないのに。(爆)

団体の代表(比国にいる比人女性)には「本当か嘘かも確かめないで同じ比人からの話だからといってなんでもかんでも声明に含めてしまうと恥をかくかもしれませんよ」とメールを出すつもりです。(笑)

2009.03.13  Tsismoso  編集

>在留許可について在日比人たちが不当な差別を受けている(在留許可延長時に時間が掛かりすぎるとからしい・・・

まったく言いがかりですね。私のまわりにもかなりのフィリピンの奥様方や、就業ビザの方が見えますが、名古屋入管に関しては丁寧かつ親切でメチャ早いです(平均ほぼ1週間くらいで延長手続きできます)。そうした動きがあると逆にへそを曲げて遅くされますよと言ってやってください。

結局、のり子だけ残すみたいですね。入管の対応に関係なく、ここで書かれている通り、傲慢な態度が、かなりの反感をかっていると思います。

2009.03.13  アジア@はせがわ  編集

さっきテレビのニュースをみましたが、本人が言ったのかどうか知りませんが「両親は自主的に帰国する」んだとか。今更何言ってんだ、です。

次期内閣の法相がほんとに短期滞在査証を両親に発給するか見ものです。娘が大学にでも進学、卒業し、日本で就職でもしたら両親を改めてちゃんとした形で呼ぶことはできるでしょうが、9年とか10年先の話です。高校卒業後に就職、ではまだ未成年ですから呼ぶことはできないでしょうしね。それに日本の大学を卒業するまで(あるいは高校までででも)、二十歳過ぎるまでの生活を経済的に支えるのは簡単ではないですよね。フィリピンでは米国式に頭や成績が良ければ「飛び級」も可能なので、やはり3人一緒に帰国するべきなんじゃないかと私は今でも思います。

「在留許可が下りるのに時間が掛かる」という話、具体的なその当人のプロフィールがまったく分からないんですが、以前に不法滞在、オーバーステイした過去があったりその他の記録がある場合は審査はより時間をかけるでしょうから皆同じ時間で発給とはいかないんですけどねえ。この団体は各国の比人団体と連携している、あるいはしようとしているみたいで、国連人権委員会にも報告するとか言ってます。

2009.03.13  Tsismoso  編集

そうですか。しかし、前歴があるにせよ一度在留の許可さえ出れば、例えばOSで日本人と結婚、特在、というケースであっても同じ扱いです。そして日本人の配偶者の場合、最初1年ビザで入国し、最初の更新で1年、2回目から3年という在留許可期間のパターンも変わらないと思います。奥さんが特に若い場合には偽装結婚を疑われ1年1年1年というケースも稀にあります。

個々のケースはあるでしょうけど、基本は順法主義を貫くべきで、マスコミや国民が支持しない組織に支援されると、カルデロンのようになる訳ですね。

2009.03.13  アジア@はせがわ  編集

残念ながら過去の記録は残っていますし、「審査」時には当然それらの記録の閲覧もされ審査の材料に使われているというのは事実です。

また、日本人比人問わず「パーマネント」とよく言われている査証は実際は「パーマネント」ではありません。帰化とは違うので、当局は必要があればいつでも取り消すことができます。実際、刑法犯で検挙、告訴され裁判で有罪とでもなれば、外国人の場合はどのような査証を持っていたとしてもそれは取り消されるのが普通です。これもどの国でも普通のことでしょう。

2009.03.13  Tsismoso  編集

そうですか。でもそれはかなり悪質なケースだと思います。そこまで悪質だと本国強制送還になるケースもあると思います。パーマネントは離婚や死別などして子供がいない場合でも取り消しを食らう事があるようですね。

2009.03.14  アジア@はせがわ  編集

その「取り消しになる」事態が起こるケースでは、結局本人の過去の記録から、なんですよね。ただ、フィリピン人はじめ外国人たちはパーマネントという英単語の意味から「永久的なものであり絶対なくならない」と勘違いしている人が多いようですが、実際はその意味では英語のpermanentとは言えません。

良くも悪くも帰化して「日本人」にならない限り、どこまでいっても外国人には違いなく、日本人と非日本人(=外国人)という区別がある以上、すべてが同じ、まったくの平等とはいきません。これも世界各国どこでも同じでしょう。でなければ国家の概念が意味をなさなくなりますし。

てことで、我々日本人で海外にいるときも含め、「外国人」はbehaveすることが必要ですね。そうしたくないならそれは個人の自由ですが、それなりに自分が損を被ることもあるということは知っておくべきでしょう。

2009.03.14  Tsismoso  編集

いい〆になりましたね。フィリピンでは空港に降りた時から離陸するまで、いつも「behave」しています。(爆)

2009.03.14  アジア@はせがわ  編集

そうすることが結局は自分の得になる、または損をしないんですよね。

ただ、そうは考えない人たちもいつもいるようですけど、まあそれは各自の好きにすればいいことで他人がどーこー言えることでもありませんし。

これから夜食にソパスです。(笑)

2009.03.14  Tsismoso  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

比人家庭に育つ子がタガログを話せない?

2009.02.16

category : ふぃりぴん人

tags : フィリピン

タガログだかセブアノだかワライワライだかイロコだかビコラーノだか知らんけれど。

またまた放置プレイモードに入るつもりだったのだが、「あの家族」についてこんなものが引っかかったのでまたちょっと書いておく。

カルデロンのり子さん「日本語しか話せない」は共同通信の大嘘と判明

ネタ元はここらしい。

あのね、フィリピン人、特に在日フィリピン人に関わったことがある者なら、こんなこと最初から容易に想像がつくことですよ。

自分はこのとっちゃん坊や風右翼だか嫌韓派だかは好きではないが、

何よりフィリピンに送還することが人道に反するという主張は、あまりにもフィリピンを侮蔑する物言いであり断じて許せません。



には同意。(このとっちゃん坊やが文字道理その意味でこれを言った(書いた)のかは知らんけどね)だって今回のケースがもし米国人とかその他先進国の夫婦でオーバーステイとかだったら同じこと言うんですか?なのだ。>支援者風の人たち

こう問われても「いや、今回は比人だし」というのであれば、比国やその他途上国の富裕層以外、貧困者たちはすべて日本が助けてやらねばならない、とでも言うのだろうか。

まあ、平均的日本人かつ渡比経験とか比人とのつきあいがない人たちにとっての「フィリピン」のイメージはいわずもがな、なわけで。かつてのスモーキーマウンテンから始まってマニラその他のスラムやスラムとは言えないまでも貧困者居住地区の映像を思い浮かべる人たちばかりなんじゃないだろうか。まあ、それも「真実」の一部であることは間違いないのだけれど。また、「フィリピン人=外国人ホステス」とか「フィリピン=貧困」を象徴ないし連想させるギャグや扱い方は日本のメディアでも溢れている。今でも、だ。


ネットで話す比人の中には、「日本は比人を簡単に入国させない。フィリピンシゴトない。私たち(フィリピン人)どーする? 日本は冷たい」とかのたまうのが実は少なくないが、自分はその手のことをいう連中に出会う度に「なこたあ自分の国の政府や政治家に言いなさい」と言っている。こうしたことを言うのは基本的には負け犬なのだ、彼の地の社会でも。

自分が恵まれない境遇に置かれていることを他者のせいにするこの手の連中と話しても楽しくも学べることも何もない。より厳しい社会であることは承知しているつもりだが、それでもその厳しい社会で頑張っているフィリピン人がどれだけいることか。そしてこうした泣き言あるいは言い訳をする連中のほとんどは、同じ自国民で一生懸命頑張っている連中のことを意図的なのか知らないのかどうか、そうした話には出してこない。

あるいは例えば、「日本政府とあんたとこの政府の合意によって、あんた方の国から看護師と介護士が日本で研修と働くことができるようになった」とか言えば、「アタシは看護師じゃない」とか「介護士の経験はない」とかいうのが多い。それはあんたの個人的な事情でしょうに。手に職がなくなんの経験(ひどいときは勤労経験さえない場合もある)もなくて、それでシゴトがないというのもあんたの事情と責任だということが分かっているのか分かっていないのか。

こうしたことの背景のひとつには、ホステス、いわゆるエンタテイナーとして日本に来日して来た者や正規の興行ビザなしでもどういう形でも来日してホステス業に就いていた女たち、さらには同じく違法で単純労働に従事していたピノイなどが、帰国後家族や周囲にかっこつけて「日本でウェイトレスをしていた」だの「建設業企業で働いていた」とさもそれが簡単でしかも合法であるかのように話している者たちがいることもありそう。

現地の人間にしてみれば大金を稼いで日本から帰国した彼らを見たり話を聞いた「井の中の蛙」な周囲の連中が、「オレもアタシも日本へ行こう」となってしまう。今まで「周囲に日本での出稼ぎ(上記のような仕事、しかも合法的に)で家を建てた人が近所(とか親戚)にいる。あんた(私)嘘ついてるに決まってる」とか何度言い返されたことか。しまいにゃ、「あんた日本人のフリしてるがほんとは日本人じゃないんだろう」とかも言われて。(爆)


そこで再度言う。国籍や人種には関係なく、まともなやつやいい奴、馬鹿野郎な奴と悪い奴は両方どこでもいるんだって。前者でも可哀想とか助けてあげようと思えるような聖人君子なわけない自分は、やっぱり(話が元に戻る)この家族や同様のケースの連中には批判的にならざるを得ないのだった。

てことで、またしばらく放置プレイに戻る。(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

お元気そうでなによりです。

2009.03.12  アジア@はせがわ  編集

ご無沙汰しております

以前からほとんど放置ぎみなんですが(苦笑)、まだ生きております。

2009.03.12  Tsismoso  編集

この家族を、ミグランテもficapも、所謂在日フィリピン系の人道支援組織はどこも支援していません。うちの連中もあの旦那の顔見て口を揃えて マカパル アン モカ と言ってます(どう見ても真面目な堅気の顔じゃないですし)。しかし、無教養の彼らを政治利用している連中に一番の問題があると思います。

2009.03.12  アジア@はせがわ  編集

まー、人相は私の他人のことは言えませんが。(爆)

支援しているのは左派あんど在日弁護士とか。彼のこの一家の事案に関するブログ、

blog.goo.ne.jp/izumibashilaw/

では、

> 同時に,たとえ彼らが不法入国という形態で入国した人たちであっても,その
> 独自性があることを認めることも必要だと私は思います。彼らを日本で保護す
> ることで,私たちも自分たちの独自性を確認していくことができる,一人ひと
> りを掛け替えのない個として認め合うことができるのだと思っています。そし
> て,それは,何よりも子どもに優しい社会でもあると信じます。

要するに他人名義のパスポートで故意に違法手段で入国し不法滞在を続けてきたことは関係ない、と言いたいらしいです。そして自分らの主張と希望だけは譲らないと。

そしてこの弁護士は家族に「胸を張れ」とか言っているそうな。しかし実際はおそらくこの父親も娘もああした偉そうな態度、自分らの主張や要求は正しく正当である、みたいな態度や顔つき、コメントをしてこなかったら、ここまでネット上でも反発を受けることはなかったのではないかと。

支援している人たちのうち弁護士だか「活動家」以外の普通の人たちの多くは、フィリピンのこともフィリピン人のことも知らない、付き合いもない人たちのように思えてなりません。

「法を犯した私たちが悪かった、間違いだった、帰国しても将来はまた日本に来たい、日本でまた暮らしたい」ぐらいどうして言えないのでしょうか。偏見だと言われるかもしれませんが、私はここにフィリピン人の多くが持つ「ダメ元でねだってみる、ゴネてみる、タカれるかどうかためしてみる」的な発想があるように思えて嫌になります。

この家族の事案について意見交換されていたフィリピン人のネットフォーラムなどの書き込みの中には、「この夫婦は実は母国にはそれぞれ本当の妻、夫、子供などの家族がいるんじゃないか。だから帰国したがらないんじゃないか」というものがありました。

同じ県内に住む親戚が3人もいながら子供を引き取って面倒を看るのが嫌だというのもこうしたことからなのかな、とも。

こういうと、「夫婦、家族の姓は同じじゃないか」とツッコミを入れる人も出てくるかもしれませんが、フィリピンでの「事実婚」や「夫/妻がいたけどもう別れた」などという彼らの話の多くが実はそもそも正式に結婚していたわけではなかった、あるいは離婚(ご存知のように実際は婚姻無効化)をしていなかった、などというケースがほとんどという事情を知らない方たちなんだなと思うわけです。

と、GMA(Inquirer)のニュースサイトに記事が。

gmanews.tv/story/152403/DFA-to-help-Pinoy-family-facing-Japan-deportation

フィリピン外務省が家族が帰国してからの支援を行う、と発表したそうで、在東京比国大使館もこの家族の件は関心を持ちつづけていて、家族へのコンタクトもとっているとか。私は後者はあまり信用しませんけど。(笑)

またまったく別な件ですが、結婚によって他国へ「移民」した比人女性の人権関係の団体(在比)が声明をまもなく出すんですが、日本の某在日比人団体から在留許可について在日比人たちが不当な差別を受けている(在留許可延長時に時間が掛かりすぎるとからしい)とか身勝手なことをまた言い出し、その団体の声明文案にそれが取り込まれることになったようです。在留許可は個人個人それぞれ別に審査されるわけで、一律比人に対して厳しいとか長い期間の在留許可は出さないとかいうわけでもないのに。(爆)

団体の代表(比国にいる比人女性)には「本当か嘘かも確かめないで同じ比人からの話だからといってなんでもかんでも声明に含めてしまうと恥をかくかもしれませんよ」とメールを出すつもりです。(笑)

2009.03.13  Tsismoso  編集

>在留許可について在日比人たちが不当な差別を受けている(在留許可延長時に時間が掛かりすぎるとからしい・・・

まったく言いがかりですね。私のまわりにもかなりのフィリピンの奥様方や、就業ビザの方が見えますが、名古屋入管に関しては丁寧かつ親切でメチャ早いです(平均ほぼ1週間くらいで延長手続きできます)。そうした動きがあると逆にへそを曲げて遅くされますよと言ってやってください。

結局、のり子だけ残すみたいですね。入管の対応に関係なく、ここで書かれている通り、傲慢な態度が、かなりの反感をかっていると思います。

2009.03.13  アジア@はせがわ  編集

さっきテレビのニュースをみましたが、本人が言ったのかどうか知りませんが「両親は自主的に帰国する」んだとか。今更何言ってんだ、です。

次期内閣の法相がほんとに短期滞在査証を両親に発給するか見ものです。娘が大学にでも進学、卒業し、日本で就職でもしたら両親を改めてちゃんとした形で呼ぶことはできるでしょうが、9年とか10年先の話です。高校卒業後に就職、ではまだ未成年ですから呼ぶことはできないでしょうしね。それに日本の大学を卒業するまで(あるいは高校までででも)、二十歳過ぎるまでの生活を経済的に支えるのは簡単ではないですよね。フィリピンでは米国式に頭や成績が良ければ「飛び級」も可能なので、やはり3人一緒に帰国するべきなんじゃないかと私は今でも思います。

「在留許可が下りるのに時間が掛かる」という話、具体的なその当人のプロフィールがまったく分からないんですが、以前に不法滞在、オーバーステイした過去があったりその他の記録がある場合は審査はより時間をかけるでしょうから皆同じ時間で発給とはいかないんですけどねえ。この団体は各国の比人団体と連携している、あるいはしようとしているみたいで、国連人権委員会にも報告するとか言ってます。

2009.03.13  Tsismoso  編集

そうですか。しかし、前歴があるにせよ一度在留の許可さえ出れば、例えばOSで日本人と結婚、特在、というケースであっても同じ扱いです。そして日本人の配偶者の場合、最初1年ビザで入国し、最初の更新で1年、2回目から3年という在留許可期間のパターンも変わらないと思います。奥さんが特に若い場合には偽装結婚を疑われ1年1年1年というケースも稀にあります。

個々のケースはあるでしょうけど、基本は順法主義を貫くべきで、マスコミや国民が支持しない組織に支援されると、カルデロンのようになる訳ですね。

2009.03.13  アジア@はせがわ  編集

残念ながら過去の記録は残っていますし、「審査」時には当然それらの記録の閲覧もされ審査の材料に使われているというのは事実です。

また、日本人比人問わず「パーマネント」とよく言われている査証は実際は「パーマネント」ではありません。帰化とは違うので、当局は必要があればいつでも取り消すことができます。実際、刑法犯で検挙、告訴され裁判で有罪とでもなれば、外国人の場合はどのような査証を持っていたとしてもそれは取り消されるのが普通です。これもどの国でも普通のことでしょう。

2009.03.13  Tsismoso  編集

そうですか。でもそれはかなり悪質なケースだと思います。そこまで悪質だと本国強制送還になるケースもあると思います。パーマネントは離婚や死別などして子供がいない場合でも取り消しを食らう事があるようですね。

2009.03.14  アジア@はせがわ  編集

その「取り消しになる」事態が起こるケースでは、結局本人の過去の記録から、なんですよね。ただ、フィリピン人はじめ外国人たちはパーマネントという英単語の意味から「永久的なものであり絶対なくならない」と勘違いしている人が多いようですが、実際はその意味では英語のpermanentとは言えません。

良くも悪くも帰化して「日本人」にならない限り、どこまでいっても外国人には違いなく、日本人と非日本人(=外国人)という区別がある以上、すべてが同じ、まったくの平等とはいきません。これも世界各国どこでも同じでしょう。でなければ国家の概念が意味をなさなくなりますし。

てことで、我々日本人で海外にいるときも含め、「外国人」はbehaveすることが必要ですね。そうしたくないならそれは個人の自由ですが、それなりに自分が損を被ることもあるということは知っておくべきでしょう。

2009.03.14  Tsismoso  編集

いい〆になりましたね。フィリピンでは空港に降りた時から離陸するまで、いつも「behave」しています。(爆)

2009.03.14  アジア@はせがわ  編集

そうすることが結局は自分の得になる、または損をしないんですよね。

ただ、そうは考えない人たちもいつもいるようですけど、まあそれは各自の好きにすればいいことで他人がどーこー言えることでもありませんし。

これから夜食にソパスです。(笑)

2009.03.14  Tsismoso  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Tsismoso

Author:Tsismoso
ふぃりぴん人との付き合いでは噂話は欠かせません……(そうか?)
ここ最近はKubuntu LinuxWordPressなどに夢中。Friendster, Tagged, hi5, Multiplyその他SNSには飽き気味(苦笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
真・最近のコメントV1.5
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウドV1.2a
カウンセラー(#1)マクドナルド(#1)共有(#1)Jamaica(#1)Brillante(#1)sisqo(#1)ハートに灯をつけて(#1)理想論(#1)フィリピンが登場する映画とドラマ(#1)EasyTag(#1)negros(#1)PLDT(#1)倒産(#1)BitTorrent(#1)Ultimate(#1)タワーレコード(#1)add-on(#1)アドウェア(#1)マクド(#1)本(#2)Ajax(#1)日本軍(#1)マリクリス事件(#1)KDE-Apps(#1)第二次世界大戦(#1)フィリピン人妻(#1)ケソン(#1)テレビ朝日(#1)JPEPA(#1)バカセレブ(#1)台風(#1)アドボ(#1)MILF(#2)訃報(#3)GPG(#1)被差別意識(#1)ビガン(#1)買春(#1)Utility(#1)SpecOpsLabs(#1)gmx(#1)マカティビジネスクラブ(#1)CD(#1)栗林忠道(#1)国家(#1)ポストマン(#1)地下河川(#1)洗脳(#1)Guba(#1)mp3(#2)旅(#7)フィリピンのネット環境(#1)Opera(#2)携帯電話(#2)スキャンダル(#1)Freshmeat(#1)米西戦争(#1)shoutcast(#1)AVG(#1)Googleリーダー(#1)映画(#17)virus(#2)料理(#3)pinay(#1)xmarks(#1)中東(#1)パラワン(#2)独立記念日(#1)ミンダナオ(#4)WindowsLiveWriter(#1)thumbnails(#1)riplock(#1)あせった時(#1)ジンベエザメ(#1)動画(#2)ライトニング(#1)チェンバース(#1)ネット(#1)硫黄島(#3)リノ・ブロッカ(#1)チャット仲間(#1)尖閣諸島(#1)文化(#1)コンピュータ(#5)yakuake(#1)ミンス(#2)ブログテンプレート(#1)コラソンアキノ(#1)殺人事件(#2)デスクトップ(#1)HeartRails(#1)YM(#4)アキノ(#2)墜落(#1)amarok(#1)windows7(#2)MoonProject(#1)テレビ(#2)フィリピンが登場する小説(#1)Pilipinas(#1)FC2(#2)openoffice.org(#1)ホテル(#4)otaku(#1)化粧(#1)大東亜戦争(#1)光る爪(#1)FoxyTunes(#2)stage6(#1)smtp(#1)曳航ソナー(#1)SkyDrive(#1)Diliman(#1)ph(#1)del.icio.us(#1)Firefox(#12)援助(#1)違法コピー(#1)SkyDriveExplorer(#1)中国人(#1)太田靖之(#1)違法入国(#1)中国産食品問題(#1)Ubuntu(#18)湾岸諸国(#1)熱暴走(#1)革命(#1)IRC(#1)howto(#1)オンラインブックマーク(#1)TinyURL(#1)ネットブック(#1)avast(#1)駆落ち(#1)Thunderbird(#2)米軍(#1)Adrian(#1)towerrecord(#1)ネグロス電工(#1)SMART(#1)成田(#1)images2mpg(#1)tubely(#1)Emacs(#3)田中邦衛(#1)ブログ用アドオン(#1)政治(#2)ウイルス(#2)マイクロソフト(#1)危険な年(#1)sexy(#3)pc(#1)セシル・テイラー(#1)zorpia(#1)不法滞在(#1)エディタ(#1)ネット接続(#1)Binibining(#1)CUEsplitter(#1)戦史(#3)パーティ(#1)コストコ(#1)Yahoo(#2)mp4(#1)クーデター(#1)ビコール(#2)evernote(#1)ACPI(#1)TorButton(#1)コタバト(#1)トゥバタハ(#1)spyware(#1)翻訳(#1)DigiKam(#1)2ちゃんねる(#1)ノア(#1)MP3(#1)価値観(#1)サムネール(#1)朝鮮半島(#1)ビサヤ(#1)MySQL(#2)yahoo(#1)看護師(#1)Googleリーダ(#1)Amarok(#2)blogging(#1)ピノイロック(#1)ホセ・フェリシアーノ(#1)lifehacker(#1)期間限定(#1)外国人介護士(#2)無料メール(#1)KNOPPIX(#1)メイド(#1)議員(#1)zoho(#1)LiveCD(#1)売春(#1)ジュース(#1)stardock(#1)空母(#1)CUE(#1)iPod(#1)ブログ用ツール(#1)SQlite(#1)Klipper(#1)chat(#1)クリント・イーストウッド(#1)正義(#1)ツナ缶(#1)不倫(#1)ASTI(#1).ph(#1)Kubuntu(#25)国籍(#1)フィリピン大学(#3)メルギブソン(#1)投稿動画(#1)太平洋戦争(#1)google(#3)music(#1)アメリカ人(#1)インドネシア(#1)音楽(#4)ブックマーク(#1)フリーウェア(#1)プロレス(#1)旅行者(#1)ClamWin(#1)ヒモパン(#1)コード(#1)日記(#16)CopyTrans(#1)フェリー(#1)在日外国人(#1)戦争(#3)Mendoza(#1)タガログ映画(#3)Unix(#3)キーボード(#2)eBay(#2)bookmark(#2)比空軍(#2)仕事(#1)小説(#1)WindowsLive(#2)教会(#1)列島線(#1)NORAD(#1)コスプレ(#1)SP1(#1)FHM(#1)synctoy(#1)Windows(#7)旅行(#8)マニラ(#4)規制(#2)送金(#1)共産党(#1)女性(#1)スパイウェア(#1)国際結婚(#1)ベニグノアキノ(#1)M.A.X.(#1)アマゾン(#1)ambrosia(#1)国軍(#1)オーバーヒート(#1)黒宮ニイナ(#1)iTunes(#1)ヴィクトリアコート(#1)緊急呼出し(#1)WinAmp(#1)AbuSayyaf(#1)感情論(#1)海外出稼ぎ(#4)ノートPC(#2)Twitter(#3)Transformers(#1)mail(#1)ルータ(#1)dolphin(#1)Switcher(#1)カンボジア(#1)reader(#1)thunderbird(#3)snap(#1)trojanhorse(#1)クワイ川(#1)フィリピン人との結婚(#1)動画再生(#1)ネットワーク(#1)笹倉明(#1)Googleコード(#1)Manio(#1)婚約者ビザ(#1)C-130(#1)Game(#1)philippine(#2)東欧(#1)ダウンロード(#2)楽天主義(#1)缶詰(#1)Calderon(#4)addons(#1)wav(#1)windroplr(#1)TwittyTunes(#1)売国(#2)PAF(#1)privoxy(#1)商売(#1)PGMA(#1)外国人問題(#1)海賊(#1)閉鎖(#1)クレーム対応(#1)ギネス(#1)UP(#3)海外で土地購入(#1)外国人(#1)ソルソゴン(#1)DivXPro(#1)NAIA(#2)大統領(#1)フィリピン人(#81)国家機密(#1)clive(#3)DSL(#1)TNT(#2)バナウェ(#1)tips(#1)delicious(#2)firefox(#1)Vista(#7)DAVID(#1)ジョーク(#1)ケソン市(#1)韓国人(#2)LAN(#1)アナーキズム(#1)Search(#1)買い物(#1)Konqueror(#2)PAL(#1)世界遺産(#2)同期(#1)フィリピン空軍(#1)お悩み相談(#1)テロ(#1)vista(#2)米国(#1)マンゴー(#1)gpg(#1)欺瞞(#1)イフガオ(#1)regioncode(#1)xp(#1)イゴロット(#1)食べ方(#1)newsgroups(#1)公務員(#1)PAGASA(#1)windows(#4)Pachanga(#1)Dailymotion(#1)ssh(#1)日本語入力(#1)GMA(#1)カルデロン(#4)Mindanao(#1)HyperIM(#1)支援(#1)うんざり(#1)AIM(#1)ジャズ(#1)WWW(#1)Mplayer(#1)Stage6(#1)PV(#1)バゴオン・アラマン(#1)imap(#2)Linux(#28)Dailymoton(#1)伊原剛志(#1)Vigan(#1)Jazz(#1)multiply(#1)詐欺(#1)冷戦(#1)バックアップ(#3)Javascript(#1)日本マニア(#1)猥褻(#1)モーテル(#1)キーボード交換(#1)チンチングチャレス(#1)AOL(#1)婉曲表現(#1)埼玉(#1)水着(#1)joke(#1)外交(#2)中国(#1)日本人(#2)漫画(#2)plugin(#2)rpc1(#1)経済危機(#1)ワールドレコード(#1)addon(#3)Olongapo(#1)Thong(#1)PNoy(#1)Jiro(#1)AOR(#1)console(#1)三沢光晴(#1)privacy(#1)衣笠幸雄(#1)民主党(#1)ブラウザ(#1)不正(#1)Debian(#1)チャリティ(#1)チャット(#8)オキアミ(#1)adware(#1)動画サイト(#1)SmartBro(#1)万聖節(#1)jejemon(#1)アロヨ(#3)マルコス(#1)BonkEnc(#1)nerd(#1)電話(#1)マカティ(#1)konqueror(#1)海上保安庁(#1)海軍(#1)MetaCafe(#1)ペニンシュラホテル(#1)Winamp(#2)遠い国からの殺人者(#1)Google(#11)KDE-Look(#1)ライステラス(#2)出生届(#1)アンパラヤ(#1)ユーティリティ(#2)チキン(#2)入管(#1)渡辺謙(#1)Prism(#1)flash(#2)マルウェア(#1)黄岩島(#1)Killing(#1)Avast!(#1)Wiki(#1)Manila(#1)オロンガポ(#1)sns(#1)ミスコンテスト(#1)Gurvitz(#1)爆弾テロ(#1)ピアノ(#1)COSTCO(#1)Trailer(#1)fences(#1)Legacy(#1)プエルトリコ(#1)GUBA(#1)diigo(#2)ABS-CBN(#1)IMAP(#2)EMS(#2)ミスコン(#1)クリスマス(#3)SNS(#7)利用規約(#1)ibuffer(#1)ノイノイ(#1)vi(#1)filipino(#1)tor(#2)米国産牛肉(#1)VirtualBox(#2)Globe(#1)アニメ(#1)ポルノ(#1)friendster(#3)esta(#1)覚書(#1)国籍問題(#1)無料(#2)貧困(#2)戦闘機(#1)中国語(#1)比陸軍(#1)トロピカーナ(#1)ドメイン(#1)キリングフィールド(#1)半島情勢(#1)dvd-drive(#1)インドネシア人(#1)歴史認識(#1)Transmission(#1)プラグイン(#1)ポータルサイト(#1)Bayantel(#1)メール(#1)TV(#3)入管法(#1)ミャンマー(#1)ネグロス(#2)ネットラジオ(#1)マクタン(#1)snapshots(#1)flixster(#1)二宮和也(#1)食文化(#1)真田広之(#1)steganography(#1)microsoft(#1)不具合(#1)Palawan(#1)ffmpeg(#1)オーストラリア(#1)マカロニサラダ(#1)書籍(#1)メモ(#1)尖閣(#1)xoom(#1)OFW(#4)VIVA(#1)ピグモン(#1)K1(#1)トランスフォーマー(#1)イメルダ(#1)ライン(#1)スカボロー礁(#1)wikipilipinas(#1)日比(#1)geek(#1)Hotbabe(#1)タガログ語(#2)Ringo(#1)カルト(#1)毎日新聞(#1)窃盗(#1)サムネイル(#2)MediaMonkey(#1)クリスアキノ(#1)フィリピン(#114)誕生日(#1)video(#1)4GB(#1)GMX(#1)Friendster(#3)法務省(#1)反日外国人(#1)売春防止法(#1)オンラインストレージ(#1)バナウエ(#1)京都迷宮案内(#1)比人妻(#1)twittering-mode.el(#1)反日(#1)TBS(#2)食(#1)守秘義務(#1)hdd(#1)divx(#1)おかま(#1)Field(#1)サンバレス(#1)facebook(#2)DivX(#2)laptop(#1)セブ(#1)w32codecs(#1)DVD(#2)スライドショー(#1)マイケル・ジャクソン(#1)領土問題(#1)フィリピン映画(#5)text(#1)Sisqo(#1)YouTube(#16)SMS(#1)ゴーヤ(#1)マリリン(#1)mozilla(#2)YahooMessenger(#2)中村獅童(#1)ナイナイサイズ(#1)入国管理局(#1)Santana(#1)東京都(#1)バコロッド(#1)日本文化批判(#1)Tor(#1)フィリピン航空(#1)Dolphin(#1)留学生(#1)7-zip(#1)mp3プレーヤ(#1)サポート(#1)辞書(#1)政治家(#2)anti-virus(#1)laing(#1)mplayer(#2)zumodrive(#1)email(#2)EPA(#1)ImageMagick(#1)サリサリ(#1)日教組(#1)うるるん滞在記(#1)メイリオフォント(#1)パッキャオ(#1)棚田(#2)刑罰(#1)Bayanihan(#1)WINE(#1)ファラ・フォーセット(#1)FON(#1)ピープルパワー(#1)男娼(#1)meadow(#2)Metacafe(#2)フランス人(#1)アニート(#1)Amazon(#3)アレック・ボールドウィン(#1)強制退去(#1)マニラ市街戦(#1)Gmail(#2)検索(#2)エルミタ(#4)KDE(#1)dropbox(#1)gmail(#1)ジェネラルサントス(#1)ハイジャック(#1)IM(#1)スマイル(#1)エビ(#1)深夜(#1)ソマリア(#1)フリー・ジャズ(#1)Tirador(#1)Feedback(#1)外国人看護師(#1)CLI(#2)FLAC(#2)バーガー(#1)ドアーズ(#1)WWII(#1)援交(#1)核攻撃(#1)WiFi(#1)渡比(#8)ドラマ(#1)emacs(#3)南北問題(#1)フィリピン料理(#2)ブログ(#4)デビッドハッセルホフ(#1)オーバーステイ(#1)
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
for RSS readers

Subscribe with livedoor Reader
はてなRSS
Add to Google

いろいろ
リンク
フィリピン関係ニュース
Loading...

Copyright ©Tsismoso. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。